トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

2016 Draft Review:ナショナル・リーグ中地区

2757695775_8591403eaf_z

 

 

 

 

 

 

 

 

シカゴ・カブス 2016ドラフトまとめ
シンシナティ・レッズ 2016ドラフトまとめ 
ミルウォーキー・ブルワーズ 2016ドラフトまとめ
ピッツバーグ・パイレーツ 2016ドラフトまとめ
セントルイス・カーディナルス 2016ドラフトまとめ 

 

  *順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重

  • シカゴ・カブス

104:トーマス・ハッチ:オクラホマ州立大学:RHP:183cm/86kg

 今年カムバックを果たした右腕。昨年肘の靭帯を損傷したが、手術を受けないことを選択。1年間治療に専念し、今年の春復帰した。ケガにより、スリークォーターへと変化したフォームから投げ込まれるストレートは91~94マイルで最速は96マイルに達する。シンカー気味に変化するため、バットの芯を外し、ゴロを量産することができる。80マイル前半のスライダーは、両サイドに投げ分けることができ、評価が高い。チェンジアップも平均レベル。コントロールも悪くなく、容易にスターターとしての段階を踏んでいけるだろう。

134:タイソン・ミラー:カリフォルニア・バプテスト大学:RHP:193cm/88kg

 2部リーグ所属の無名大学から現れた彗星。トッププロスペクトが参加する昨夏のCape Cod Leagueでは、25イニングを投げ、K/9=10.44、BB/9=2.16と優れた成績を残した。193cmの上背からスムーズなアクションで投げ込まれるストレートは最速93マイル。スライダー、チェンジアップも平均レベル。アグレッシブにストライクゾーンを攻める投球スタイルで、テンポよくストライクが取れる。プロに入り、整った環境でどれだけ進化を遂げるか楽しみな選手である。

164:ベイリー・クラーク:デューク大学:RHP:195cm/95kg

 昨夏のCape Cod Leagueでは3試合に先発。3勝0敗、防御率0.56の好投を見せた。しかし、今シーズンに入ってから球速とコマンドが低下。最終的に今シーズンは15試合に投 げ、K/9=9.71ながらもBB/9=3.94と安定感を欠いた。好調であればストレートは最速99マイルに達するが、平均は90マイル中盤で沈むよう なアクションを見せる。83-86マイルのスライダーは評価が高い。しかし、デリバリーに難があり、それが球速の維持と制球力に悪影響を与えている。プロ ではブルペンに回るとの意見が多数であり、スターターとしてやっていきたいならばサードピッチのチェンジアップの改善が急務である。

 

1 2 3 4 5

コメントを残す