アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2015 Team Preview:ボストン・レッドソックス

16783990375_9d108fd682_z

 

 

 

 

 

 

 

 *40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  •  本拠地:フェンウェイパーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml15/

 

広さ
レフト 94.5m
センター 118.9m
ライト 92m
フェンス高さ 0.9~11.3m
パークファクター*平均100
安打 107.3
ツーベース 152.3
スリーベース 85.7
HR 72.0
得点 107.2

 

  • 予想オーダー
1.ムーキー・ベッツ:CF
元々は二塁手であったが、同ポジションにペドロイアがいるため外野に転向。メジャーでの実績はほぼ皆無だが、マイナーでは高打率、高出塁率に加え、高い成功率で盗塁も決めておりリードオフとして期待できる。ただ、成績を残せないようなら同じポジションのルスネイ・カスティーヨ(OF)に取って代わられることになるだろう。
 
2 ダスティン・ペドロイア:2B
昨シーズンは故障をかばいながら試合に出続けたこともあり打撃は振るわなかったが、守備は例年並みの巧守を披露しDRS+17をマーク。ゴールドグラブ賞を受賞。まだまだ老け込む年齢ではないため、少なくとも今年に関していえば.280/.350/.400程度のスラッシュラインはクリアしてくれるだろう。
 
3.デービッド・オーティス:DH
年齢は39歳と高齢だが、その打棒は未だ衰えず今シーズンもクリーンナップを打つことが濃厚だ。ただ、ほぼDHとは言え年齢的にいつ衰えが来てもおかしくはなく、それが今シーズンであった場合打線に与える影響はかなり深刻なものになるだろう。昨年はチームの二冠王であった。
 
ロサンゼルス・ドジャースから移籍、元々はショートストップだが今季は外野手として起用される。外野としての守備力は未知数だが、打撃に関しては、打者不利の本拠地でありながら.283/.369/.817と好成績を残しているため、昨年以上の成績を残す可能性もある。しっかりとクリーンナップの一角を担ってくれるだろう。
 
今オフにサンフランシスコ・ジャイアンツから移籍。打撃はここ3シーズン下降の一途をたどっておりOPSは.789→.758→.739である。守備に関しても昨季こそDRS+4を記録したが、過去2シーズンはともに-5と心もとない。1年目から不良債権となるようなことになってもおかしくはないだろう。
 
6.マイク・ナポリ:1B
2013年ワールドシリーズ制覇の立役者。しかし、昨シーズンは不調で、BABIPが.321と高い数値を示していたにもかかわらずOPSは.800を切ってしまった。とは言えもともと力のある打者であるため、シーズン序盤ないしは開幕戦に、予想に反してクリーンナップに座っている可能性も高い。
 
7.シェーン・ビクトリーノ:RF
故障からの復帰となる今シーズンは試練の年になるだろう。外野の控えに先述のカスティーヨ、アレン・クレイグ、ジャッキー・ブラッドリーJrと、控え層が厚いことから、彼のレギュラーが確約されているとは言い難いからだ。ワールドシリーズ制覇に貢献した時のようなマルチな活躍ができるかが、レギュラー保持の要となる。
 
22歳ながら今年が3シーズン目となる。潜在能力の高さは評価されているが、攻守ともに生かし切れておらず、打撃においては6.6%四球率が示すようにボールの見極めに課題を残している。今シーズンは打撃か守備どちらかでステップアップできるかが今後の明暗を分けるだろう。
 
シーズン終了時にマスクをかぶっているのはブレイク・スワイハート(C)かもしれないが、開幕のマスクは彼のものではないだろうか。球団には他にライアン・ハニガン(C)がいるが、打撃は彼の方が上。また、24歳と若さで他球団からのマークが緩いため、良い成績を残すことも十分にあり得る。

 

1 2

コメントを残す