2015 Team Preview:アトランタ・ブレーブス

9528733812_3a3a36d09d_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  •  本拠地:ターナー・フィールド

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml28/

 

 広さ
レフト   102.1m
センター 121.9m
 ライト  100.6m
 フェンス高さ  2.4m
パークファクター*平均100
安打 97.0
ツーベース 82.6
スリーベース 63.0
HR 112.2
得点 94.0
  • 予想オーダー

1. ニック・マーケイキス:RF
オリオールズの看板選手だったが、4年$44Mでブレーブス入り。昨年は打率.276/.342/.386、14本塁打とまずまずの活躍だったが2年連続で出塁率が.350を下回った。故障に強くキャリア9年中155試合以上出場したシーズンが7度。

2. エリック・ヤング:CF
2013年には46盗塁を決め盗塁王にも輝いた韋駄天。昨年は.229/.299/.311、1本塁打と打撃不振に苦しんだ。 一方で外野守備では自己最高のDRS+5、UZR+8.8を記録した。ちなみに同名の父も俊足が武器のメジャーリーガーで通算465盗塁。

3. フレディ・フリーマン:1B
選球眼とパワーを合わせ持つブレーブスの顔。本塁打は23本から18本に減少したが、リーグ2位の43本の2塁打を打った。代名詞のスクープキャッチの秘訣は「たくさんストレッチをすること」。

4. ジョニー・ゴームス:LF
昨年は打率.234、本塁打6、37打点とメジャー定着後最悪の成績。左殺しのスペシャリストとして知られ、OPSは対右.510/対左.743。パワーと選球眼がウリで、四球率は2011年から4年連続で10%以上と高い水準をキープしている。 

5. クリス・ジョンソン:3B
首位打者を争い打率.321をマークした2013年から一転、昨年は打率.263、10本塁打とやや物足りない成績。四球率3.8%はキャリアワースト。フロリダ生まれのフロリダ育ちで、フロリダ州立大のスポーツの大ファンである。

6. アンドレルトン・シモンズ :SS
言わずとしれた守備の名手。投手として98マイルを叩き出すキャノンアームを武器にDRS+28をマークし2年連続でゴールドグラブを獲得。手首の故障の影響か本塁打が17本から7本に激減。元々投手としてドラフトされたのは有名な話。

7. アルベルト・カヤスポ:2B
地味ながらコンタクト能力に長けており、 キャリア8年での三振率は9.0%と優秀。昨年は自身ワーストとなる打率.223と落ち込んだが新天地で復活を誓う。今季は2塁のレギュラーを争うがここ2年でDRS-11と相性が悪い。

8. クリスチャン・ベタンコート:C
パナマ出身の強肩捕手。一方でバッティングには難があり、極端なフリースインガーのためマイナーでもシーズンで20個以上四球を選んだことがない。12歳の時にはパナマ代表としてリトルリーグのワールドシリーズを経験。

9 投

1 2

コメントを残す