トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

2016 Team Review: セントルイス・カージナルス

17333402346_859a337946_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地: ブッシュスタジアム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml10/

 

広さ
レフト 102.4M
センター 121.9M
ライト 102.1M
フェンス高さ 2.7M
パークファクター平均*100
安打 105.5
ツーベース 100.8
スリーベース 103.1
HR 85.7
得点 93.1
  • 予想オーダー

1. マット・カーペンター:3B
強打が売りのカージナルスのリードオフマン。昨シーズンは3年連続となるオールスター出場は逃したものの、毎年10本前後だったホームランが一気に28本まで増加し、モデルチェンジとなった。しかし、ホームラン数が増えるとともに三振の数も年々増加しており、13年から98→111→151と昨シーズンは40個も増えてしまった。

2.スティーブン・ピスコッティ:RF
名門スタンフォード大学から12年ドラフトで全体36位に指名された選手。昨シーズンにメジャーデビューを果たし、63試合に出場。.305/.359/.494のスラッシュラインを残した。内外野両方守れる器用さを持っている。マイナー時代からホームランはあまり打てていないため、メジャーでもパワーは期待はできないが、率は期待できるだろう。CHCに移籍したジェイソン・ヘイワードの穴をどこまで埋めることができるか。

3. マット・ホリデイ:LF
今シーズンで36歳、メジャー12年目になる大ベテラン。怪我により、2009年以来の100試合以下の出場にとどまった。しかし、怪我をするまでは好調な成績を残しており、73試合に出場し、.279/.394/.410のスラッシュラインであった。昨シーズンはオールスターにも選出されているが、怪我により辞退している。MVP投票10位以内に入れば自動的に行使されるオプションがついているが、10位以内に入る可能性は非常に低い。

4. ブランドン・モス:1B
昨シーズン途中にトレードで移籍してきたスラッガー。低打率ながらも四球をよく選ぶため出塁率はまずまず。OAKでプラトーン起用されていたため左投手に弱いイメージがあるが、昨シーズンは対左の方が成績はよかった。守備ではどこを守らせても低レベル。

5.ランドール・グリチック:CF
昨シーズン大ブレーク。103試合に出場し、打率.276、17本塁打と立派な成績を残した。長打力が一番の魅力で純粋なパワーに関してはMIAの主砲、スタントンに匹敵するとも言われている。しかし、コンタクトに難があり、BB=6.3%、K%=31.4%は看過できない数字。今後は三振を減らしていくことが課題になってくるだろう。

6. ヤディアー・モリーナ:C
8年連続ゴールデングラブ賞受賞、4年連続盗塁阻止率40%越えの強肩キャッチャー。しかし、打撃成績は右肩下がりで、本塁打数は13年から12→7→4 AVGは.319→.282→.270と下降傾向。オフシーズンに親指の手術を行っているため、当初は開幕に間に合わないかと思われていたが、マイク・マシーニー監督は開幕スタメンに間に合う、と話していたが、OP戦でケガをしたため再び開幕が危うくなっている。

7. コルテン・ウォン:2B
ハワイ出身の2011年ドラフト1巡目で指名された選手。13年にメジャーに昇格して以来着々と出場試合数を増やしており、昨シーズンは自己最多の150試合に出場。.262/.321/.386のスラッシュライン。しかし、昨年シーズン終盤は不調に陥りシーズン最後の3ヶ月は.235/.296/.307という成績。今年はサンディエゴパドレスから移籍してきたジェド・ジョーコもレギュラー争いにくいこんでくるため、レギュラーの座は安泰ではない。

8.ルーベン・テハダ:SS
スプリングトレーニング中にNYMからリリースされFAとなりSTLに拾われた。打撃では一度もシーズンOPSが.700を超えたこともなく、スピードもそれほどあわけではないが、.260前後の打率を毎シーズン残す安定感だけはある。守備も上手いとは言えずSSでの通算DRS-19。故障で2~3ヶ月抜けることになるジョニー・ペラルタが復帰するまでのつなぎ役。

9. 投手

 

1 2

コメントを残す