Weekly Report: Week11

            3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。weekly-11のキーワードは「ブレイク選手」「マックス・シャーザー」「アンドリュー・ More »

Weekly Report : Week9,10

              2つのハイライトで2週間のメジャーリーグを辿る。weekly-9,10のキーワードは「ポール・ゴールドシュミット」「グレイ More »

2018 Draft TOP21~40 Prospects

              21.ナンダー・デ・セダス:SS 背が高く(185cm)、運動能力が高いショートとしてフランシスコ・リンドーア(現CLE) More »

2018 Draft TOP1~20 Prospects

              1.ケーシー・マイズ:RHP アラバマ出身で高校時代はドラフトで指名されなかった。しかしソフモアの年に大きく飛躍して一躍ト More »

Weekly Report : Week8

            3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-8のキーワードは「フレディー・ペラルタ」「アストロズ投手陣」「ロビンソン・カノ More »

 

Weekly Report: Week11

40918174454_95225b3f79_z

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。weekly-11のキーワードは「ブレイク選手」「マックス・シャーザー」「アンドリュー・ヒーニー」だ。

 

・ブレイク選手

年までは燻っていた二人の男が、今年は快進撃を続けている。昨年の12月にブレーブスはマット・ケンプをドジャースへ、ドジャースはエイドリアン・ゴンザレスを含む4選手をブレーブスへと放出する大型トレードが成立した。一見これは不良債権同士のトレードかと思われた。ケンプには2年で4300万ドルの契約が残っていた。彼は昨年.276/.318/.463と打撃ではまずまずの貢献を見せたが、守備面では難があり、トレード後にはDFAされるのではないかとまで言われていた。しかし、彼は大方の予想に反した活躍を見せる。古巣に復帰した彼はスプリングトレーニングでチームトップタイとなる5HRを放ち、開幕スタメンに抜擢される。その後も順調に打ち続け、6/11時点では.338/.368/.564と持ち前の打撃を存分に発揮し、ドジャース打線の中核を担っている。また、先日発表されたオールスターゲームの中間発表では外野手部門で3位につけており、選出されれば2012年以来の出場となる。今後も「バイソン」ことマット・ケンプから目が離せない。

 もう一人はシンシナティ・レッズの二塁手スクーター・ジェネットだ。2017年にウェイバーを経てブリュワーズから移籍した彼は、昨季1試合に4本塁打を打つなど活躍し.295/.342/.531という成績だった。今年はその勢いをさらに増し、ここまでで.339/.376/.551という成績を残している。ブリュワーズ時代と比べて特に変わったのはHRの増加である。移籍前はHR/FB(フライ中に占めるHRの割合)は8.5%だったのに対し、移籍後は19.4%と大きく増加しており、FB/GB(ゴロに対するフライの割合)も、移籍前76.2%→移籍後90.9%とフライの本数も増加している。これは彼が強い打球を打てるようになったことを示しているのかもしれない。しかし、運や相手の守備に影響されるといわれているBABIP(インプレーの打球がヒットになった割合)はキャリア通算が.334なのに対し、今シーズンはここまで.390であり、彼はここから調子を落とす可能性がある。もし今シーズン終了までこの調子を維持できれば、シルバースラッガー賞、果てはMVPまで見えてくる。今後の彼のさらなる活躍に期待したい。

Weekly Report : Week9,10

7179875216_a507646d7a_z

 

 

 

 

 

 

 

2つのハイライトで2週間のメジャーリーグを辿る。weekly-9,10のキーワードは「ポール・ゴールドシュミット」「グレイバー・トーレス」だ。

 

・ポール・ゴールドシュミット

リゾナ・ダイヤモンドバックスのスター選手であるゴールドシュミットは、今季の4月を.297/.396/.549で終えた。しかし5月に長いスランプに陥ることになる。6試合連続無安打で5月のスタートを切ると、その後3度の2試合連続無安打を記録。(4月は2試合連続無安打が1度)5月のスラッシュラインは.144/.252/.278となった。尚且つ、4月15日の本塁打を最後に、5月19日まで本塁打が途絶えることもあった。

その間のチームスタッツも大きく沈み込んでいる。4月のダイヤモンドバックスは、.232/.310/.428という成績でOPSは30球団中11位。(月間成績は18勝7敗)しかしながら、5月は.193/.264/.316でOPSは30球団中30位であった。(月間成績は8勝19敗)そのため、5月はゴールドシュミットもさることながら、チームメートも苦戦していたことが分かる。要因として、A.J.ポロックの離脱や、トレードで獲得したスティーブン・スーザ jrの不調及び故障等を挙げることが出来る。

そして6月である。ゴールドシュミットは先月の不振が嘘のように長打を量産し、6月11日現在、36打数41塁打で本塁打は5本放っている。スラッシュラインは、.500/.571/1.139である。余談であるが、6月5日に記録した1試合4安打は自身通算12度目であり、ルイス・ゴンザレスの持つダイヤモンドバックスの球団記録を更新した。また、6月は7勝2敗とチームも右肩上がりに調子を上げている。

現在、ダイヤモンドバックスは、コロラド・ロッキーズ、ロサンゼルス・ドジャース、そしてサンフランシスコ・ジャイアンツと地区優勝を争っており、首位の座は盤石なものとは言えない。2017年にはワイルドカードによるプレーオフ進出を果たしたが、その際はNLDSにてドジャースにスウィープされている。更に遡ると、最後の地区優勝は2011年であり、その間、ジャイアンツは2012年と2014年に2度のワールドシリーズ優勝を達成している。(ダイヤモンドバックスは2001年の1度のみ)何はともあれ、ゴールドシュミット等の故障によって最下位に沈んだ2014年を振り返れば、地区優勝をするためにゴールドシュミットの活躍は欠かせないと言える。

2018 Draft TOP21~40 Prospects

460704464_38e958e5e2_z

 

 

 

 

 

 

 

21.ナンダー・デ・セダス:SS

背が高く(185cm)、運動能力が高いショートとしてフランシスコ・リンドーア(現CLE)と比較される。滑らかな動きでショート守備をこなすが、平均以下のスピードもあって3Bに移るのではないかと見るスカウトもいて評価が分かれている。打撃やスピードも平均以上で、将来的に5ツールを兼備したショートになる可能性も十分にある逸材。

22.ブレイン・ナイト:RHP

昨年はTEXからの指名を断り大学に戻った選手。速球は最速97マイルで、普段は90マイル前半を計測する。身体は細く筋肉をさらに付ければ、速球の球速はさらに伸びるだろう。スライダーなのかカッターなのか見分けが付きにくいスライダーが変化球では最も優れている。チェンジアップは1年目まではスライダーより評価が高かったが、どちらも平均以上の球種。カーブの評価は低いが先発として十分やっていけるレパートリーを誇っている。細い体格故に頑丈さを懸念する声はある。

23.J.T.ジン:RHP

速球の球速は今年のドラフトでもトップクラスの高校生右腕。今春には99マイルを出したと伝えられていて、高校3年間で103イニングで182三振を奪った。カーブの評価も高く、チェンジアップを磨けばマイケル・コペック(現CWS)のようになってもおかしくない。打撃も一流だが、身体はまだ出来上がっていない。

24.マイク・シアニ:OF

センター守備に定評のある高校生。ベースランニングでも相手に脅威を与えられるスピードと肩の強さで、センターとしては今回のドラフトでも最高レベル。打撃面はバットコントロールが素晴らしくこれからの成長に期待される。出身地域が近いこともあって、マイク・トラウト(現LAA)と比較されることもある。