アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2017 Top 20 Prospect:ボルティモア・オリオールズ

29279757844_5c9689e865_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. コディ・セドロック:RHP
16年ドラフト全体27位指名。90マイル中盤のヘビーシンカー とスライダー、カーブ、チェンジアップのコンビネーション。スライダーとカーブは両方ともアウトピッチとして十分なクオリティで、日によっていい方を軸に組み立てる。倒れこむようなデリバリーは若干安定性に欠け、コマンドの悪さにつながっている。耐久力は高く、将来はフロントラインスターターとして投げることになるだろう。

2. チャンス・シスコ:C
高いヒッティングスキルが持ち味でマイナー通算の打率は.323。スムーズなバットさばきでフィールド全体を使った打撃ができる。1度もシーズン2桁本塁打をマークしたことがないパワーレスな点がネック。ドラフト指名の1年前からCとしてプレーし始めたため、未熟な点が多いが、少しずつ改善されてきている。どれだけCとしての技術を磨けるかが今後のカギとなる。

3. ライアン・マウントキャッスル:SS
弱冠19歳ながらも卓越したヒッティングスキルを持つ将来が楽しみなタレント。速球、変化球どちらにも対応でき、2ストライク後でもしっかりとボールを捉えることができる。2桁本塁打を打てるパワーもある。早打ちのため三振は少ないが、四球も少ない。現在はSSとしてプレーしているが肩が弱く、それほどレンジも広くないため将来は2B/LFへの転向が考えられている。 

4. トレイ・マンシーニ:1B
2年連続でマイナーで20本塁打以上をマークしたスラッガー。手首が強く、狙ったところに打てるヒッティングスキルも備えておりマイナー通算の打率は.300を超えている。アプローチは平凡で四球も三振も平均程度。足が遅く、1Bしか守れない点がネック。1B守備はまずまず。

5. ハンター・ハービー:RHP
21歳にして2度めのシーズン全休となる手術を受ける満身創痍のプロスペクト。2014年シーズン終了後にスポーツヘルニアの治療のための手術を受け、今シーズンようやく復帰できたが、5試合に先発したところでトミー・ジョン手術を受けることになった。故障は多いが実力は本物で、90マイル中盤の速球とキレのあるカーブでイニング以上の三振を奪うことができる。 

6. D.J.スチュワート:OF
小柄ながらも強靭な下半身から生み出されるパワーが魅力のタレント。大学時代は打席で極端に低く構えるスタンスだったが、プロ入り後はパワーが発揮しづらいということで少し上に構えるようになった。打席では我慢強いアプローチが光り出塁率.377をマークしたが、その反面甘い球を見逃すことも多く打率が上がらない原因にもなっている。守備では肩が弱くLF専門。

7.  キーガン・エイキン:LHP
16ドラフト2巡目指名。年90マイル中盤の速球でガンガン押していくピッチングスタイル。スライダーとチェンジアップが平均レベルということもあって投球内容のほとんどがこの速球。それほど身長は高くないが、しっかりとした体つきのため試合終盤になっても球速が落ちることはない。ドラフト前は中継ぎ転向も考えられたが、プロ入り後9試合に先発し防御率1.04をマークしたため、今後も先発として投げるだろう。

8. オースティン・ヘイズ:OF
16年ドラフト3巡目指名。プロ入り後のスタートダッシュに成功し、.336/.386/.514たるスラッシュラインをマーク。 守備でも平均以上のスピードと肩を持っているためCFを守ることも不可能ではない。5ツールプレイヤー候補だが、プロ入り後アプローチが雑になってしまった点が残念なところ。

9. アニュリー・タベレス:OF
今シーズンAAで.335/.379/.506たるスラッシュラインを残しブレークを果たした。スタンスを昨シーズンから大幅に変更し、コンスタントにハードヒットを打てるようになった。早いカウントから打ちに行くアプローチは変わらなかったが、三振を減らすことに成功している。13三塁打をマークしたスピードは平均以上だが、盗塁は上手くなく今シーズンの成功率は64.5%。

10. ガブリエル・イノア:RHP
ゆったりとしたデリバリーで4つの球種をコントロールよく投げ分ける技巧派。 速球は常時90マイル前半で変化球もこれといって目立つようなボールはないが、四球を滅多に出さないのでしっかりと試合を作ることができる。来シーズンはメジャーのローテーション5番手の座を争うことになるだろう。

11. アンソニー・サンタンデール:OF
今シーズンA+で20HRをマークしたパワーが魅力のスラッガー。スイッチヒッターだが、左打席の方がスイングが滑らかで長打も出やすい。右打席に立つと三振が多くなる。スピードと守備は平均以下でLF専門。今シーズンから1B守備にも取り組み始めた。今年の秋に肩の手術を受けている。

12. タナー・スコット:LHP
スリークォーターのアングルから最速100マイルの速球を投げるリリーフプロスペクト。速球は常に90マイル後半を マークする。この速球以外がてんでダメで、変化球も改善されつつあるとはいえまだ使い物にはなっておらず、コントロールもBB/9=8をマークしてしまうなど話にならない。強引に抑えに行こうとするスタイルも評価を下げている一因。

13. ヨマー・レイエス:3B
平均以上のバットスピードとコンパクトなスイングで発揮されるパワーツールが魅力の19歳。今シーズンは3歳ほど年上の選手が大半を占めるA+でプレーしたが、壁にぶつかり.228/.271/.336という成績に終わった。それでも10HRをマークするなど大器の片鱗を見せている。肩は強いが25個のエラーをマークするなど3B守備には不安があり、大柄な体格から1B転向の可能性もある。

14. オフェルキー・ペラルタ:LHP
19歳にして最速98マイルの速球を投げる剛腕。今シーズンは年上の選手ばかりのAで23試合に先発し防御率4.01、K/9=8.8となかなかの成績を残した。変化球が未熟と見る向きもあるが、チェンジアップを高く評価する声もある。大きな体格を完全に扱いきれていないためコントロールを乱すことが多く、BB/9=5.2。

15.  マシアス・ディーツ:RHP
16年ドラフト3巡目指名。6-5/225たる体格から最速98マイルの速球を投げ込むパワーピッチャー。 この速球にスライダーを交えて三振を多く奪うピッチングスタイル。チェンジアップは発展途上。今シーズンはプロの壁に当たり先発としてまともな成績を残せなかった。今後もこの調子ならリリーフ転向もありうる。

16. ヤーミン・メルセデス:C
力強いアッパースイングで長打を量産するスラッガー。今シーズン絶好調で.345/.404/.570、20HRをマーク。一気に評価を上げた。Cとしての出場は出場全試合の半分程度でほとんどがDHとしての出場。539イニングで24個という異常な多さのパスボールが原因となっている。盗塁阻止率は悪くない。

17. クリス・リー:LHP
15年シーズン途中にHOUからトレードで移籍してきた。BALに移籍後はメカニクスの改善に勤しみ90マイル前半程度だった球速が95マイルまで計測するようになった。スライダーはカッターのように変化するものと大きく曲がるタイプのものがある。K/9=3.3という低さについては本人とコーチは気にしておらず、現在はコントロールを重視している様子。

18. ブライアン・ゴンザレス:LHP
散々だった昨シーズンから学んだことを今シーズンに生かし、好成績を収めた。 90マイル前半の速球を低めに集め、アウトピッチのチェンジアップと緩急をつけて少ない球数で打ち取るピッチングスタイルがハマっている。同じ球種でもスピードを変えて打者を惑わせる投球術も見せる。将来はローテーション下位の先発投手。

19. ブレナン・ハンイフィー:RHP
16年ドラフト4巡目指名。 バスケットボールとアメフトもプレーしていたアスリート。速球は最速で90マイル前半だが今後さらに伸びる余地がある。アウトピッチとなるスライダーの評価は高い。チェンジアップとコントロールは改善する余地があるだろう。

20. アレックス・ウェルズ:LHP
速球は最速でも90マイルにしか達しないが、卓越したコマンドで打者を惑わす技巧派。縦に割れるカーブは速球と同じアームスピードで投げられるため緩急をつけることができる。チェンジアップは発展途上。将来は先発5番手かシチュエーショナルレフティーだろう。 

 

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/LBmpV7


コメントを残す