トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

World Series Review:Game-4

7354280664_f7bbbcb591_z

 

 

 

 

 

 

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可

Game4: CLE7-CHC2

勝ち:コリー・クルーバー(2-0) 負:ジョン・ラッキー(0-1)

ンディアンスが2勝1敗と勝ち越して迎えた第4戦。第3戦に続きリグレー・フィールドで行われた試合は、インディアンスが第1戦で好投を見せたエースのコリー・クルーバー、カブスはベテランのジョン・ラッキーを先発に立てた一戦となった。

前日0-1で完封負けを喫したカブスは、1回裏に先頭打者デクスター・ファウラーのツーベースヒットと幸先良くチャンスを作り、3番アンソニー・リゾーのタイムリーヒットで1点を先制。前日取れなかった1点を難敵クルーバーから初回に奪い、シカゴは盛り上がりを見せる。

このままカブスは流れに乗っていきたいと思った矢先の2回表、ラッキーがこれまでの1番から今日は4番に打順を変更したカルロス・サンタナにライトスタンドへの同点ホームランに浴びてしまい、同点にされてしまう。さらにこれにとどまらず、エラーと敬遠でランナーを出して2アウト1、2塁のピンチを迎えたところで、打席にはピッチャーのクルーバー。同点で終わるはずだったこの打席。クルーバーが放った打球はサードへのボテボテのゴロ。サードのブライアントが処理するも一塁は間に合わず、送球を一塁のリゾーがこぼしている間に2塁ランナーのチゼンホールがホームまで生還。逆転を許してしまう。

一刻も早く次の1点が欲しい両チームだがその後の攻撃は対照的なものとなってしまった。2回裏のカブスは1アウトからジェイソン・ヘイワードがヒットで出塁するも、続くはハビアー・バイエズがダブルプレーで3アウト。一方の3回表のインディアンスは、先頭のジェイソン・キプニスがツーベースヒットを放つと、続くフランシスコ・リンドーアがヒットを放ちすぐに追加点を挙げた。

追いつきたいカブスは4回、5回と立ち直ったラッキーが三者凡退に抑えるが、攻撃ではランナーは出すものの要所を抑えられ無得点が続く。

次に試合が動いたのは6回表だ。カブスのピッチャーがラッキーからマイク・モンゴメリーに交代すると四球とヒット、ゲッツー崩れの間にワンアウト1、3塁とインディアンスに得点のチャンスが訪れる。ここで6番チゼンホールがきっちりと犠牲フライを打ち上げ4点目。4-1となり、じわじわと点差を離すインディアンスにカブスは追い詰められる。6回裏のカブスも先頭のリゾーがツーベースヒットを放つも、後続が続かず無得点。

試合が決したのは7回表だ。好投のクルーバーに変えてココ・クリスプが代打でツーベースを放ち、続くラジャイ・デービスは死球でノーアウト1、3塁。迎えるバッターはジェイソン・キプニス。カブスもたまらず左のトラビス・ウッドに交代するも、キプニスが放った打球はライトフェンスを越え、勝負あり。アンドリュー・ミラーとコディ・アレンという絶対的リリーフを二人抱えるインディアンス相手に残り3イニングでの6点ビハインドは、もはやカブスにとって絶望的となってしまった。

7回裏からすでに6点差が開いてる状況にも関わらず、インディアンスはミラーが登板。カブスは8回裏にファウラーが意地の一発で1点を挙げ、52日間無失点だったミラーから点を奪った。ちなみにこの間、ミラーは失点するまで急所を守るサポーターを洗濯しないというゲン担ぎをしていたため、急所を守るサポーターは52日ぶりの洗濯となったようだ。 

このまま7-2で試合は終了。インディアンスとしては、エースのクルーバーが6回1失点の好投でワールドシリーズ2勝目。打線も10安打に7得点と投打がかみ合い、ワールドチャンピオンに王手をかけた。

対するカブスは、7安打を放つも2得点、あと1本が出ない打線に苦しんだ。特に相手先発クルーバーに対して若手のコントレラスやバイエズが、手も足も出ない、という状態だった。守備のミスからの失点もあり、若手が多いチームの弱点を晒してしまった形となった。

インディアンスは3勝とワールドチャンピオンに王手をかけた。対するカブスは1勝。追い込まれたが、まだまだ何が起こるかは分からない。

 

Text by Mio Kimito
写真: https://flic.kr/p/ccSBqu


コメントを残す