開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

Weekly Report: Week-15

41718856_16ca99d449_z

 

 

 

 

 

 

 

  • ホームランダービー

地時間11日にオールスターゲームの前夜祭としてホームランダービーが開催された。去年のチャンピオンであるシカゴ・ホワイトソックスのトッド・フレイジャーや現在両リーグを通じてホームラントップのボルティモア・オリオールズ、マーク・トランボ選手ら8人が参加した。

日本のオールスターのホームランダービーとは形式が違い、決められた時間で何本ホームランが打てるか、で勝負がつく。1回戦からコリー・シーガー対マーク・トランボなど、目白押しの対決が続き、決勝ではトッド・フレイジャー対ジョンカルロ・スタントンの対決となり、20本のホームランを打ったスタントンが勝利した。スタントンが打ったホームランの中には、飛距離497フィート(151メートル)にも及ぶホームランもあり、観客を圧倒させていた。今後も彼らが描く放物線に目が離せない。

 

 

1 2 3

コメントを残す