アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2016 Team Review:シンシナティ・レッズ

5676626074_0342382cd7_z

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:グレート・アメリカン・ボールパーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml23/

 

広さ
レフト 100M
センター 123.1M
ライト 99.1M
フェンス高さ 2.4~3.6M
パークファクター平均*100
安打 107.5
ツーベース 104.3
スリーベース 44.4
HR 113.7
得点 111.5
  • 予想オーダー

1. ザック・コザート:SS
12年からレッズの正遊撃手を務める30歳。昨シーズンは6月に靭帯断裂をしてしまい、そのままシーズンエンド。怪我をする前は非常に好調で、59試合の参考記録ながらも、AVG、OBP、SLGともに14年を上回る数字を残している。怪我明けの開幕で昨シーズンのようなバッティングができるか。

2. ジョーイ・ボットー:1B
メジャー屈指の選球眼を持つ。特に昨シーズンのオールスター後はOBP.535と驚異的な数字を残した。62試合の出場にとどまった14年を除けば、11年から毎年リーグ最多の四球を選んでいる。また、選球眼以外にもパワーが持ち味で過去5年間で320本以上のホームランを打っている。まだ32歳と老け込むには早く、健康体であれば今年もよい成績が期待できるだろう。

3.ブランドン・フィリップス:2B
34歳のベテラン。ゴールドグラブ4回、シルバースラッガー賞1回、オールスター3回選出されている名選手である。昨シーズンは好調で、K%は自己ベストの10.9%、盗塁に関しては12年から14年シーズンの盗塁数を足したものよりも多い23個の盗塁を決めた。2番のボットーとは対照的に、積極的に打っていく選手で、昨年の四球数はなんとボットーの五分の一以下。昨シーズンが少しできすぎのように見えるため盗塁数などは減るかもしれないが、CINの打線の中心選手であることに違いはない。

4.ジェイ・ブルース:RF
1113年まで毎年30本以上ホームランを打っていたが、過去2年間は不調に陥っている。昨シーズンはパワーこそ復調し26本のホームランを打ったが、AVGは全盛期の時からは程遠い.226。昨年からトレードの噂が立っているが、年棒の高さがネックとなりなかなか話が進んでいない。

5. デビン・メゾラコ:C
12年から着々と出場試合数を伸ばし、シーズンはレギュラー獲得かと思われたが、怪我で戦線離脱し23試合の出場にとどまった。14年にはホームラン25本、OPS.893の成績を残してオールスターにも選出されている。しかし、いまだメジャーで110試合以上出場したことがなく、耐久性に疑問符が打たれる。

 6.エウヘニオ・スアレス:3B
14年にDETから移籍。コザートの怪我で試合に出始めると、DET時代にはあまり見られなかったパワーを見せ、DET時代のISO 0.94から昨シーズンは倍近くの.167まで上がった。しかし、コンタクトには依然として問題が残っており、K%=23.6%と決していい数字ではない。また、守備にも問題があり昨シーズンは13失策、DRS-12と悲惨な結果。今後はアプローチと守備に改善が求められるだろう。コザートが返ってくるため、今シーズンは主にサードを守ることになる。

 7.スコット・シェブラー:LF
13、14年シーズンにマイナーで2年続けてホームラン25本以上打ったプロスペクト。21歳のホセ・ペラーザとともにLADから移籍してきた。昨シーズン、セプテンバーコールアップでメジャー昇格を果たし、19試合に出場。.250/.325/.500とメジャーでもまずまずの成績。CINではある程度出場機会が与えられると考えられている。

8.ビリー・ハミルトン:CF
誰もがその名を知っているスピードスター。昨シーズンは故障などで114試合の出場に限られたが、57盗塁と走りに走った。足は速いのだが、打撃スキルに関しては課題が山積み。AVG.226、OBP .274とあまりコンスタントに出塁できていない。問題点の一つとして、アプローチが挙げられ、BB%=6.2%、K%=16.5%の数字には改善が求められる。

9.投手

 

1 2

コメントを残す