2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

             2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦し More »

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

             シーズン開幕前は昨シーズンの最下位から大きな補強もなく、今シーズンも苦戦が予想されていた。しかしながら、ここまでオールスター前は48勝 More »

夢へのスタート地点が人によって違うということ―ジミー・ガバーンとCJ エイブラムスの場合―

             アイダホ・フォールズ・チューカーズ(KC傘下)にジミー・ガーバン(2B)という選手が所属している。1996年11月11日生まれの22歳 More »

 

2016 Team Preview:ミネソタ・ツインズ

20181871904_52528496d7_z

 

 

 

 

 

 

 

  • 予想ローテーション&リリーフ

SP アービン・サンタナ:RHP
昨シーズン4年55MとFAでの球団最高額で加入も禁止薬物使用で開幕から80試合の出場停止処分を受けた。復帰後も7勝5敗、防御率4.00とパッとしなかった。それでも、スプリングトレーニングでは5試合で2勝、防御率1.77と好投し、開幕投手の座を勝ち取った。

 SP フィル・ヒューズ:RHP
抜群のコントロールを持つストライクスロワー。そのため四球数が少ない。14年に初の200イニングにK/BB=11.63、FIPも2.65とMIN移籍を機に開花したと思われたが、昨シーズンは成績悪化。イニングは50以上減り、奪三振は186→94。前年16本だった被本塁打はリーグワーストタイの29被本塁打とNYY時代と同じく一発に苦しんだ。

SP カイル・ギブソン:RHP
198cmの長身から低めにシンカーを集め、ゴロの山を築く投球スタイル。昨年は194.2イニングを投げ防御率3.84、11勝11敗の成績をマークした。200イニングをクリアしたいところ。

SP トミー・ミローン:LHP
12年、13年にOAKで2年連続2桁勝利を挙げた左腕。速球の平均球速は87.7マイルと遅い方だが、変化球を交え内外角に揺さぶり打ち取る。成績は平凡だが、24登板23先発で128.2イニングしか投げられなかったのは課題。

SP リッキー・ノラスコ:RHP
06年〜13年にかけて7度の2桁勝利を達成した33歳右腕。14年のMIN移籍以降は不振で、防御率は14年が5.38、昨シーズンが6.75と全く戦力にならず。4年49Mの契約は現時点では失敗だったと言わざるをえない。

SP* ホセ・ベリオス:RHP
MINの未来を背負う将来のエース候補。過去2年連続でフューチャーズゲームで先発。昨年はAA/AAAで14勝5敗、防御率2.87でマイナー最多の175奪三振を記録。K/BBは4.61だった。エース不在のツインズローテーションなので、シーズン終盤にはベリオスが中心となっている可能性もある。

 

RP ケイシー・フィーン:RHP
コントロールが自慢のリリーフ右腕。フライ系。3年連続の60イニング以上となる63.1イニングを投げ、8与四球と四球から崩れることが少ないのは魅力。

RP フェルナンド・アバッド:LHP
マイナー契約で加入も開幕25人枠入り。過去2年間はOAKで60試合以上に登板。一方で14年は防御率1.57と好投も、昨シーズンは防御率4.15。FIPは5.50と散々な成績だった。

RP トレバー・メイ:RHP
昨シーズンは8勝9敗、防御率4.00と平凡な成績だったものの、16先発で4勝8敗、防御率4.43に対して32回のリリーフ登板で防御率2.87と好投。リリーフに適性を見出した。今シーズンは開幕から重要なリリーフとして活躍が期待される。

RP ケビン・ジェプセン:RHP
昨シーズンはTB/MINの2チームでリーグ最多の75試合に登板。特にMIN移籍後の29試合では防御率1.61と活躍。今シーズンはクローザーのパーキンスに繋ぐセットアッパーとして8回を任される予定だ。

 CL グレン・パーキンス:LHP
地元出身のフランチャイズプレイヤー。5年連続60試合以上登板、3年連続30S&オールスター選出のMINの守護神。速球とスライダーの2球種をメインに打ち取っていくスタイル。奪三振が年々減少気味なのと、昨年対左打者の被OPSが.850と苦戦したことが気がかり。

 

Text by Shirai Kazuki
本拠地図面:Yakyujo.com
写真: https://flic.kr/p/wKpnoG

1 2

コメントを残す