トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

Outstanding Prospect in 2015 ~part2~

8158656933_96c4da1927_z
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この企画はマイナーで目立った活躍を示したプロスペクトたちに、敬意と期待を含めてピックアップするモノだ。今回は「ブレット・フィリップス」、「ホセ・ベリオス」、「ケテル・マーテ」の3人を取り上げる。
フィリップスは高校時代に野球と共にフットボールもプレーしていたアスリートだ。もっとも優れたツールであるアームは20-80評価で70の評価を得ており、抜群の運動神経と合わせてトップクラスのディフェンダーだと考えられている。スピードは平均以上で、CFに留まることができるかもしれないが、RF向きだと見る声も。
 
守備面においてはドラフト当時から高い評価を得ていたフィリップスだが、一方の打撃はまだまだ発展途上だと考えられていた。スイングの改善が功を奏し、17HR&OPS.905を記録。チームのマイナー最優秀選手に選出された昨季における打撃面での開花が、フィリップスを”ハイシーリングなプロスペクト”から”トッププロスペクト”へと押し上げた。
 
 
今年も打棒は好調で、打者天国であるA+、California League所属とはいえ、今期の.331/.391/.583/.973たるスラッシュラインは注目に値するだろう。半月ほど前に21歳になったばかりのフィリップスは、17年頃にメジャーデビューを果たすと見られている。
 
 

1 2 3

コメントを残す