トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

Sleeper Prospects AL Central

9497102913_e6095ab461_z

 

 

 

 

 

 

 

現段階では名の知れていないプロスペクトである『スリーパー』を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。また、選出基準はMLB.comのチームトップ30及びFEDのチームトップ20圏外の選手とした。

  • シカゴ・ホワイトソックス

 

 

ダニー・ヘイズ:1B
15年に傘下最多の98四球を選んだ眠れる大砲候補。4月は2Aのレベルに適応できず打率.167&0ホーマーと苦しんだが、その後は打率.261&7ホーマーと適応。7ホーマーながら20-80スケールで60相当のパワーを秘めると言われている。リーグのベストディフェンシブ1Bに選ばれるなど守備も堅い。

ザック・フィッシャー:C
ドラフト11巡目ながらパワーの評価は傘下でもトップクラス。スイングスピードと筋肉量を兼ね備えており、平均以上のパワーを生み出すことができる。R&1Aでは11ホーマー&OPS.728と持ち味を発揮。一方捕手の守備は未発達で46試合/17捕逸。

ジェームス・ダイクストラ:RHP
球速は88-92マイルで、変化球も特別良くもないが、マイナー通算BB/9=1.2&K/BB=5.56のコマンドが武器。『BA』の傘下「ベストコントロール」投手にも選出された。A+では128.1回投げて防御率3.51とまずまずの内容。HR/9=0.3と被本塁打の少なさも特徴。

 

 

1 2 3 4 5

コメントを残す