Farewell-去りゆく戦士たち:アルフォンソ・ソリアーノ

9733795527_d7da798caa_z

 

 

 

 

 

 

 

このコラムは今年引退した選手たちのキャリアを振り返っていくコラムである。第10回はドミニカが生んだ名選手アルフォンソ・ソリアーノを紹介しよう。

<生い立ち~プロデビュー>

アルフォンソ・ソリアーノは1976年1月7日ドミニカのサンペドロ・デ・マコリスで生まれる。6歳の頃、彼の夢は遊撃手としてビッグリーグでプレイすることであった。しかし、16歳になった彼に興味を持つ球団はなく、唯一興味を持った広島東洋カープがドミニカに設立したカープアカデミーに参加する。そこでの実績が認められ、1996年に来日。1997年には早速1軍入りを果たすが、1軍では9試合で17打数2安打――後にこの2安打はソリアーノの名球会入りに関しての物議をかもすこととなるが――に終わってしまう。これを受けた広島はソリアーノに対して4万5000ドルの契約金を提示するが、ソリアーノはそれを拒否し帰国していった。この一連の騒動に対してソリアーノは後に「プロでプレイする機会をくれたので恨みはない。」と振り返っている。

帰国した彼だが、その才能に目を付けたニューヨーク・ヤンキースと契約を交わす。当初はサードを守るが直ちにセカンドにコンバート。1999年は、2Aで打率.305、15本塁打、24盗塁を記録し、その年のフューチャーズ・ゲームに出場、類い稀なる才能でMVPに輝くなど大活躍。続く2000年はほとんどを3Aで過ごし打率.290、12本塁打、66打点を残し、着実にエリートの階段を登っていった。

1 2 3 4

コメントを残す