2015 Team Preview:ミルウォーキー・ブリュワーズ

5551003619_4d72e0e7a7_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 *40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:ミラー・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml17/

 

広さ
レフト 104.9m
センター 121.9m
ライト 105.2m
フェンス高さ 2.4〜3.7m
パークファクター*平均100
安打 96.9
ツーベース 86.3
スリーベース 51.5
HR 114.2
得点 100.2

 

  • 予想オーダー

1.カルロス・ゴメス:CF
俊足豪打の5ツールプレイヤー。MIL移籍2年目も状態をキープし、チームトップの長打率で打線を牽引した。昨年のDRSは13年(+38)ほどの数値は生み出せなったものの、+2と及第点。4月にはバット投げに気を良くしなかったゲリット・コール(PIT)との口論で3試合の出場停止にも。広いレンジで今年も外野を駆け回る。 

2.ジョナサン・ルクロイ:C
ハムストリングの怪我などから開幕も危ぶまれているが、攻守の要として彼の存在は不可欠だ。昨年はチームトップの打率.301をマーク。捕手としては平均的なアームだが、それを補うメジャー屈指のフレーミング巧者で、2010年から715個のエクストラストライクを獲得、およそ85点をも阻止した計算が算出される。フィールディングバイブル賞受賞。 

3.ライアン・ブラウン:RF
ここ数年周囲から薬物使用に関するバッシングを浴びてきたためか、二度の30-30を記録したスターとは思えない.266/.324/.453たるスラッシュラインでシーズンを終えた。またライトにコンバートした結果、DRSは-7まで落ち込み彼のキャリアにとって不甲斐ない1年となってしまった。2020年まで契約が残っているため、何とかして今年は評価を自慢の打撃で取り戻したい。 

4.アラミス・ラミレス:3B
メジャー17年目のベテランヒッター。昨年はオフシーズンに膝のリハビリを行い、状態を取り戻した結果、3度目となるオールスターにも出場。15HR&66打点と未だ打棒が健在であることを証明した。今シーズン終了後には引退、と噂されているラミレス。チームのためにも今年は有終の美を飾りたいところ。 

5.アダム・リンド:1B
トレードで移籍。昨年は脚の故障でDL入りするなど、96試合の出場にとどまった。結果として連続二桁HR記録は5年で途切れてしまったが、打率.321と良い形で球団にアピールできた。今年が長期契約の最終年度となるため、ミルウォーキーのみならず、他球団に対しても自慢の長打力を見せつけたい。 

6.クリス・デービス:LF
パワフルなバッティングが武器のISOは.214と及第点。チーム2位タイとなる22HRはメジャー2年目としては立派な数値と言えるのではないだろうか。一方で三振率/四球率=22.2%/5.8%とアプローチにはやや不安が残る。ニックネームは名前からインスピレーションされた「Khrush」。 

7.スクーター・ジェネット:2B
マイナー通算打率.297の安打製造機。メジャー2年目となった昨年は137試合に出場し、.289 /.320/.434たるスラッシュラインを残す。左打者に対して通算OPS.291とめっぽう弱く、今後さらなるステップアップを踏むためには真っ先に改善すべき点だ。

8.ジーン・セグラ:SS
ブレイクした後に起こる2年目のジンクスか、146試合に出場しOPS.614と物足りない数値。盗塁数も44→20個と半減し、不調が響いたためシーズン終盤にはリードオフを外された。今年こそ13年のようにアグレッシブなプレイを見せてほしい。

9.投

1 2

コメントを残す