2015 Draft Review : ナショナル・リーグ中地区

8076158424_a63afbfa5e_z

 

 

 

 

 

 

セントルイス・カージナルス 2015 ドラフトまとめ
シカゴ・カブス 2015 ドラフトまとめ
ピッツバーグ・パイレーツ 2015 ドラフトまとめ
シンシナティ・レッズ2015 ドラフトまとめ
ミルウォーキー・ブリュワーズ 2015 ドラフトまとめ 

*順位:選手名(ポジション):出身校

  • セントルイス・カージナルス

23.ニック・プルマー(OF):ブラザーライス高校 

ピュアヒッター。昨年夏まで無名であったが「2015 Area Code Baseball Games」で多くのスカウト陣がその眼を輝かせたプレイヤーだ。プラス評価のバットスピード、パワーはもちろん、打席での選球眼も評価されている。また、スピードも最終的に20-80スケールで55にまで達するポテンシャル。非常にソリッドな選手であり、アスリートタイプだ。一方、肩の弱さが欠点で将来的には現在のセンターからレフトへコンバートが予想される。

39.ジェイク・ウッドフォード(RHP):プラント高校

6位指名を受けたカイル・タッカー(HOU)とチームメイトだったウッドフォード。90マイル中盤の直球を武器に高校では28試合を投げ22勝(2敗)/0.88ERA/175.2IPをマーク。スカウトのクリス・コレア氏は彼について「ウッドフォードは、上質な沈む直球、変化球、そしてチェンジアップのコントロールを持ち合わせたスターターのプロスペクトだ」とコメント。一方でアップサイドはマイケル・ワカやアレックス・レイエスには届かないのでは?との見方もあり、良くも悪くもローテーション中盤の予想が主だ。

66.ブライス・デントン(3B):レイブンウッド高校

STLの今年のドラフトテーマを考えるならば、「バットスピード」だろうか。彼もプルマー同様、非常に優れたバットスピードを持ち合わせている。一方で平均以上のアームながら「スピードが平均以下」との評価もあり、外野へコンバートされる予想も。二刀流選手であり、40IPで6勝/1.75ERA/47K。

 

1 2 3 4 5

コメントを残す