2015 Team Preview: サンフランシスコ・ジャイアンツ

14936366164_f0c59a6ac4_z

 

 

 

 

 

 

 

 *40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

  • 本拠地:AT&Tパーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml06/

 

広さ
レフト 103.3m
センター 121.6m
ライト 94.2m
フェンス高さ 2.4〜7.6m
パークファクター *平均100
安打 95.1
ツーベース 91.6
スリーベース 181.3
HR 67.7
得点 92.0

 

  • 予想オーダー

1. エンジェル・パガン:CF
3割&16盗塁と試合に出ることができれば一番打者としての役割を果たせるものの、去年は96試合のみと、2年連続で100試合以下の出場にとどまった。昨年は椎間板ヘルニアによる背中の痛みで手術をすることになってしまい、9月中旬以降試合に出ることはできず。今年もキャンプから背中の痛みを訴えており、開幕には間に合いそうだが、いつ途中離脱しておかしくはない。

2. ジョー・パニック:2B
新人ながら、6月のデビューから堅実な働きで最終的にワールドシリーズまでセカンドを守り抜いた。長打力はないものの、打率.305は昨年ナリーグの新人では最高の数値(200打席以上)。メジャーでは一度も盗塁をしなかったが、マイナーでは3年連続10盗塁をクリアと、まずまずの速さはあるので、2年目となる今年は足を使うことにも期待したい。

3. ブランドン・ベルト:1B
13年に初の二桁本塁打となる17HRを記録し、打率も.289とついにその才能が開花されたと思われたが、昨年は指の骨折と脳震盪で2回の長期離脱を経験しわずか61試合の出場のみに終わった。少ない試合数で12本塁打を放ったものの、HR/FB率が今までより高かったことを考えると、長打力が伸びたというよりはいわゆる“確変状態”であった可能性が高く、中距離ヒッターという評価を覆すものではないだろう。

4. バスター・ポージー:C
打撃においても、守備においてもチームの大黒柱。昨年も前半は不調に苦しんだものの、後半に調子をあげ、チームをワールドチャンピオンに導いた。今オフに長らく一緒にクリンナップを務めていたサンドバルがチームを去り、マークがきつくなることが予想されるが彼ならば問題ないであろう

5. ケイシー・マギー:3B
13年の楽天を日本一に導いた活躍はプロ野球ファンの記憶にも新しい。昨年は4HRと日本で見せた長打力は影を潜めたものの、打率.287と確実性のある打撃でカムバック賞を受賞。得点圏ではOPS.814と勝負強い打撃を見せてくれたものの、31併殺打はリーグダントツで歴代でも8位タイ。

6. 青木宣親:LF
昨年ワールドチャンピオンを争ったロイヤルズからFA移籍。不動のライトであるペンスが開幕に間に合わないために、復帰まではライトを守ると目されていたが、結局レフトのポジションに落ち着くようだ。昨年は打率こそ.285と今までとほとんど変わらなかったものの、メジャー移籍からの2年間で18HR&50盗塁だったのが、1HR&17盗塁と数字を落とした。

7. グレゴリー・ブランコ:RF
3年連続で140試合以上に出場し、長打こそないものの打撃守備走塁で安定した成績。今年は青木の加入により第4の外野手となるが、ペンスが故障したことにより開幕ではライトを守る。また、前述通りパガンもいつ怪我するかわからない状況なので出番は十分にあるだろう。

8. ブランドン・クロフォード:SS
昨年は10HR&OPS.713とキャリアハイの成績を見せたが、打撃でこれ以上の成績を望むのは酷であろう。彼の最大の武器はショートの守備。昨年もDRS+8と優秀な成績を見せ、今後ゴールデングラブ賞を獲得する可能性もありそうだ。

9.投

1 2

コメントを残す