2016 Top 20 Prospects:ミルウォーキー・ブリュワーズ

15284301812_958f9dc1f3_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. オーランド・アルシア:SS
オズワルド・アルシア(MIN)の弟。20歳たる年齢に比して洗練されたハイレベルなディフェンスが光り、アルシデス・エスコバー(KC)と比較される。打撃ではハードにコンタクトを生み出し2Aで打率.307、本塁打8、OPS.800、盗塁25。四球率5.4%と淡泊なアプローチを改善する必要がある。 

2. ホルヘ・ロペス:RHP
プエルトリコ出身。90-96マイルのツーシームはよく沈み、多くのゴロを打たせることができる。カーブはアウトピッチになり得るボールで、チェンジアップも向上を辿る。 細身な体格から、体重の増加を経てよりパワフルさを増す可能性を秘める。2Aでは24先発して防御率2.26、K/9=8.6。

3. ブレット・フィリップス:OF
カルロス・ゴメスとのトレードでHOU→MIL。フットボールでも鳴らしたアスリートで、傑出したスピード&強肩を備える。ツールは素晴らしいも、動きに固いところがありCFよりもRF向きとされる。打撃ではA+&2AでOPS.901&17ホーマーも、120K/44BBとアプローチが雑。 

4. トレント・クラーク:OF
15年ドラフト全体15位指名。19たる年齢に比して洗練されている。傑出したスイングスピードからハードなコンタクトを生み出し、忍耐強いアプローチ&平均以上のスピードと併せてリードオフ向き。RではOPS.854、盗塁25、44K/39BB。守備はプロでもCFに残れるレベル。 

5. ジョシュ・ヘイダー:LHP
クロスファイヤーから90マイル後半の力強いストレートを投げ込み、クリス・セール(CWS)と比較される。カーブ&チェンジアップを磨いていきたい。6-3/160と細身な体格から球速はさらなる上積みが期待できる。2Aで防御率3.03&K/9=10.3。クローザーとして推す声も。 

6. ジェーコブ・ノッティンガム:C/1B
クリス・デービスとのトレードでOAK→MIL。ハイポテンシャルな20歳がブレーク。ベストツールのパワーを武器に1A&A+で打率.316、本塁打17、OPS.877。守備ではまだまだ磨くべき点も多いが、ここ2年で盗塁阻止率39%と肩は平均以上。

7. デビン・ウィリアムス:RHP
アスレチック。6-3/165と細身の体格からアップサイドへの評価も高い。90マイル前半のストレートはパワフルになると目されており、チェンジアップ&スライダーもポテンシャルを秘めている。クリーンなメカニックに定評を得ており、制球もプロ入り後に向上を辿る。1Aでは防御率3.44&K/9=9.0。 

8. ライマー・リリアーノ:OF
20ホーマー&20盗塁級のインパクトを秘める大器。平均以上のスイングスピードを示し、広角にホームランを量産できるパワーヒッター。3Aでは打率.292、本塁打14、OPS.843と高いレベルでも結果を出した。守備ではスピード&強肩を備えており、CF含む外野3ポジションをこなすことができる。

9. エイドリアン・ハウザー:RHP
6-4/230たる恵まれた体格の持ち主。90マイル中盤の動く速球でゾーンを攻める。カーブも平均以上のボールで、チェンジアップも年々向上している。A+&2Aでは120回/110K/41BB/防御率4.43。特にMIL移籍後は7先発、防御率2.92、K/BB=5.33と好調だった。

10. デミ・オリモロイ:OF
「20ホーマー&20盗塁」 級のポテンシャルを秘める。U-18世界大会ではカナダ代表としてもプレー。6-4/225たる恵まれた体格に飛び抜けたパワー&スピード&肩を備える。攻守に粗削りでリスキーな素材。Rでは33試合出場して打率.292、本塁打6、OPS.838、盗塁19。

11. コディ・ポンス:RHP
6-6/240たる大柄な体格から92-95マイルのストレート&カッターのコンビネーションでパワフルに攻める。カーブ&チェンジアップのクオリティが平凡で、緩急を生み出せないのがネック。R&1Aでは51回/40K/9BB/防御率2.29。試合終盤に球威が落ちる傾向があり、スタミナの向上が課題。  

12. モンテ・ハリソン:OF
14年ドラフトクラスで最高のアスリートと称される。外野からのスローイングは97マイルを計時し、プラス評価のスピードツールと合わせてハイレベルなCFになりうる。スイングスピードも傑出しており、「第2のアンドリュー・マッカチェン(PIT)」と評価する声も。1A&Rでは74試合で打率.205&三振100。

13. ザック・デービース:RHP
ヘラルド・パーラとのトレードでBAL→MIL。マイナー屈指のチェンジアップの使い手とされ、バック・ショーウォルター監督からも絶賛されていた。優れたコマンド&投球術を武器にメジャーでも6先発して3勝、防御率3.71、GB%=57.6%をマーク。チェンジアップは被打率.229&空振り率26.8%。 

14. イサン・ディアズ:2B
Rでは打率.360、本塁打13、OPS1.076、盗塁12と素晴らしいパフォーマンスを披露し、リーグのMVPを受賞。バットスピード&コンタクトに秀でており、高い打撃スキルを持ち併せている。守備ではスピード&守備範囲の物足りなさからSSよりも2B向きと見られている。

15.  タイロン・テイラー:OF
フットボールもプレーしたアスリート。小柄な体格も5ツールを示し、攻守でインパクトを生み出せる。パワー面はまだ成熟していないが、コンタクトは安定。2Aでは128試合出場して打率.260、本塁打3、OPS.649、盗塁10、55K、31BB。守備のスキルはCFとして十分。

16. ギルバート・ララ:SS
14年インターナショナルFAのトップ選手で、$3Mで契約。攻守に高いポテンシャルを潜めており、特にパワーでの評価が高い。年上揃いのRで63試合プレーし打率.240&OPS.606と結果を出せなかったが、まだ18歳だ。SSとしては未発達でポジションを移ることになるかもしれない。

17. コディ・メディロス:LHP
ハワイ出身。最速95マイルのストレート&規格外の軌道を描くスライダー&ゴロを打たせるのに有効なチェンジアップのコンビネーション。1Aでは93.1回/94K/40BB/防御率4.44。変則的なメカニクス&小柄な体格&不安定なコマンドから評価が分かれる。 

18. クリント・コーター:C/OF
パワフルなバッティングが持ち味で14年にはOPS.930&22ホーマーとブレーク。今季は打率.246、本塁打13、OPS.725とA+でパフォーマンスを落としてしまった。守備ではC→RFにコンバートされたが、118試合で11失策を喫するなど適応に苦しんでいる。

19. ネイサン・カービー:LHP
15年ドラフト全体40位。トミージョン手術&スライダーの投げ過ぎにより94マイルを出していた速球は90マイル前後にまで劣化。健康時のコンディションを取り戻せればローテーション上位クラス。スライダー&チェンジアップはいずれも上質。

20. マイケル・リード:OF
父は元アメリカンフットボール選手。整った体格&アスリート性の評価が高い。コンタクト&スピードに長けたリードオフタイプで、2Aでは出塁率.371&26盗塁をマーク。守備では外野3ポジションをこなす器用さを披露。  パン・アメリカ世界大会ではアメリカ代表としてもプレー。

Plus One Prospect
ビクター・ローチ:OF
モンスター級と評されるパワーを武器に18ホーマー&ISO.186をマークも、三振率30.8%とコンタクトの粗さは相変わらず。打率は低いが、相応の四球数を稼ぐことができることからジョニー・ゴームス(元KC)と比べられる。守備は平凡でLF向き。

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/phC3r3

 


コメントを残す