開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 Draft Review:ナショナル・リーグ東地区

27497859661_b4274c01ac_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ワシントン・ナショナルズ

28カーター・キーブーム:ウォルトン高校:3B:188cm/77kg

質の高いスイングからパワー、アベレージ両面を兼ね備えた打撃が魅力。昨夏のUnder Armour High School All-America Gameでは、ライリー・ピント(COL)の98マイルをライト前に弾き返した。高校ではショートを守っているが、プロレベルではサードに回るだろう。スピードは平均を下回る。兄のスペンサーもナショナルズ傘下のマイナーに所属するキャッチャー。

29:デーン・ダニング:フロリダ大学:RHP:190cm/86kg

平均92~93、最速95マイルに達するムーブの効いたストレートが最大の武器。チェンジアップは平均以上の評価を受けるが、スライダーは平均以下。制球は平均レベルだが、アームアクションが早く時折ボールを低めに集めるのに苦労する。今シーズンは33試合に登板し、K/9=10.07、BB/9=1.37。ほとんどがリリーフだが、それにはスターターに豊富なタレントが揃うチーム事情が背景にあるもので、十分スターターとしての能力はある。

58:シェルダン・ノイズ:オクラホマ大学:SS:183cm/88kg

今年に入りアプローチと選球眼が向上。スラッシュラインは前年の.275/.342/.424から.369/.465/.646と劇的な変化を遂げた。本塁打10本を放つなど、平均レベルのパワーもある。スピードも平均レベル。大学ではショートを守るが、俊敏さに欠けるためプロレベルではサードに回るだろう。マウンドから94マイルを叩き出す強肩の持ち主であるため、キャッチャーへのコンバートもあるかもしれない。

 

Text by  Masaaki Mizoguchi
写真:https://flic.kr/p/HTTHED

1 2 3 4 5

コメントを残す