トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

2016 Draft Review:ナショナル・リーグ中地区

2757695775_8591403eaf_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ミルウォーキー・ブルワーズ

5:コリー・レイ:ルイスビル大学:OF:180cm/84kg

素晴らしい身体能力を持つ5ツールプレーヤー。打撃面では、優れたバットスピードからパワーとアベレージ両面を兼ね備える打撃を見せる。昨年K/BB=2.50と荒かったアプローチも今年はK/BB=1.14と改善され、さらに洗練された打者へと成長。20-80スケールで60の評価を受けるスピードは素晴らしく、特に盗塁センスは抜群。今年は44個の盗塁を記録したが、その成功率は100%だった。大学ではライトを守るが、プロレベルでもセンターを守れる能力は十分にある。アームがもう少し強ければなお良しといったところか。30-30を達成できるポテンシャルは十分にあり、将来像はアンドリュー・マカッチェン(PIT)との声も。

46:ルーカス・アーシズ:メンロ大学:3B:188cm/90kg

 パワーに定評のある三塁手。大学1,2年生の時はカリフォルニア大学に所属していたが、今年格下のNAIAに所属するメンロ大学へ転校した。今年は.308/.351/.639、ホームラン20本を放ったが、リーグのレベルからなんとも判断し難い。ちなみに大学2年時はOPS.859、ホームラン11本を記録している。スピードは平均を下回るレベルで、三塁守備も平均レベルだが、メンロ大学のクローザーとして93~94マイルを叩き出す強肩の持ち主である。

75:マリオ・フェリシアーノ: カルロス・ベルトラン・ベースボールアカデミー:C:185cm/90kg

プエルトリコ出身の捕手。打撃面では、パワーツールの評価は低いもののスイングには力があり、ホームランを打てるポテンシャルは持っている。アプローチはソリッドで、平均レベル。スピードは捕手としてはまだある方だが、平均を下回るレベルである。アームは平均的だが、捕手としての守備力はまだまだで、そこを伸ばせるかが捕手として残れるかの鍵になってくるだろう。残れなければレフトに回ると言われるが、そのためには打撃面でレベルアップしていく必要がある。

 

1 2 3 4 5

コメントを残す