開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

Weekly Report: Week-19

7911023326_ce90e2274f_z

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-19のキーワードは「ブランドン・クロフォード」「契約」「ニューヨーク・ヤンキース」だ。

 

  • クロフォード

異的な記録だ。米国時間8月8日、マーリンズ・パークで行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ対マイアミ・マーリンズ戦で、ジャイアンツのブランドン・クロフォードが1試合7安打を記録した。チームは延長14回の末、8対7で勝利した。

1試合7安打はMLB史上4人目の記録だ。前回の達成者が1975年のレニー・ステネットなので、実に42年ぶりの快挙となる。また、今回クロフォードは、14回表に勝ち越しタイムリーを放っての達成で、他の達成者も多くは延長戦での達成がほとんどだが、ステネットはなんとわずか9イニングで7安打を放った。ちなみに1試合における選手一人の安打数のメジャー記録は、1932年にジョニー・バーネットが記録した9安打だ。

 

クロフォードは、もともとバッティングに関してはそこまで評価の高い選手ではなかった。143試合に出場しメジャー定着を果たした2012年も、DRSは+12を記録したが、OPSは.653であり、どちらかというと守備で価値を生み出していく選手だった。マイナー時代の打撃成績も平凡だったので、成長の余地はあるとはいえ、バッティングに関してはそこまで大きな期待を受ける選手ではなかった。

ところが2014年のシーズンは、年間のOPS.713、OPS+104を記録、またHRを自身初の2桁に乗せるなど、ショートとしては平均以上の打力があることを証明した。

そして2015年、クロフォードは大躍進を遂げることとなる。この年は年間OPS.782、OPS+113を記録するだけでなく、HR20本を放ち、自身初のオールスター出場を果たした。さらには、2年連続でアンドレルトン・シモンズが受賞していたゴールデングラブ賞、シルバースラッガー賞も受賞。ともに両リーグトップだったfWAR、
rWARとともに、クロフォードの活躍を示すこととなった。


そして迎えた今シーズン。現地時間8月14日時点で地区首位のチームとともに、クロフォードも好調を維持している。もちろん、1試合7安打は単に実力の問題以上に運の要素も強いだろう。しかし、延長14回、勝ち越しのチャンスに打席に立っていること自体が彼がチームにとって欠かせない選手の一人となった証拠である。

 

1 2 3

コメントを残す