トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

2016 Draft Review:ナショナル・リーグ東地区

27497859661_b4274c01ac_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • マイアミ・マーリンズ

7:ブラクストン・ギャレット:フローレンス高校:LHP:190cm/86kg

今ドラフトクラスの高校生では最高のカーブの持ち主。70マイル後半のこのカーブは落差が大きく厄介なボールで、すでにプロレベルに達しているとの声も。ストレートは90マイル前半で、プラスのチェンジアップも持ち合わせている。メカニクスもスムーズで、制球も安定している。ローテーション2番目ほどのシーリングはあるとみられており、その一方で高校生ながらハイフロアー型ともみられている。

84:トーマス・ジョーンズ:ローレンス高校:OF:193cm/88kg

20-80スケールで70の評価を受けるスピードが魅力の外野手。そのスピードを生かした走塁能力は高く、守備範囲も広い。アームは平均レベルとの評価だが、外野ならどこでも守れる能力がある。一方、打撃面ではアベレージもパワーも平均以下であるが、レベルスイングを少しアッパー気味にできれば改善されるのではないだろうか。高校ではアメリカン・フットボールもプレイし、複数の名門大学からオファーを受けたレベル。

113:ショーン・レイノルズ:レドンド高校:RF:201cm/93kg

高校では昨シーズン、投手として7-0 ERA1.23をマークした一方で打者としては打率.380、9本塁打、34打点をマーク。投手としては90マイル前後のムーブの効いたストレートにカーブ、スライダー、チェンジアップを操る。打撃面ではアベレージとパワーの両面を兼ね備え、選球眼も良い。大柄な体格のためスピードはないが、アームはRFで十分通用するレベル。球団は野手として指名し、本人も「毎日試合に出られることは楽しみ」とコメント。クレイ・バックホルツ(BOS)のノーヒッターを球場で観戦したことがある。

 

1 2 3 4 5

コメントを残す