2017 Top 20 Prospects:マイアミ・マーリンズ

              本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に More »

2017 Top 20 Prospects:アトランタ・ブレーブス

              本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に More »

2017 Top 20 Prospects:トロント・ブルージェイズ

              本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に More »

2017 Top 20 Prospects:タンパベイ・レイズ

              本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に More »

アストロズがジョシュ・レディックと契約

              現地時間11月17日、ヒューストン・アストロズがジョシュ・レディックと4年$52Mの契約を結んだとの情報が伝えられ、23日 More »

 

2017 Top 20 Prospects:マイアミ・マーリンズ

19421493640_eb2f1e6b91_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ルイス・カスティーヨ:RHP
最速100マイルを計測する速球が最大の武器。この速球にスライダー、チェンジアップを組み合わせる。プロ入り後3年間はリリーフだったが、昨シーズンから先発に転向。奪三振は減ったが、コントロールを意識したため四球が減った。今シーズン途中一度トレードでSDに放出されたが、コリン・レイ(SD)の故障の発覚で出戻りとなった。
 

2. ブラクストン・ギャレット:LHP
16年ドラフト全体7位指名。90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。カーブのクオリティは非常に高く、容易に空振りを奪うことができる。チェンジアップも悪くなく、右打者に対して有効なボール。球速はそれほどでもないが、デセプションに優れたデリバリーとブレーキングボールでカバーでき、今後身長に見合った体重がつけていけば球速も上がるだろう。

3. ブライアン・アンダーソン:3B
アプローチに優れたミドルヒッター。コンタクスキルに優れており、空振りが少ない。パワーは平均レベルでシーズン2桁本塁打をマークすることもできるだろう。プロ入り直後は2Bも守っていたが、肩が強いため3Bに転向。平均程度には守れる。

4. ストーン・ギャレット:OF
素晴らしいパワーポテンシャルを持つハイシーリングなタレント。昨シーズンは好成績を収めたが、今シーズンは何でも打ちに行くアプローチの粗さが仇となって自慢のパワーを発揮できなかった。スピードは平均以上だが肩が弱いため守備はLFが適任か。ジョシュ・ネイラー(SD)にナイフで手を切られてDL入りする不運もあった。

5. トーマス・ジョーンズ:OF
アメフトでもトッププレイヤーだったアスリート。20-80のスケールで70の評価を受けるスピードが最大の武器だが、盗塁を含めた走塁の技術については今後、より洗練されていく必要があるだろう。レンジの広さはCFを守るには十分。打撃では現時点では非力さが目立つが、バットスピードの速さは平均以上なので身長に見合った体重がつけばパワーも自ずとついてくるだろう。

6. イサエル・ソト:OF
平均以上のパワーツールが魅力のタレント。何でも手を出すアプローチを改善し、今シーズンは四球数が増えた。ただ、三振の多さは変わらなかった。左打者だが、左投手をそれほど苦にしていない点は評価できる。スピードと肩は平均レベルで、主にRFを守っている。

7. ハーリン・ガルシア:LHP
90マイル中盤の動く速球と3つのブレーキングボールのコンビネーション。コントロールがよく、マイナー通算のBB/9=2.2。変化球のクオリティが高くなく、空振りを奪えないため奪三振数が増えない。肩に負担のかかりそうなデリバリーは不安のタネ。将来はローテーション4/5番手か。

8. オースティン・ブライス:RHP
6-4/235たる体格から容易に90マイル中盤の速球を投げる。スライダー、カーブといったブレーキングボールのクオリティも悪くない。昨シーズンまではコントロールの悪さが目立っていたが、今シーズンは奪三振数が減った代わりに四球数も減少。登板数の半数以上がリリーフだったが、この傾向が続けば先発として投げることも可能だろう。 香港出身。

9. オースティン・ディーン:OF
パワーレスなところが欠点だったが、今シーズンは自身最多の11HRをマーク。その分、徐々に打率が下がっているのは気になる点。アプローチは可もなく不可もなくで高出塁率には期待できない。現在のパワーを保ったまま、打率を再び上げられるかがカギ。守備では肩が弱く、LF専門となっている。

10 タイロン・ゲレーロ:RHP
アンドリュー・キャッシュナー(現TEX)とのトレードで加入。長い手足を使ったデリバリーで容易に90マイル後半の速球を投げるリリーバー。速球の威力は抜群だが軌道がフラットになることが多い。この速球にスライダーを交える。SD時代はコントロールの悪さが目立っていたが、MIA移籍後はAAで12試合のみだがBB/9=1.9。この傾向が続けばクローザーを任される可能性もあるだろう。

11. コディ・ポティート:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、スライダーのコンビネーション。70マイル後半のカーブで緩急をつけて速球のスピードを見た目以上に速くしている。安定したデリバリーで、ストライクゾーンにボールを集めるコントロールを有している。アップサイドには欠ける分ソリッドさが光る。メジャーでも先発として投げることができるだろう。

12. ディロン・ピーターズ:LHP
5-9と小柄な体格で速球のスピードも90マイル前半程度。それでもプレートの内外に投げ分けるコマンドのよさと、70マイル後半のカーブと速球と同じアームスピードで投げるチェンジアップで緩急をつけて勝負する。

13. タイラー・コレック:RHP
14年全体2位指名ながらも、この3年間全くいいところがない。6-5/260たる体格から投げる最速100マイルを計測する威力ある速球が武器だが、コントロールの悪さと変化球のクオリティの低さが足を引っ張り過去2年間の成績は散々。自慢の速球も回が進むごとにスピードが急激に落ち80マイル後半しか出ないということもしばしば。今シーズントミー・ジョン手術を受け全休。素材のよさだけは誰もが認めるところなので回復後のピッチングに期待がかかる。

14. ジョーダン・ホロウェイ:RHP
投げているボールだけならクリス・パダック(SD)よりも上と言われるハイシーリングなタレント。速球は常時90マイル前半だが、プロ入り後徐々にスピードが上がっており、今後も伸び打づける可能性がある。タイミングを外すカーブは落差が大きくアウトピッチとして有効。デリバリーに力が入りすぎてコントロールを乱す点と、チェンジアップの精度改善が今後のカギ。

15. ジャレット・リンドフライシュ:C
16年ドラフト9巡目指名。がっしりとした体格で、平均以上のパワーポテンシャルを秘めている。大学では毎年.300以上の打率を残すなどヒッティングスキルも高い。アプローチもよく高出塁率も期待できる。大きくバットを後ろに引くスイングのため、今後速球に差し込まれる場面が増えそうなところが懸念材料。Cをしっかりとこなせるほどの守備力があり、肩も強い。

16. ジョン・ノーウッド:OF
14年カレッジワールドシリーズMVP。ドラフト外での入団となったが、昨シーズンは16HRを放ち存在感を示すと、今シーズンはOPS.744をマーク。打撃ではヒッティングスキルに定評があり、アプローチもまずまず。パワーレスさが心配されていたが全く長打が打てないわけでない。スピードは平均以上だが盗塁は上手くなく、今シーズンの成功率は53.8%。肩が強く主にRFを守る。

17. サム・ペレス:RHP
16年ドラフト5巡目指名。 先発もリリーフもしっかりとこなすハイフロアーなタレント。大学では全てリリーフとしての登板だったが、回跨ぎをすることも多くスタミナはある。速球は常時90マイル前半だが、よく沈み、低めに集めるコマンドもあるため球速以上に打ちづらいボール。カーブ、チェンジアップといった変化球は平均レベルのクオリティだが、打者の目線を変えるには十分。

18. トーマス・テリス:C
高いヒッティングスキルを持っておりマイナーでも常に高打率を残しているが、パワーレスな点と守備がそれほど上手くない点がネック。既にメジャーデビューから3年経っているが、定着はできていない。 1Bも守るがそうなると余計にパワーレスさが目立ってしまう。将来像はバックアップC。

19. ジェイク・エシュ:RHP
クリーンなデリバリーから投げられる、90マイル中盤の速球とカーブ、チェンジアップ、スライダーのコンビネーション。 どの球種もこれといって突出したものはないが、ストライクゾーンに集めて余計なランナーを出さないようにするピッチングができる。速球の軌道がフラットになりがちで、細かいコマンドがないためメジャーでは被本塁打が増える可能性もあるだろう。

20. ドリュー・ステッケンライダー:RHP
最速98マイルの速球と80マイル中盤のキレのいいスライダーで三振を大量に奪うリリーフプロスペクト。トミー・ジョン手術を受けた後、復帰に時間がかかったが実質2シーズンでAAAにまで昇格を果たした。コントロールはアバウトだが、リリーフとしてなら許容範囲だろう。来シーズンからメジャーで投げることになる見込み。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/vAdeqC

2017 Top 20 Prospects:アトランタ・ブレーブス

17363177021_c04969e40f_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ダンズビー・スワンソン:SS
全てにおいて平均かそれ以上のツールを持つ15年ドラフト全体1位指名選手。今シーズンはドラフトで指名されてから、わずか1年2ヶ月でメジャー昇格を果たした。昇格後もコンスタントにヒットを放ち、すぐにメジャーに適応。不安視されていたパワーも平均レベルはあると見ていい。守備、走塁も一流で近い将来オールスターの常連になるだろう。

2. コルビー・アラード:LHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。縦に割れるカーブはキレがよく変化量も多いため空振りを奪うには最適なボール。チェンジアップも徐々に改善されてきており、右打者対策に苦労することは少ないだろう。クリーンで無駄のないデリバリーのためコントロールを乱すことも滅多になく、19歳にして完成度は非常に高い。

3. ショーン・ニューカム:LHP
力感のないデリバリーから90マイル後半の速球を投げるハイシーリングなタレント。この速球にスピンの利いたカーブを組み合わせ三振を奪う。チェンジアップも平均レベル。コントロールが非常に悪く、マイナー通算のBB/9=4.7。右打者の内角をつけないという欠点も抱えている。先発としてならジョン・レスター(CHC)のような、リリーフとしてならアンドリュー・ミラー(CLE)のような投手になれるだろう。

4. オースティン・ライリー:3B
素晴らしい成績を残したプロ1年目の昨シーズンに引き続き、今シーズンも好成績を残した。上のレベルでも通用するように、上体が回りすぎるスイングのメカニクスを矯正し逆方向にもヒットを打てるように改善した。それでもHRが出にくいAの球場で20HRをマークしたのは立派。高校時代に投手としてもプレーしていたため肩は非常に強いが、3B守備では今シーズン30エラーをマーク。それでもコーチはレギュラー3Bとして守れるようになると話している。

5. オジー・アルビース:SS/2B
若干19歳にして抜群のヒッティングスキルを持つ。今シーズンまでマイナーで1シーズンの打率が.300を下回ったことがなく、今シーズンもAAAで不調に陥らなければ打率.300以上をマークしていただろう。何でも打ちに行くというわけではなく、しっかりと見極めができている点も評価に値する。スイングのタメが少なく、パワーが発揮できないところが玉に瑕。スピードも平均以上で、守備もSS、2Bどちらでも素晴らしい動きを見せている。

6. マイク・ソローカ:RHP
90マイル前半の沈む速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。鋭く曲がるカーブは打者が手を出せないほどのボール。チェンジアップもコマンドよく投げることができる。コンスタントにストライクゾーンに投げこめるコントロールを有している。19歳ながらも既に食事の管理やコンディションの調整などに熱心でプロ意識が高い。 

7. ケビン・マイタン:3B
今年の7月にインターナショナルFAで加入。柔軟なスイングはヒットを量産することが可能で、パワーも申し分なく、同郷のミゲル・カブレラ(DET)と比較する声もある。守備では肩の強さは問題ないが、大柄な体格のためSSに残れないと見るスカウトもいる。劇的に太らない限り、身体能力が高いためSSに残ることも不可能ではないだろう。16歳にして周りの人間を惹きつけるカリスマ性を持っている。

8. トラビス・デメリ:2B
ルーカス・ハレル(現FA)のトレードで加入。6/180と細身ながらも、平均以上のバットスピードで長打を量産するスラッガー。スイングが大きいからか三振が非常に多い。今シーズンは28HRをマークしたが、そのほとんどが打者有利なリーグで打ったもののため、もう1シーズンしっかりと成績を残さないと信頼することはできない。昨シーズンは禁止薬物の使用で80試合の出場停止処分を科されていた。

9. ジョーイ・ウェンツ:LHP
16年ドラフト全体40位。6-5/210たる体格のハイシーリングなタレント。冬の間に体作りに励み、80マイル後半から90マイル中盤にまで球速を上げた。今後も球速が上がる可能性は大いにある。カーブ、チェンジアップといった変化球も平均以上のクオリティ。元々それほどコントロールは悪くないが、プロ入り後は四球を連発したため、今後も注意して見ていく必要があるだろう。打者としての能力も高く、パワーツールは野手顔負けのものがある。

10. アレックス・ジャクソン:OF
ロブ・ウェイラン、マックス・ポーブス(共に現SEA)のトレードで加入。14年ドラフト全体6位指名だったが、故障に苦しみなかなか本来の力を発揮できずにいる。強烈なバットスピードを誇るスイングで長打を量産するスラッガー。打率の低さを改善するため左足を上げる動作を抑え目にしたことが功を奏し始めている。元々Cだったため肩は強いが、スピードはなく、守備もレンジが限られているため平均以下。 

11. パトリック・ワイゲル:RHP
最速99マイルの速球が最大の武器。大学時代は不安定なコントロールが目立っていたが、プロ入り後はリリースを安定させることで大幅に改善された。大きく鋭く曲がるスライダーと、タイミングを外すのに有効なカーブで空振りを奪う。チェンジアップも投げるが、こちらは試合で使うには少し厳しいレベル。今シーズン改善されたコントロールが今後も安定し続ければさらに評価をあげるだろう。

12. カイル・マラー:LHP
16年ドラフト2巡目指名。ウェンツ以上の体格を持つハイシーリングなタレント。真上から投げ下ろすようなデリバリーから90マイル前半の速球を投げる。カーブ、チェンジアップといった変化球は発展途上。ストライクゾーンに集めることができるコントロールは有している。ウェンツと同じく打者としても優秀で、素晴らしいパワーツールの持ち主である。

13. リオ・ルイス:3B
無駄のないスムーズなスイングでヒットを量産する。好不調の波が激しいという欠点があるが、今シーズンは絶不調の時期を5月の1ヶ月だけに抑え昨シーズンのような失態を犯すことはなかった。懸念されていたパワーも2桁HRをマークできるほどにはついてきており、致命的な弱点ではなくなった。3B守備でも年々エラーを減らしており平均程度には守れる。来シーズンはアドニス・ガルシアと3Bのレギュラー争いをすることになるだろう。

14. イアン・アンダーソン:RHP
16年ドラフト全体3位指名。90マイル中盤の沈む速球にカーブとチェンジアップを組み合わせて緩急をつけるピッチングスタイル。真っすぐホームに向かって投げ下ろすデリバリーは、コントロールを乱すことがない要因となっている。アップサイドは大きいが、ウェンツ、マラーに比べると若干劣るか。

15. ロナルド・アクニャ:OF
18歳ながらも成熟したアプローチとコンタクトスキルを兼ね備えるベネズエラン。パワーツールの伸びしろが今後アクニャのバリューを左右することになるだろう。スピードは平均以上で、CF守備も問題なくこなすことができる。 

16. マックス・フライド:LHP
トミー・ジョン手術から復帰した今シーズンはまずまずのピッチングを見せた。速球は常時90マイル前半だが、必要に応じてより速くなげることもできる。大きく曲がり落ちるカーブも打者のタイミングを外すのに有効なボール。チェンジアップも投げるがこちらは発展途上。デリバリーを崩すことがあり、コントロールを乱すことが多い。今シーズン22歳でAと手術があったとはいえ出遅れている感は否めず、スピード昇格が待たれる。

17. トゥキ・トゥサント:RHP
投げるボールは素晴らしいがそれをコントロールできずに3年が経っている。90マイル中盤の威力のある速球と縦に割れるカーブはATLのマイナーの投手の中でもトップクラス。6月以降は絶好調だったが、コントロールの悪さは変わっておらず、改善されなければブルペン転向も有り得るだろう。メカニクスを安定させることができれば少しは改善されるだろう。

18. ルーカス・シムズ:RHP
昨シーズンから異常に多く四球を出すようになり、今シーズンもBB/9=5.9をマークしてしまった。 1塁側に流れるメカニクスを改善したことでカーブは以前よりもクオリティは上がったが肝心のコントロールは直らなかった。せめて14年並のコントロールさえあれば、97マイルの速球とカーブのコンビネーションで打者を圧倒できる。ほとんど故障をしない頑丈さはプロ入り後全く変わっていない。

19. ダスティン・ピーターソン:OF
不甲斐ない成績だった過去2年から今シーズンは盛り返すことに成功した。打撃では打率を上げることに成功。激減していた二塁打を倍増させた。特別優れたパワーの持ち主ではないが、2桁HRをマークすることはできる。元々3Bだったが、あまりにもエラーを連発するためLFに移された。兄はD.J.ピーターソン(SEA)。

20. クリスチャン・パチェ:OF
17歳で大卒選手に交じってプレーし、好成績を収めたドミニカ人。同年代の選手よりもヒッティングスキルに優れており、コンスタントにヒットを打てる。パワーツールはまだ平均以下だが、それでも7三塁打をマークしており今後の伸びしろに期待できる。スピードと肩も平均以上で、広いレンジをカバーできるためCFを守るには十分なツールを持っている。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/ssjPB4

2017 Top 20 Prospects:トロント・ブルージェイズ

26308735762_58af00c30b_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ショーン・リードフォーリー:RHP
今シーズン、課題だったコントロールが改善されポテンシャルの高さに見合った成績を残すことができた。コントロールが良くなった理由としてコーナーを狙いすぎてデリバリーを崩すことがなくなった点を挙げている。90マイル中盤の速球とスライダー、カーブ、チェンジアップのコンビネーションで大量の三振を奪うことができ、マイナー3年間のK/9=10.8。兄もTOR傘下のマイナーリーガー。犬好き。

2. ラウディ・テレズ:1B
6-4/220たる体格から生み出されるパワーで今シーズン23HRをマーク。パワーだけではなく、逆方向を意識してヒットを打てるスキルも兼ね備えている。プロ1年目こそ結果が残せなかったが、経験を経て、クラスが上がるごとに対応してきている。三振数を増やさず、四球数を増やしているのがその証拠になるだろう。スピードは皆無で守備も上手くない。 

3. T.J.ゾイク:RHP
16年ドラフト全体21位。6-7/ 225たる体格から投げる90マイル中盤の沈む速球とスライダー、カーブ、チェンジアップでゴロを打たせるグラウンドボーラー。ゴロを打たせるだけではなく、奪三振能力も高い。細かいコマンドはないが、ストライクゾーンに集めるだけのコントロールは有している。既に長い回をしっかりと投げることができており、現時点での完成度は高い。

4. ジョン・ハリス:RHP
散々な成績だったプロ1年目の昨シーズンから、建て直しに成功した15年ドラフト1巡目指名投手。昨シーズンまでのスリークォーターのデリバリーを改造し、上から投げ下ろすようになったことでコントロールが劇的に改善された。90マイルの沈む速球とスライダー、カーブ、チェンジアップのコンビネーションでゴロに打ち取る。アドバイスを活かさず、ダメになった選手を見てきたことで色んな人の意見を聞くようにしているため、今後壁にぶつかっても上手く対処できるだろう。

5. ブラディミール・ゲレーロjr:3B
今年殿堂入り投票の対象となるブラディミール・ゲレーロの息子。父親と似たスイングで長打を量産するスラッガー。今シーズン、3歳以上年上の投手と多く対戦し8HRは立派。父親と違いある程度ボールの見極めもできている。守備では現在3Bを守っているが、体格を考えると1B転向が濃厚だろう。

6. リカルド・ウレーニャ:SS
全てのツールをバランスよく持っている。スイッチヒッターだが、右打席の方がスイングが大きくなりがちで改善の余地がある。昨シーズンからHR数が半減したが打率は上がった。打率上昇は昨シーズンよりボールの見極めがよくなったからだが、それでもまだ三振数の割りには四球が少ない。守備ではエラーが多いがSSには留まれるとの見込みが強い。

7. ボー・ビシェッテ:3B
元メジャーリーガーのダンテ・ビシェッテの息子。バットを大きく後ろに引くスイングが特徴的で、タメが大きいためボールにパワーを伝えることができている。しかし、クラスが上がり、球速も速くなるにつれて速球に差し込まれる場面が増えるのではないかという見方もある。守備ではSSを守るには体重をつけすぎており、スピード、アームともに平均以下のため将来は2Bに移るだろう。 

8. エンジェル・ペルドモ:LHP
デセプションに優れたデリバリーから投げる90マイル前半の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。課題だったコントロールも速球のコマンドが改善することで年々よくなっている。徐々に体重を増やしており、今後も球速が上がる可能性がある。

9. アンソニー・アルフォード:OF
身体能力の高さが光るアスリート。つい最近まで本格的にアメフトをやっていたという、スピードは本物で今シーズンも18盗塁をマークした。膝の故障と6月にチームメイトと衝突し脳震盪を起こした影響か、打撃は低調で打率は.240を下回った。四球を多く選ぶが、それ以上に三振数の多さが目立つ。大学時代に銃を乱射したことがあるメンタルは不安要素。

10. ハロルド・ラミレス:OF
ドリュー・ハチソン(PIT)のトレードで加入。バットスピードは平凡だが、スムーズで無駄のないスイングで広角に打球を飛ばすことができる。体重を増やして今シーズンに臨んだが、長打は増えず、スピードが落ちてしまった。スピードが落ちたことでCFを守るのも厳しくなり、LF専門になる見込みが強くバリューは大幅に落ちるだろう。コロンビア出身。

11. フランシスコ・リオス:RHP
速球のスピードは90マイル前半が最速だが、デセプションに優れたデリバリーのおかげで空振りを奪うことができる。スライダー、チェンジアップ、カーブの変化球はまだまだ発展途上。現時点ではスライダーが一番使えるボール。ストライクゾーンを果敢に攻めていくピッチングスタイルのため、四球を出さず、球数も少ないので長い回を投げることができる。

12. ジャスティン・ミーズ:RHP
球速以上に威力のあるシンカーが武器。90マイル前半程度のシンカーでゴロを打たせて取るグラウンドボーラー。ブレーキングボールのクオリティがそれほど高くないため三振を奪うことができていないが、スライダー、チェンジアップは向上の一途を辿っている。20歳ながら素晴らしいコントロールの持ち主で今シーズンのBB/9=1.6。

13. ライアン・ボルキー:LHP
今シーズンは速球のコマンドに磨きをかけ、アウトピッチのチェンジアップをより活かすことができAでは素晴らしい成績を残した。しかし、A+では打ち込まれ、スライダーの精度改善が必要となってくるだろう。

14. マックス・ペンテコスト:C
昨シーズン故障でシーズンアウトとなっていたが、今シーズン復帰し1巡目指名選手として最低限の成績を残した。Cとしては平均以上の打力を持っており、将来は15HRをマークすることも不可能ではない。肩の故障で投げることが満足にできなかったため、今シーズンはほとんどがDHとしての出場だったが、リハビリを経るにつれて徐々に元の状態に戻りつつあるとのこと。

15. エミリオ・ゲレーロ:3B
あるスカウト曰く見ていて最もイライラするプロスペクト。持っている能力と実際のプレーの差が激しいのがその原因だったが、今シーズンは実際の成績でもいい数字を残すことができた。平均以上と言われていたパワーポテンシャルがようやく試合でも発揮されるようになり、13HRをマーク。守備ではかつてのようにSSを守ることはないが、3B/OFならこなすことができるだろう。 

16. リース・マグワイア:C
ドリュー・ハッチソン(PIT)のトレードで加入。21歳にして捕手に必要なものをほとんど兼ね備えているような選手で、手首の柔らかさや、肩の強さ、リーダーシップは既に高い評価を受けている。問題なのは打撃で、1年目のR以外ではOPSは常に.700を下回っている。守備だけでもメジャーに昇格できるが、レギュラーとして活躍するには厳しいかもしれない。

17. ライアン・マクブルーム:1B
6-3/230たる体格から生み出されるパワーが魅力。今シーズンも23HRを放った。ポップフライを打ち上げることが多い点と今シーズンになって三振が増え、四球が減った点は懸念材料。打撃以外は平均以下。今シーズン23歳でA+とそれほど若くなく、他の選手に比べて残されている時間は多くない。左投げ右打ち。 

18. コナー・グリーン:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。本来はまっすぐにホームプレートへと体を向けるデリバリーでストライクゾーンにボールを集めるピッチングが持ち味だが、今シーズンは四球を与える回数が増えてしまった。それでも本人はそれほど気にしておらず、今シーズンの反省を今後に生かすと前向き。

19. J.B.ウッドマン:OF
16年ドラフト全体57位指名。全てのツールで平均か平均以上のものを持っている。高校時代アメフトでクォーターバックを務めていたということもあり、肩とスピードは特に優秀。ただ、体重をつけ始めたことでスピードは若干落ちているとの声もある。打撃では変化球にも対応する器用さもあり、プロ1年目は上々の成績を収めた。三振の多さは要改善。

20. ブラッドリー・ジョーンズ:1B
16年ドラフト18位指名。今シーズンはRのみでのプレーだったが、61試合で16HRを放ったパワーには目を見張るものがる。6-1/200たる巨漢だがスピードは平均以上で16盗塁をマーク。大学時代は主に3Bを守っていたが、ゲレーロjrにポジションを譲る形でプロ入り後は主に1Bを守っている。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/G5P9ys