アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2015 Team Preview:ニューヨーク・ヤンキース

14128565603_b8a537635c_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  •  本拠地:ヤンキー・スタジアム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml05/

 

広さ
レフト 96.9m
センター 124.4m
ライト 95.7m
フェンス高さ 2.57m
パークファクター*平均100
安打 100.5
ツーベース 87.7
スリーベース 52.8
HR 146.8
得点 94.5

 

  • 予想オーダー

1. ジャコビー・エルズベリー:CF
昨年は左打者優位のヤンキーススタジアムに移った影響か16本塁打を放ち、脚でも39盗塁をして見せるなど活躍したが出塁率は.328と低くリードオフとしては今一つだった。とはいえ、今シーズンも故障と無縁に過ごすことができれば好成績を残せる余地はあるだろう。

2. ブレット・ガードナー:LF
昨シーズンは、本塁打が前年の8本から17本に倍増し打率、出塁率が約2分ずつ下がるなどアプローチに変化。一方で盗塁数、四球率、三振率は前年とほとんど変わらず打率の低下もBABIPが下がったためであり単純にパワーが付いたと言える。昨年の成績を考慮すると、1番起用より2番の方が打棒を生かせるように思える。

3. カルロス・ベルトラン:RF
37歳という高齢に伴い成績はメジャー定着後最低の数値となった。盗塁数の減少や守備指標の悪化からわかるように、かつてのようなアグレッシブさは失われつつあり、DHでの起用も増えるようになるだろう。元々頑健なタイプではなく故障の不安も拭い去れない。

4.マーク・テシェイラ:1B
昨今の極端なシフトの影響もろに受けている選手の一人。そのため、BABIPの向上は見込めずシフトに関するルールが改正されない限り成績は低下の一途を辿ることになるだろう。また、最近は右ハムストリングや手首の故障で戦列を離れることが増え、故障への耐性が低くなっているのも成績低下の一因と言える。

5.ブライアン・マッキャン:C
テシェイラ同様シフトの影響を受けた選手の一人で、OPSは自己最低の.692。加えて例年10%前後をマークしていた四球率が5.9%まで下落したのは気がかりだ。本来ならDHや1塁と併用しながら使いたい選手なのだが、同じような立場の選手が何人もいるのがこのチームの暗部を象徴していると言えよう。

6.チェイス・ヘッドリー:3B
昨年ヤンキースと4年5000万ドルで契約。2012年にサンディエゴ・パドレスで打点王を獲得してから、OPS.800以上に達していないが、そもそも昨シーズン三塁手で.800台に乗った選手はミゲル・カブレラ(DET)、エイドリアン・ベルトレイ(TEX)、アンソニー・レンドーン(WSH)の三名のみであることを考えれば、好守も含め安定した活躍を見込める彼の存在は貴重と言える。

7.アレックス・ロドリゲス:DH
打順の前後や、一塁、三塁起用も考えられるが、筆者はこの位置と予想した。年俸が年俸だけに控えでの起用は考えづらく、かといってポジションには空きがないためDHでの起用が多いだろう。打撃に関してもおよそ一年の空きがあり、実力はレジェンド級だが非常に未知数な部分が多い。

8.スティーブン・ドリュー:2B
本来は遊撃手だが、ディディ・グレゴリアスが加入したため二塁で起用される可能性が高い。実力者ではある一方、怪我が多く実力を発揮しきれていない選手で、守備も二塁を守るのは初である。この選手に替われる選手がいないあたりチームの台所事情の悲惨さを示していると言える。

9.ディディ・グレゴリアス:SS
アリゾナ・ダイアモンドバックスから移籍。25歳とヤンキースのレギュラーとしては若いが守備は平均、打撃は平均以下と偉大なキャプテンシーを誇ったデレク・ジーターの後釜としては力不足の感が否めない。打撃で印象的な成績を残せなければ控えのブレンダン・ライアンとの併用も多くなるだろう。

 

1 2

コメントを残す