開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

Weekly Report:Week-14

Boston Red Sox at Baltimore Orioles April 28,  2011

 

 

 

 

 

 

 

  • オルティズ

地時間の14日、今シーズン限りでの引退を開幕前に発表した「ビッグ・パピ」こと ボストン・レッドソックスの主砲デビッド・オルティズが歴史的な大打者達に肩を並べた。

15年連続で20本塁打以上という快挙を達成したのである。これはメジャーリーグの歴史の中でも歴代3位タイの記録であり、同3位にはメジャー歴代5位の通算660本塁打を誇るウィリー・メイズや73本塁打のシーズン記録、762本塁打の通算記録など本塁打にまつわる様々な記録を持つバリー・ボンズ、現役最多の本塁打数を誇るアレックス・ロドリゲスとそうそうたる選手達が名を連ねる。

また、この記録の2位は16年連続でベーブ・ルース、同1位は20年連続でハンク・アーロンであり、この記録がどれ程素晴らしいかわかるだろう。

しかし、オルティズのプロ生活は決して順風満帆ではなかった。 オルティズは今から24年前の1992年にシアトル・マリナーズと契約を結びプロ生活をスタートさせた。その後、96年にミネソタ・ツインズに移籍すると翌年メジャーデビューを果たしたが、期待されたような結果を残すことができずにいた。

初めてシーズン20本塁打を達成したのはツインズでの最終年の2002年で、この時オルティズはすで に26歳であった。そして、この頃怪我も多かったオルティズはレッドソックスに放出されてしまう。しかし、レッドソックスに移籍してからは見違えるような好成績を残し始め、大きな怪我もなく、今シーズンまで14年間連続で20本以上の本塁打を放ち続けた。さらに、2006年には54本塁打を放ち、本塁打王のタイトルも獲得している。

40歳を超えても素晴らしい成績を残し続けるオルティズ。今後もし引退を撤回し、来シーズン以降も現役続行するのであれば、「野球の神様」ベーブ・ルースの16年連続に並ぶ可能性は大いにある。この記録も頭の片隅において、今後のオルティズの去就に注目したい。

 

1 2 3

コメントを残す