MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 Mock Draft:1~20

18510911574_447c1bcfb3_z

 

 

 

 

 

 

 

 

16.ロサンゼルス・エンゼルス
ドールトン・ジェフリース:RHP カリフォルニア大学

 今シーズン圧巻の成績を残している大学生右腕。シーズン中盤に肩の張りなどで1か月ほど登板がなかったため6試合の登板にとどまったが、その内容は防御率1.29、K/9=10.07、BB/9=1.29と素晴らしいものだった。最速95マイルのストレートにスライダー、チェンジアップを交える投球スタイル。元々ショートを守っていた。

17.ヒューストン・アストロズ
フォレスト・ウィットリー:RHP アラモ・ヘイツ高校

 高校生右腕ではピントに次ぐ評価を受ける。6フィート7(200cm)の上背から投げ込まれるストレートは最速97マイルで、カット気味に変化する。80マイル前半のカーブはよくスピンがかかっており、落差も大きい。今春強化されたチェンジアップも平均以上。大柄な体格ながらボディーコントロールは良く、デリバリーの再現性も高い。

18.ニューヨーク・ヤンキース
エリック・ラウアー:LHP ケント州立大学

 最速94マイルのカット気味に変化するストレートにスライダー。チェンジアップ、カーブを交える投球スタイル。変化球はいずれも平均以上の評価を得ている。メカニクスも安定しており、テンポよくストライクを取れる。今シーズンはK/9=10.99、BB/9=2.37。ハイフロアー型であり、将来はローテーション半ばぐらいの素材と見られている。

 

1 2 3 4 5 6 7

コメントを残す