MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 Draft Review:ナショナル・リーグ中地区

2757695775_8591403eaf_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ピッツバーグ・パイレーツ

22:ウィル・クレイグ:ウェークフォレスト大学:3B:190cm/106kg

ビリー・バトラー(OAK)とも比較される巨漢スラッガー。打撃に関しては言うことなしで、パワーに関してはメジャーで20HRを打てるレベル。選球眼も良く、高出塁率を残せると見込まれる。今シーズンのスラッシュラインは.379/.520/.731、ホームラン16本と上々だった。その巨体からスピード、守備力に関しては平均を大きく下回るが、アームはマウンドから94マイルを投じるほどの強肩。そのアームは三塁守備には生きるだろうが、やはりその体格からメジャーレベルではファーストに落ち着くだろう。

41:ニック・ラドロ:ダミアン高校:LHP:198cm/81kg

長身のサウスポー。ストレートは92~93マイルを記録したこともあるが、普段は88~90マイル。コマンドは平均レベルだが、ゾーンを攻めることができる。変化球はまだ発展途上だが、時折アウトピッチになりうるポテンシャルを見せ、これからに期待が持てる。ハイリスク・ハイリターンと評価される通り、シーリングは高い選手である。

68:トラビス・マクレガー:イーストレイク高校:RHP:190cm/81kg

公式トップ200位外の高校生投手がこの順位でランクイン。今年に入り、ストレートの平均球速が80マイル後半から90~92マイルへアップ。最速は94マイルにも達する。今シーズンは54イニングを投げて奪三振82、防御率0.92と支配的なピッチングを披露した。変化球はチェンジアップとカーブの2球種。チェンジアップは平均レベルの評価を受ける。カーブも、ストライクゾーンに収められるほどのボールではある。

 

1 2 3 4 5

コメントを残す