アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

Prospect Preview in Premier 12

321398027_c05b0908e3_z

 

 

 

 

 

 

 

世界最強の野球国力決定戦『プレミア12』がいよいよ開幕する。今回は各国代表メンバーの注目選手を「プロスペクト」たる側面から計12名取り上げる。大会をチェックする上で参考にしてもらえれば幸いだ。 

 

一部スカウト間では「ネクスト・プイグ」とまで呼ばれるキューバ出身の25歳。豪快なパワー&強肩を備えており、メキシコ代表の注目選手の1人だ。シーズンでは1A&A+&2Aで3ホーマー&OPS.699と不発に終わったが、ヤシエル・プイグ(LAD)を彷彿とさせるスイングは要必見。投手としても非凡で、最速97マイルの素晴らしい肩を持っており、本人曰く「ベストピッチはスプリット」とのこと。守備ではライトで103試合出場して9個の補殺を記録している。メキシコは日本と同じ予選Bグループに所属しており、彼のプレーを目にする機会も多いだろう。

 

 カナダのベストプロスペクトがプレミア12に参戦決定。ボディビルダーである父の血を受け継ぎ、5-11/205たるがっちりした体格から傑出したバットスピード&パワーを生み出す。今季はA+で106試合に出場して打率.260、本塁打32、OPS.876、盗塁16とブレーク。リーグの本塁打王に輝いた。パワーに関しては言うまでもなく素晴らしいが、三振率30%、四球率6.5%とアプローチの粗さがネック。守備では身体能力こそ高いが、技術的に未熟であまり上手くない。LFでの出場になるだろう。アメリカとのエキシビションマッチでは3番で出場しており主軸として活躍が期待される。

 

 大会全体を通しても1、2を争うファイブツールポテンシャルの持ち主。傑出したパワー&スピード&アームのポテンシャルを示している。14年にはA+&2Aで打率.292、本塁打21、OPS.897、盗塁33とブレークイヤーを飾り、当FEDリストでもHOU内#7にランクインした。今季は2Aで打率.219、OPS.637と大不振に終わったが、それでも17ホーマー&33盗塁と潜在能力の高さを十分アピール。フリースインガーで三振も多いが、爆発力があり短期決戦では脅威になり得る。

 

1 2 3 4

コメントを残す