開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 Draft Review:ナショナル・リーグ東地区

27497859661_b4274c01ac_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ニューヨーク・メッツ

19:ジャスティン・ダン:ボストン大学:RHP:188cm/77kg

ヨーダノ・ベンチュラ(KC)とも比較される右腕。コンスタントに92~95マイルを叩き出すストレートはムーブが効いており、スピードガンでは99マイルをマークしたことも。カーブとスライダーは平均レベルだが、チェンジアップは要改善。コマンドも現時点では不安定。今シーズンは18試合に登板し、そのうち8試合が先発。トータルでK/9=9.87、BB/9=2.47をマークした。先発に限っても、K/9=8.99、BB/9=2.75の成績であり、スターターとしては問題ないだろう。

31:アンソニー・ケイ:コネチカット大学:LHP:183cm/85kg

ストレートは最速95マイルに達するが、平均は常時91マイル程度。ゾーンをいっぱいに使った投球スタイルだが、決め球に使える球種がないのが難点。スライダーは平均以下で、チェンジアップは質が高いもののリリースポイントの低さから有効なボールとは言い難い。マーク・バーリーと比較されるが、メジャーで活躍するには変化球の向上が必須であろう。

64:ピーター・アロンソ:フロリダ大学:1B:188cm/102kg

パワーに定評のある一塁手。今シーズンは本塁打14本を放ち、.374/.469/.659のスラッシュラインを残した。オープンスタンスに変更したことで、選球眼が改善され、より安定したバッティングができるようになった。スピードは全くないが、フットワークとグラブさばきは悪くなく、アームも問題ないので一塁手としての守備力は平均レベル。

 

1 2 3 4 5

コメントを残す