アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2016 Draft Review : アメリカン・リーグ東地区

14162870370_1a59b95487_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ボストン・レッドソックス

 

12:ジェイソン・グルーム:バーニガット高校:LHP:195cm/90kg

今ドラフトにおいて実力、将来性で最も高い評価を得ていたタレント。速球は常時93~94マイルをマークし、最速で96マイルにもなる。ベストピッチであるカーブは非常に曲がりが大きく打者に手を出させないことも多い。それほど投げないチェンジアップも素晴らしいアームスピードから投じられ、平均もしくはそれ以上のボールとなっている。メカニクスはクリーンで力感もなく故障のリスクも少ないように見える。クレイトン・カーショー(LAD)並の投手になれる可能性を大いに秘めている。ホームシックに陥るといった精神面での不安が残る。

 

1:C.J.チャッサム:フロリダアトランティック大学:SS/3B:192cm/83kg

 

打撃では優れたコンタクトスキルに評価を得ており、高いアベレージを残すことができる。年々三振を減らし四球を増やすことに成功しているアプローチのよさも高評価。パワーレスな部分が玉に瑕。本塁打を2桁打つことは難しいだろう。強肩と広いレンジを併せ持つ守備の評価も高く、長くSSのポジションに留まることも可能だろう。スピードは平均程度で盗塁を期待することはできない。3Bの経験もあるため将来像は内野のユーティリティプレイヤーか。

 

88:ショーン・アンダーソン:フロリダ大学:RHP:195cm/102kg

大学ではA.J.パクやローガン・ショアの後を抑えるクローザーを務めていた。リリーフでなら速球は最速95マイルをマークする。80マイル後半のカッターと80マイル前半のスラーブは平均かそれ以上のレベルにあるが、チェンジアップは平均以下。今シーズン、大学で先発転向も考えられていたが実現はせず。球種が4つあり、プレート付近に集めるコントロールもあり、体格も先発として投げるには十分だが、昨夏のケープコードリーグでは先発としてはイマイチな成績しか残せておらず大学と同じくブルペンが最適のポジションだろう。

 

1 2 3 4 5

コメントを残す