MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 Mock Draft:1~20

18510911574_447c1bcfb3_z

 

 

 

 

 

 

 

 

10.シカゴ・ホワイトソックス
ジョーダン・シェフィールド:RHP バンダービルド大学

 小柄ながらも最速98マイルのストレートが武器の大学生右腕。2014年にトミージョン手術を受けており、その影響からか昨シーズンはBB/9=6.45と制球に苦しんだが、今シーズンはK/9=10.03、BB/9=3.28をマーク。ストレートは試合終盤にも球威が落ちず、スライダーとチェンジアップも高評価を受ける。しかし、その体格とケガ歴から耐久性には疑問。兄のユスタスは2014年CLE1巡目指名。

11.シアトル・マリナーズ
ミッキー・モニアック:OF ラコスタ・キャニオン高校

優れたバットコントロールと守備がウリの高校生外野手。広角にライナー性の打球を打ち分けるバッティングセンスは評価が高い。また、守備面ではスピードを生かした広い守備範囲を持ち、センターでゴールドグラブを取れると見られている。クリスチャン・イエリッチ(MIA)と比較する声も。

12.ボストン・レッドソックス
ジョーイ・ウェンツ:LHP シャウニー・ミッション東高校

投打に非常に高いポテンシャルを秘めた高校生。6フィート5(195cm)の体格から投げ込まれる最速95マイルのストレートが武器。セカンドピッチの チェンジアップとカーブも高い評価を受ける。打者としても、昨年シンシナティで行われたジュニアホームランダービーで543フィート弾を放つなど素晴らし い才能を持つ。

 

1 2 3 4 5 6 7

コメントを残す