Weekly Report:Week-11

        3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-11のキーワードは「オールスター」「アーロン・ジャッジ」「ドジャース」だ。   ・オールスター More »

Weekly Report:Week-10

              3のハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-のキーワードは「日米通算2000本」 「エリック・ヤング・ジュニア More »

2017 Draft Review:アメリカン・リーグ中地区

                  *順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重 シカゴ・ホワイトソックス   11: More »

2017 Draft Review:ナショナル・リーグ東地区

                  *順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重   アトランタ・ブレーブス 5:カイル・ライト More »

2017MLBオールスター予想 FED部員が決める現在のMLBで熱い選手は誰なのか?

           現地時間7月11日に第88回「メジャーリーグ・オールスターゲーム」が開催される。年に1回の真夏の祭典の今回の舞台はアメリカ国内でも有数の華やかな都市マイアミで More »

 

2017 Draft Review:ナショナル・リーグ西地区

35148809296_5b97fa02f2_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重

 

  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス

7;パビン・スミス:バージニア大学:1B:187cm/95kg

ボールの見極めが非常に上手いハイフロアーなタレント。大学では2年連続で三振数よりも四球数の方が多かった。コンタクトスキルに長けており、ハイアベレージを残すこともできる。コンタクト重視なためか、大きい体格にも関わらずパワーは1Bとしては若干物足りない。レンジが広く、捕球も上手いため守備では高評価を得ている。スピードは平凡だが、全く動けないわけではなく、元投手で肩も強いためRF転向も考えられている。

44;ドリュー・エリス:ルイビル大学:3B:190cm/86kg

コンパクトなスイングでボールを捉えて長打にするパワーが魅力。三振が多いが、その分四球を多く選ぶこともできる。ブレーキングボールへの対応が拙い点は気になるところ。打席以外では大きな体を上手く扱いきれておらず、スピードは平均以下。守備も上手くないため3Bから1Bへの転向が既定路線だろう。

68:ダルトン・バショー:ウィンスコンシン大学ミルウォーキー校:C:175cm/90kg

 父親もメジャーで活躍した打撃型C。今年になってよく四球を選べるようになり、出塁率が上昇。小柄ながらも筋肉が詰まった体から生み出されるパワーも平均以上。スピードはそれほど速いわけではないが、隙を見て次の塁を盗むという場面が見受けられる。問題は守備。ブロッキングは問題なくこなせるが、肩が致命的に弱く、盗塁阻止面では他のCと比べて遅れを取っている。

Weekly Report : Week-13

31078068746_7495b0b777_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-13のキーワードは「ヤンキース」「カブスの復調」「ヨアン・モンカダ」だ。

 

ヤンキース

ーロン・ジャッジを中心に前半戦躍進を見せたヤンキースが積極的な補強を行っている。MLBではオールスターゲームが終了し、現地時間31日のトレードデッドラインを前に各球団が補強を始めている。そんな中ヤンキースは早速動きを見せた。ヤンキースは18日にシカゴ・ホワイトソックスからトッド・フレイジャー、デビッド・ロバートソン、そしてトミー・ケインリーをトレードで獲得した。ロバートソンは2008年から14年までヤンキースでプレイしており古巣復帰となる。対価はFEDのプロスペクトランキングでチーム内3位のブレイク・ラザフォード、同じく22位のイアン・クラーキンと23位のティト・ポロ。このトレードによりヤンキースは課題であった三塁手の獲得とリリーフの強化に成功した。獲得したフレイジャーは昨シーズン40本塁打を放った強打の三塁手だが、今シーズンは不調に苦しんでおり23日現在、打率は自己ワーストの.204となっている。しかし対左投手のOPSは.818とまずまずの成績であり、左投手に苦しむ同じく三塁手のチェイス・ヘッドリーとのプラトーン起用が予想される。ロバートソンとケインリーは共に右のリリーバー。今シーズンは両者共に好調で防御率は共に2点台、WHIPは1.00を下回っている。アロルディス・チャップマンとデリン・ベタンセスという二枚看板が不調に苦しむヤンキースにとってこの二人の獲得は大きなものとなるだろう。

ヤンキースは今回のトレードにとどまらず今後も補強を続けることが予想される。一部の報道ではマーリンズのジャンカルロ・スタントンの獲得も噂されており、2012年以来の地区優勝に向けてヤンキースが今後どのような動きを見せるのか目を離せない。

2017 Draft Review:アメリカン・リーグ西地区

33377120325_9f23a3df9a_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重

  • ヒューストン・アストロズ

15:J.B.ブカウスカス:ノースカロライナ大学:RHP:182cm/88kg

90マイル中盤の沈む速球とハードスライダーで三振の山を築く剛腕。当初はあまり評価されてないなかったチェンジアップも徐々に改善されてきており、試合でも普通に使えるボールになっている。デリバリーは力感が強く、時折崩すことがあり、コントロールを乱す場面が目立つ。また、先発として投げるには少し体格が小さいのではないかという声もある。リリーフに回ったとしてもクローザーレベルの投手にはなれるだろう。

53:ジョー・ペレス:マッカーシー高校:3B:190cm/210kg

投手として最速90マイル後半もマークすることもあったが、今年は肩を痛めた上にトミー・ジョン手術も行ったためドラフトでは3Bとして指名された。打者としても優秀でシンプルなスイングから強烈なパワーを生み出すことができる。プロではまず投手としてプレーするが、術後の傷が癒えれば投手としてもプレーする可能性はあるだろう。

56:マーティン・コービン:テキサスA&M大学:187cm/90kg

最速98マイルのよく動く速球が最大の武器。先発として投げる場合は90~95マイル程度に球速が落ちるがそれでもムービングの質は変わらない。大きく曲がるカーブ、スライダー、チェンジアップといったブレーキングボールもクオリティが高く空振りを奪うには苦労しない。問題はコントロール。デリバリーに力が入りすぎていることが原因なのかは分からないが壊滅的なコントロールであるため、先発として投げるには厳しく、リリーバーとして使えるかも怪しいところ。