MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 Draft Review:アメリカン・リーグ中地区

25951029541_722db554e1_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ミネソタ・ツインズ

15:アレックス・キリロフ:プラム・シニア高校:OF:185cm/88kg

パーフェクトゲームのホームランダービーで優勝したパワーが魅力のハイシーリングなタレント。シンプルなスイングから生み出されるバットスピードの速さは高校生離れしており、どの方向へも本塁打を打てるだろうとも言われている。打撃はおおざっぱではなく、打席ではリラックスしてボールを見極め対応することが可能。OF守備は最近1Bから移ったことを感じさせない程度には守れる。高校ではCFを守っていたがプロではコーナーに移るとの見方。肩の強さは平均以上のため将来はRFか。

56:ベン・ローベット:ベローナ・エリア高校:C:177cm/86

今ドラフトの高校生Cの中では最も評価が高かったタレント。最大の魅力はがっしりとした下半身に支えられたスイングから生み出されるパワー。シーズン20本塁打も可能だろう。引っ張った時のライナーの打球速度は尋常ではない。守備では肩の強さとリリースの早さは高評価だが、キャッチングとブロッキングはまだまだ。それでも改善の一途をたどっており、将来もCとして出場することが可能と言われている。

73:ホセ・ミランダ:リーダーシップ・クリスチャン・アカデミー:SS/3B:187cm/81kg

ヒッティングに高評価を得るハイシーリングなプエルトリカン。現在はSSとしてプレーしているが、将来身長に見合った体重がついた時の事を考えると3Bに移るものと予想されている。今後体重をつけ、パワーも身に着ければ3Bとしてもバリューは落ちないとの見方。スピードツールは平凡だが、グラブ捌きは上手くIFには残れるだろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/FxcNXP

1 2 3 4 5

コメントを残す