2015 Team Preview:トロント・ブルージェイズ

8673286311_724461eaa5_z

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ロジャース・センター

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml19/

 

広さ
レフト 100m
センター 121.9m
ライト 100m
フェンス高さ 3.0 m
パークファクター *平均100
安打 103.1
ツーベース 110.7
スリーベース 133.3
HR 131.0
得点 104.2
  • 予想オーダー

1. ホゼ・レイエス :SS
守備での期待はできないが、打撃や走塁は未だ一線級。30盗塁して失敗は2回と素晴らしく、打率.287は遊撃手2位だった。四球率は5.8%で例年より低かったがこれは誤差の範囲だろう。いまだ31歳と若く、気がかりは故障のみ。

2. ラッセル・ マーティン:Ⅽ
ピッツバーグ・パイレーツから移籍。昨年は2007年以来となるOPS.800台を記録し、守備面においても高い貢献度を示すなどキャリアハイと言っても良いレベルだったと言える。リーグも変わり今年並の成績を残すのは厳しいだろうが、ルーキー年以外は毎年10.0%以上の四球率を記録しているため大きく期待を裏切ることはないだろう。

3. ホゼ・バティスタ:RF
純粋な打撃だけならMVPのマイク・トラウトにも引けを取らない成績を残した。三年ぶりに四球率が三振率を上回るなど、故障続きだったがパワーや洗練さは失われていない。今季も試合に出ることさえできればタイトルレースに食い込む活躍ができるだろう。

4. エドウィン・エンカーナシオン:1B
こちらもメジャー屈指の長距離砲だが、アプローチが良く三振が少ないのは前を打つバティスタと似ている。2012年から2014年までの三年間の本塁打数はミゲル・カブレラ(DET)の113本に次ぐ本数であり、非常に安定している。ドナルドソンの加わった今年はマークが薄くなることでさらに本数を伸ばすかもしれない。

5. ジョシュ・ドナルドソン:3B
オークランド・アスレチックスから移籍。ここ二年に関していえば最高の三塁手であり打撃、守備の両面で大きくレベルアップしたことは疑いようがない。昨年は前年に比べて打率を大きく落としたが、それ以外の成績はほぼ同じで今季は多少盛り返すだろう。何より打者不利な球場を出たことで本塁打が4、5本は増えるだろう。

6. ジャスティン・スモーク:DH
シアトル・マリナーズから移籍。マリナーズには4年間在籍したが結局、大器の片りんを見せられずに終わった。年齢的にはブレイクしてもおかしくはないので広い本拠地を出たことをきっかけにできれば幸いだろう。

7. ケヴィン・ピラー:LF
マイケル・ソーンダースが開幕に間に合わないため先発を任される。左翼としては明らかに打力が不足しており、本来は控えが適任だがソーンダースの復帰までに少しでも先につながる活躍をしておきたいところだ。

8. ダルトン・ポンペイ:CF
メジャー2年目のルーキー。身体能力が高くゴールドクラブ級の守備力を持つと言われており、走塁も優秀とすでにレギュラーとして十分な能力を有す。スター街道へ乗れるかは、マイナーで見せたような打撃ができるかにかかっていると言えるだろう。

9. デボン・トラビス:2B
チーム 期待のルーキー二塁手。攻守共に堅実ですでにメジャーでも十分にレギュラーを張れるレベルに到達しており、球団にそれほど手強い競争相手もいないことからほぼ1シーズン出番があると思われる。公表している身長はダスティン・ペドロイア(2B)と全く同じ。

1 2

コメントを残す