アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

Sleeper Prospects NL East

4950707998_8341d20a84_z

 

 

 

 

 

 

 

  • ワシントン・ナショナルズ

 アンドリュー・リー:RHP
15年ドラフト11巡目。1Bとしてもドラフト候補に挙がっていた逸材で、6-5/210の恵まれた体格から力強いストレートを投げ込む。決め球のカーブも精度が高く、R&1A&A-では38.2回/47K/10BBと支配的な内容。大学1年時にトミージョン手術を経験。

フィリップ・バルデス:RHP
15年は1A&A+で102.2回投げて防御率2.81、K/9=7.0、BB/9=3.1をマーク。常時90マイル中盤を計測するストレートは最速98マイルに達する。カーブはスラーブ気味でキレ&ブレーキに欠け、改良の余地を残す。チェンジアップも発展途上。

 

ホゼ・マルモレホ・ディアズ:1B
広角にライナーを打ち分けるバッティングを武器に1Aで打率.310、本塁打11、OPS.848とブレーク。傘下の最優秀選手に選ばれた。現段階では中距離ヒッターにとどまっているが、パワーは向上を辿っていおり、今後に期待だ。

ケルビン・グティエレス:3B
ハンドリングと強肩を兼ね備えた3Bディフェンスの評価が高いが、15年は46試合/18失策とフットワークの甘さを露呈。6-3/185と体格に恵まれており、体の成熟とともにバッティングも向上が見込まれている。A-では打率.305をマークし、リーグのオールスターにも出場。

ルイス・レイエス:RHP 
92-94マイルの沈む速球を武器としている20歳右腕。契約後トレーニング中心のメニューを行ってきたが、15年は24先発/117.2回と1年を実戦の中で投げ抜いた。6-2/175とまだ線が細く、体格の成熟が望まれる。

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/8xtF1s
 

 

1 2 3 4 5

コメントを残す