MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 Mock Draft:1~20

18510911574_447c1bcfb3_z

 

 

 

 

 

 

 

 

7.マイアミ・マーリンズ
ライリー・ピント:RHP セントトーマス・アキナス高校

高校生ナンバーワン右腕。特筆すべきはコンスタントに93~97マイルを叩き出し、最速は102マイルにも達するストレート。非常に力があり、打者をねじ伏せる。パワーカーブ、チェンジアップもプラスの評価。しかし、フォームにまとまりがなく、コマンドに難がある。これから先コマンドを改善することができるかがカギとなる非常にハイシーリングな投手。

8.サンディエゴ・パドレス
カイル・ルイス:OF マーサー大学

 右のジェーソン・ヘイワード(CHC)とも称される大学生外野手。守備面ではヘイワードより劣るものの、パワー面はヘイワードより上と見られている。今年はここまでOPS 1.274、ホームラン17本を記録。四球も昨年の3倍以上選べている。スピードツールは平凡で、盗塁死も多い。守備面では、センターに留まることができるとの意見もあるが、ライトに回ることになるだろうとの意見が多数。

9.デトロイト・タイガース
ダコタ・ハドソン: RHP ミシシッピ州立大学

今年に入り評価をうなぎ上りに上げている大学生右腕。リリーフに専念した昨シーズンはK/9=14.04ながらBB/9=5.94と制球が課題であった。しかし先発へ再転向した今季は、K/9=9.24、BB/9=2.65と制球力が劇的に改善された。シンカー気味の最速97マイルのストレートと80マイル後半のスライダーが最大の武器。6フィート5(195cm)の上背からもフロントラインスターターになりうる。

 

1 2 3 4 5 6 7

コメントを残す