アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

Weekly Report:Week-14

Boston Red Sox at Baltimore Orioles April 28,  2011

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-14のキーワードは「フォートブラッグ」「デビッド・オルティズ」「ホセ・レイエス」だ。

 

  • フォートブラッグ

地時間の7月3日、米プロスポーツ界に新たな歴史が刻まれた。米プロスポーツ史上初めての軍事施設内での公式戦がノースカロライナ州にあるフォートブラッグ陸軍基地で行われたのである。

同基地は2011年にオバマ大統領がイラク戦争終結を宣言する演説をしたことでも知られている。この試合は4日の米国独立記念日を祝う行事の一環として行われたもので、どちらもナ・リーグの東部地区に所属する、マイアミ・マーリンズとアトランタ・ブレーブスが対戦した。

基地内に存在する野球場はこの試合のために建設されたものであり、12,500人収容の客席は軍人やその家族によって埋め尽くされた。12年もの間、軍の公務を行っているクリスティーナ・ダグラス氏はこの試合に対し「私が経験した中で最も意義のある出来事である」と賞賛した。また、現役の米軍の海兵隊員の弟を持つ、マーリンズのクリスチャン・イェリッチが試合前に「私と私の家族にとってこの試合は特別な ものとなるだろう」とコメントを残していることからもこの試合の意義がうかがえる。

試合は4回までは両チームともに無得点が続いたが、5回にマーリンズがアデイニー・エチャバリアの三塁打でチャンスを作ると、1番のJT・リアルミュートがタイムリーヒットを放ち、1点を先制。さらにイェリッチのタイムリーヒットでもう1点を加え、2-0とする。打線が好調なマーリンズは7回、8回、9回と得点を重ね、試合は5-0になる。9回裏にブレーブスがなんとか2点を返すも及ばず、結局5-2でマーリンズが勝利を収めた。 6回を4安打無失点に抑える好投を見せたアダム・コンリーが5勝目をあげた。 今回の試合や一昨年のオーストラリアでの開幕戦などメジャーリーグは多くの取り組みを行っている。これからも新たな取り組みが行われることを楽しみにしたい。

 

1 2 3

コメントを残す