トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

Outstanding Prospect in 2015 ~Part1~

5014088833_f43c2b3b9e_z

 

 

 

 

 

 

 

 この企画はマイナーで目立った活躍を示したプロスペクトたちに、敬意と期待を含めてピックアップするモノだ。今回は「ハビアー・ゲラ」「ブレーク・スネル」「トレバー・ストーリー」の3人だ。

  • ハビアー・ゲラ:BOS(SS)

ハビアー・ゲラは、現在レッドソックスの1Aでプレーする19歳のSSプロスペクトだ。ツールのパッケージとして高いアップサイドを誇り、中でもその守備力はマイナートップとの呼び声高い。


*華麗な守備を披露するゲラ

2014年にルーキーリーグの監督としてゲラを指導してきたトム・コッチマンは「私が35年間見てきた中で1番のディフェンダーだ」と評価しており、将来のゴールドグラブ候補だと絶賛している。決して足が速いわけではなくスピードツールは平均以下たる評価に止まるが、打球判断に優れており守備範囲は一級品。肩は平均以上で送球も正確。どんなアングルからでも素晴らしいスローイングを見せる。守備での動きも滑らかで、まるでホゼ・イグレシアス(DET)を彷彿とさせる。

またバッティングでも19歳とは思えないほどの潜在的な才能を発揮している。

 5フィート11、155ポンドと細見ながらコンパクトで力強いスイングを示しており、特に引っ張り方向には目を見張るような打球を披露することもある。6月3日現在、リーグ2位のSLG.510&OPS.864をマークしており、ホームランもすでに5本打つなど成長著しい。ただ欠点として三振の多さが目につく。四球率は昨年の2.4%から7.8%に改善されたが、一方で三振率は20.3%から29.9%と大幅悪化。ここまで三振が多いと、上の階級に上がった際に適応できるか疑問が残る。今後活躍を続けていくためには打撃の確実性を上げることが求められる。

練習熱心でメークアップの評価も高いゲラ。攻守に著しい成長を見せており、上手く育てばJ.Jハーディ(BAL)のような平均以上の打力を備えたエリート級のディフェンダーになり得る。もし仮にバッティングでつまずいても彼の守備力はきっと重宝されるはずだ。

 

1 2 3

コメントを残す