MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 Playoff Preview:ワシントン・ナショナルズ

26103322622_1c30b5ebd8_z

 

 

 

 

 

 

 現地時間9月24日、ナショナル・リーグ東地区のワシントン・ナショナルズがピッツバーグ・パイレーツを下し2年ぶりの地区優勝を果たした。同じく2年ぶりとなるプレーオフを戦うナショナルズの長所と短所を見ていきたい。

 

 まずは長所から見ていこう。

「トレイ・ターナー

チームの長所に選手を1人、しかも、ルーキーを挙げるべきではないかもしれないが、それほどの実力や勢いというものが今のターナーにはある。昨シーズンのメジャー昇格から今シーズンは少し間を置いて6月に昇格した若きスーパースターは今やチームの核になりつつある。

打撃、守備、走塁という野球の全ての側面でこれほどのインパクトを残せる選手はそう多くない。打てばハイアベレージを残し、長打も量産。守っては本職ではないため慣れていないはずのCFでスーパーキャッチを披露。走っては多くの盗塁を決め、次の塁を果敢に狙い三塁打を生み出す。これほどの能力を持ったルーキーの登場はマイク・トラウト以来の衝撃と言っていいだろう。プレーオフでは試合の展開を変えることが重要だ。これなら勝てるとチームの士気を上げるプレーが必要になる。そういったプレーをどの場面においても見せることができるのがターナーという選手だ。

場数を踏んでいないプレーオフ未経験のルーキーに期待を抱きすぎてはいけないが、ターナーほどの能力を持っている選手にはどうしても期待がかかってしまう。その理由が故障者の続出だ。今ナショナルズは中心選手の故障者が相次いでいる。程度の差こそあれ少なからずプレーオフに影響を与えることになる。ターナーは長所であるとともにナショナルズの希望の星でもある。ターナーが持っている能力を存分に発揮すればチームの起爆剤となりプレーオフを勝ち進むカギになることは間違いない。

 

「控え野手」

ナショナルズは控え野手が実に豊富である。もちろん、アンソニー・レンドンやダニエル・マーフィーらのレギュラー野手も素晴らしい成績を残していることは間違いない。ここで主張したいのは普通ならばレギュラー野手と控え野手の実力差は大きく、控え野手が出場すると一気にそのポジションがウィークポイントになるのだが、ナショナルズはそうではないということだ。

スティーブン・ドリューやホセ・ロバトン、クリス・ハイジーという経験豊富な選手から、ウィルマー・ディフォー、ペドロ・セベリーノといったルーキーも控えにしておくにはもったいない成績を残してきている。ドリューはここ数年続いていた低打率から抜け出しOPSも.800以上をマーク。2B/3B/SSの3つのポジションをこなし各ポジションの選手の負担を軽くすることにも一役買っている。ハイジーは低打率ながらも、少ない出場機会で自慢のパワーを発揮し153打席で9本塁打をマーク。守備も悪くなく、DRSも-1に留めている。ディフォー、セベリーノらもルーキーにしては上出来の成績を残しており、この2人が守るポジションで故障者が出たためプレーオフでの出場機会も少なくはないかもしれない。

 

「投手陣」

ナショナルズは投手陣そのものが強みだ。先発、ローテーション共にかなりの層の厚さを誇っている。先発とリリーフの防御率はどちらもナショナル・リーグで2位の数字を残している。先発ではナショナル・リーグ最多投球回のエースであるマックス・シャーザーに、防御率で同8位につけているタナー・ロアーク、故障から復帰したジョー・ロスの3人の能力は高く、相手を圧倒する投球ができる。

また、ジオ・ゴンザレスも長い回を投げることができていないが、頭数に入れておいても悪くない投手だ。いざとなればルーキーのレイナルド・ロペスを先発させるというオプションもある。ロペスはレギュラーシーズンで先発として防御率5点台とあまりいい結果を残せておらず、リリーフとしてロースター入りする見込みだが、先発でイニング以上の三振を奪相手を圧倒した試合もありスポットで先発する可能性はあるだろう。

スティーブン・ストラスバーグが故障でディビジョンシリーズでは投げない可能性が高い中でこれほどの先発投手がいるのは心強い。

リリーフも30イニング以上投げて防御率が2点台である投手が6人いるため小刻みな継投策が可能。また、ジョナサン・パペルボンとオリバー・ペレスが不調だったため安定感のなかったクローザーとシチュエーショナルレフティーのポジションを、途中加入となったマーク・メランコンとマーク・ゼプチンスキーの2人でカバーすることができたので死角がなくなった。

 

1 2

コメントを残す