開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2016 NLWC Review

29544375143_251de4e62a_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間105日。アメリカンリーグに続いてナショナルリーグでもプレーオフの幕が開けた。ナ・リーグワイルドカードゲームの対戦カードはニューヨーク・メッツ対サンフランシスコ・ジャイアンツだ。シーズン最終盤まで繰り広げられた三つ巴のワイルドカード争いを制した2チームによるディビジョンシリーズを賭けた一戦であるため熱戦が予想された。それでは試合を振り返る前にメッツとジャイアンツがどのようなチームであったかをおさらいしておきたい。

 

  • ニューヨーク・メッツ

メッツの強みは投手陣にあると言えるだろう。先発陣、救援陣ともにリーグ3位のチーム防御率を記録(それぞれ3.613.53)。先発陣に関しては開幕当初にローテーションの柱として期待されたマット・ハービー、ジェイコブ・デグロムをはじめとしてスティーブン・マッツ、ザック・ウィーラーが離脱したもののマイナーから昇格してきたセス・ルーゴ(8先発で防御率2.68)、ロバート・グセルマン(7先発で防御率2.63)といった新人の奮闘やバートロ・コローン、ノア・シンダーガードが昨年以上の活躍を見せ高い水準を維持していた。

リリーフ陣はジェリース・ファミリアが51セーブ(セーブ成功率91.1)と守護神の役割を果たすと、アディソン・リードは80試合で防御率1.97、フェルナンド・サラスは移籍後17試合で2.08、他にも左殺しのジェリー・ブレビンスやハンセル・ロブレスらを揃え強力なリリーフ陣を形成していた。

野手陣はホームラン数がリーグ2位でヨエニス・セスペデスとカーティス・グランダーソンが30本塁打に到達したが、盗塁数42は同14位で機動力は使えず、出塁率.316は同12位、671得点は同11位と粗い打線であったことは否めない。

また、野手陣にも怪我人が続出した。正二塁手として23本塁打を放ったニール・ウォーカーのみならずデビッド・ライト、ルーカス・デューダ、トラビス・ダーノウ、ウィルマー・フローレスらが離脱。彼らはワイルドカードゲームの舞台に立つことができなかった。その上、今季途中に移籍してきたジェイ・ブルースはメッツ移籍後に極度の不振に陥った。T.J.とレネの2人のリベラやホセ・レイエスらが代役として奮闘したものの戦力ダウンとなってしまったのは仕方のないことだろう。

 

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ

ジャイアンツの最大の強みは何といってもポストシーズンでの経験値の豊富さだ。レギュラーシーズンで好成績を残していてもポストシーズンでは力を発揮できないというのは決して珍しいことではない。メッツは昨シーズンのリーグ覇者とはいえ経験値の面では過去6年でワールドチャンピオン3回のジャイアンツに軍配が上がるだろう。

特にエースのマディソン・バムガーナーは2年前のワイルドカードゲームにおいて敵地で4安打完封勝利を挙げており今回もその再現が期待された。野手陣に目を向けても過去3度のポストシーズンで全試合スタメンマスクをかぶっているチームリーダーのバスター・ポージー、2年前のワイルドカードゲームで先制のグランドスラムを放っているブランドン・クロフォードら経験豊富な選手が多い。

また、ジャイアンツはチーム防御率がリーグ4位とメッツ投手陣にも引けを取らない成績を残している。先発陣は先ほど述べたバムガーナー、昨シーズン、カンザスシティ・ロイヤルズで世界一を経験し、自身もワールドシリーズで完投勝利を挙げたジョニー・クエト、ジェフ・サマージャの三本柱は強力だ。救援陣は、レギュラーシーズンでは9度のセーブ失敗を数え不安定だったもののポストシーズン通算防御率0.95とポストシーズンで抜群の安定感を見せるサンティアゴ・カシーヤをはじめセルジオ・ロモや左殺しのハビアー・ロペス、ハンター・ストリックランド、新人のデレク・ロウ、ジャイアンツ移籍後に防御率2.95と好投を見せるウィル・スミスとこちらも役者は揃っている。

打線はブランドン・ベルトがキャリアハイとなる成績を残すとクロフォードはナリーグのショートとして2位となる打点84を挙げ、ポージーはOPS.796を記録したが、長打率リーグ10位と迫力に欠ける。得点力は決して突出しているとは言えないが、出塁率.329はリーグ4位と打線はつながりメッツよりも多くの得点を記録した。

 

1 2

コメントを残す