2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

             2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦し More »

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

             シーズン開幕前は昨シーズンの最下位から大きな補強もなく、今シーズンも苦戦が予想されていた。しかしながら、ここまでオールスター前は48勝 More »

夢へのスタート地点が人によって違うということ―ジミー・ガバーンとCJ エイブラムスの場合―

             アイダホ・フォールズ・チューカーズ(KC傘下)にジミー・ガーバン(2B)という選手が所属している。1996年11月11日生まれの22歳 More »

 

Weekly Report:Week-13

001H9725

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-13のキーワードは「雨」「ベイブリッジ・シリーズ」「ボルティモア・オリオールズ」だ。

 

本でも梅雨前線の影響で毎日のように雨が降っているが、先週の始めアメリカでも東海岸を中心に降った激しい雨が試合に影響を及ぼした。

最も雨に翻弄されたのはヤンキースタジアムで行われたテキサス・レンジャーズ対ニューヨーク・ヤンキース戦だろう。この日は5-6とヤンキースが1点リードで9回の表を迎えクローザーのアロルディス・チャップマンがマウンドへと向かった。

先頭打者に四球を与えると、激しくなる雨の影響か次の打者の秋信守に対しても3-1とカウントを悪くしてしまう。ここでさらに雨は激しさを増し審判も中断を決定。タープがフィールドに敷かれ球場にいる全員が雨が止むのを持つこととなった。

ここからが長かった。雨は一向に止む気配を見せず待てど暮らせどグラウンドには大きな雨粒が落ちてくる。結局試合が再開されたのは中断を決定してから3時間35分後、時計は午前2時を回っていた。

クローザーのチャップマンはベンチへと下がり、代わりにカービー・イェーツがマウンドへと上がった。イェーツは3-1のカウントのままだった秋を見逃しの三振に打ち取るものの続くイアン・デズモンドとノマー・マザーラには2者連続で死球を与え1死満塁。4番のエイドリアン・ベルトレーにはタイムリーを浴び2者が帰って逆転となった。

レンジャーズは更に2点を加え3点差とすると9回裏のマウンドにはサム・ダイソンを送り、無事勝利を得た。もし、雨が降っていなかったら、もしくは、より早く審判が中断を決定していればチャップマンが途中で降板することはなくヤンキースは勝利を手に入れることができたのかもしれない。

翌日の28日にはMLB公式のプロスペクトランキングで全体1位との評価を受けるワシントン・ナショナルズのルーカス・ジオリトのメジャー初登板初先発の試合がナショナルズパークで行われた。ジオリトは家族が見守るなか4回無失点と好投をしていた。

しかし、4回裏の途中で雨が激しくなり試合は中断に。1時間25分後に試合は再開されたが、ジオリトが5回表のマウンドに立つことはなくメジャー初勝利はおあずけとなった。

場合によっては恵みの雨にもなるができるなら雲一つない快晴の下、万全のグラウンドコンディションでプレーをしてほしいものである。

 

1 2 3

コメントを残す