アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2015 Team Preview:ワシントン・ナショナルズ

14430556439_cc6b600064_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  • 本拠地:ナショナルズ・パーク

他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml30/

 

広さ
レフト 102.4m
センター 122.5m
ライト 102.1m
フェンス高さ  3.6~4.2m
パークファクター *平均100 
安打  107.5
ツーベース 113
スリーベース 37.5
HR 70.1
得点 106.8

 

  • 予想オーダー

1.デナード・スパン:CF
 昨年は147試合に出場して.302/.355/.416、5本塁打、94得点、リーグ最多の184安打に、自己最高となる31盗塁と打線を牽引。三振率9.7%も自己ベストで特に後半戦は打率.346と打ちまくった。真面目なクリスチャンとして有名で、練習態度などはハーパーら若手選手の模範となっている。

2.アンソニー・レンドン:3B
昨年は153試合に出場し.287/.351/.473、21本塁打、17盗塁、83打点、リーグトップの111得点、3塁手トップのfWAR6.6を叩き出す大活躍でシルバースラッガーも受賞しメジャーを代表する選手に成長。 オフに肉体改造を行い、18ポンドの増量と体脂肪率を8.5%に絞った効果が出た。

3.ブライス・ハーパー:RF
プレーオフでは4試合で3ホーマーを叩きこみ覚醒の片鱗を見せた怪童。プレーオフでの通算本塁打4本は、22歳以下の選手では、ミッキー・マントル、アンドリュー・ジョーンズ、ミゲル・カブレラと並ぶ歴代最多タイ。ハッスルプレーが真骨頂だが、今年からは故障のリスクも考え自重するつもり。 今年1月に結婚式を挙げる予定だったが、挙式直前に婚約者と破局した。

4.ライアン・ジマーマン:1B
人望厚いチームリーダーだが、度重なる故障で2度のDL入り。メジャー定着後最低の61試合の出場にとどまり、8年続いた2桁本塁打もストップ。今年からは1塁にコンバートして心機一転、再起を図る。趣味はサーフィン。 

5.イアン・デズモンド:SS
 リーグを代表するショートに成長。昨年は24本塁打、91打点、24盗塁の活躍で3年連続でシルバースラッガーを受賞。一方で攻守共に粗さが出てメジャー4位の183三振に、ショートとしてメジャー最多の24失策。5月30日の試合で逆転スリーランホームランを打った際にはどん底に沈むチーム状況の鬱憤を晴らすかのように、強烈なハイファイブを交わした。ジョシュ・レネキー(MIL)とは義理の兄弟。

6.ウィルソン・ラモス:C
毎年何かと不運な故障が多いが、昨年は開幕戦でディロン・ジー(NYM)のインコースのストレートに詰まらされ手首を骨折、メジャー5年目にして初めてOPSが7割を下回った。一方守備では自身最高となる盗塁阻止率38%をマーク。リードやブロッキングでも評価を上げている。 

7.ユネル・エスコバー:2B
トレードで加入。堅実な守備がウリの内野手。昨年は脚力の衰えから守備範囲が急激に狭まりDRSは+4から-24に急降下。一方でfangraphsの算出によるとルーティンプレーの処理は2011年からメジャー1位の数値を残しており、2塁へのコンバートで送球ミスの多さと守備範囲の衰えはある程度カバーできるだろう。何かと問題行動が多いのがネック。

8.マイケル・テイラー:LF
オフに右肩手術をしたジェーソン・ワースが開幕に間に合うかは微妙で、代役としてレギュラーに起用される可能性がある。昨年は2A-3Aで打率.304、本塁打23、盗塁37とブレーク。アダム・ジョーンズと比較されるファイブツール型で特に外野守備はゴールドグラブ級。マット・ウィリアムズ監督曰く「彼の外野守備は20-80スケールで評価するなら間違いなく”80”だね」とのこと。ザック・グレインキー(LAD)は高校の先輩。 

9.投

1 2

コメントを残す