MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 Playoff Preview:ボストン・レッドソックス

28418527073_c3019da7ae_z

 

 

 

 

 

 

 

レギュラーシーズンは終わりを迎え、熱いポストシーズンが始まろうとしている。今回はアメリカン・リーグ東地区の覇者、ボストン・レッドソックスの注目すべき点をピックアップしよう。

 

  • 最後のビッグ・パピ

レッドソックスに取って2016年といえば、何と言っても”ビッグ・パピ”ことデビッド・オルティズのラストイヤーである。長らくチームを支え、ボストンから愛されたオルティズの最後の年に、レッドソックスは何としてもワールドチャンピオンで有終の美を飾りたいと考えているだろう。

オルティズの凄さは、引退する年に圧倒的な成績を残していることだ。今シーズンの成績は.315/.401/.620、OPSは1.021と1.000を超え、38HRで127打点を記録した。127打点はアメリカン・リーグの最多タイで打点王を獲得。今シーズンで引退する40歳の成績とはとても思えないほどの活躍だった。

ポストシーズンではキャリア通算でOPS.962、17HR、60打点を残している。本塁打数は史上7位タイ、打点数は史上5位だ。最後のポストシーズンでこの記録がどこまで伸ばせるかにも注目したい。

レッドドックスがオルティズの最後の花道を飾ることができるか、注目だ。

 

  • MLB1の打撃陣

今シーズンのレッドソックスといえばもちろん強烈な打撃陣が浮かぶ人が多いだろう。チーム打率.282、OPS.810、打点数836、その他にも得点数、出塁率、長打率、安打数、二塁打数、この全てで全30球団トップの数字をマークしたことを考えれば、メジャートップの打撃陣と評しても間違いはないだろう。

この打撃陣を注目すると、若手、中堅、ベテラン全てが結果を残す非常にバランスの良い野手陣であることに気付く。若手で印象的だったのは、急成長を見せ3割30本100打点をクリアした23歳のムーキー・ベッツを中心に、24歳の大型SSザンダー・ボガーツ、好不調の波はあったものの打撃で成長を見せた26歳のジャッキー・ブラッドリーjrなどがあげられる。試合数が少ないもののルーキーの22歳アンドリュー・ベニンテンディも楽しみだ。

中堅では200安打を超えた33歳ダスティン・ペドロイア、2008年以来の30本塁打にキャリアハイの111打点をマークした32歳のハンリー・ラミレスなどが名を連ねる。ベテランはもちろん、存在感抜群のオルティズだ。このように若手の勢い、中堅の安定感、ベテランの経験が混ざり強力打線を形成しているのである。ポストシーズンでもこの打線の勢いを止めるのは至難の技と言えるだろう。

 

  • 不安なクローザー

好調な打撃陣とは対照的に、投手陣には多少の不安が残る。先発陣はポストシーズンでは4人で回せるため、ある程度の計算は立つ。22勝を挙げたリック・ポーセロとデビット・プライスを中心に、9月に3勝と復調を遂げたクレイ・バックホルツ、4人目にはエデュアルド・ロドリゲスが起用される見込みだ。

一方で不安なのはクローザーだ。その不安が顕著に現れたのは、9月28日の優勝を決めたニューヨーク・ヤンキース戦だ。3点リードの完封ペースから一転、クローザーのクレイグ・キンブレルが3与四球と大荒れし1アウトも取れずに降板すると、後を継いだジョー・ケリーが2アウトにこぎつけながらもマーク・テシェイラにまさかのサヨナラ逆転満塁ホームランを被弾し、3対5で敗れた。この日2位のトロント・ブルージェイズが敗れたため、この試合で地区優勝が決まるという後味の悪い試合になってしまった。

主に勝ちパターンとして起用される36歳のブラッド・ジーグラーは9月、12試合に登板して無失点、40歳の上原浩治は11試合で無失点と好調だっただけに、最後がしっかりすればポストシーズンも安心できそうだ。

 

Text by Shirai Kazuki
写真:https://flic.kr/p/Kifo1H


コメントを残す