2017 Top 20 Prospects:ボストン・レッドソックス

27359146042_6c0bc9ac5d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

1. ジェイソン・グルーム:LHP
16年ドラフト全体12位指名。ホームシックにかかるメンタルや契約について取りざたされたが、実力は18歳のものとは思えない域に達している。90マイル中盤の速球とクオリティの高いカーブ、チェンジアップの3球種をコントロールよく投げ分ける。デリバリーもシンプルでスタミナも先発として十分。これからさらに成長していけば行く末は、BOSのエースに留まらずアメリカのエースとなれる逸材。 

2. アンドリュー・ベニンテンディ:OF
15年ドラフト全体7位指名。大学の最終シーズンにHRが急増し一気に評価を上げ、 そのHR増がフロックではなかったことをたった2年間のプロ生活で証明した。打撃では隙がなく、高打率、高出塁率で三振は少なく、パワーも申し分ない。平均以上のスピードを生かした守備と走塁でも存在感を放っている。

3. ラファエル・ディバース:3B
柔らかさと力強さを兼ね備えたスイングでハイレベルな打撃を見せるヒッティングプロスペクト。現時点では平均を多少上回る程度のパワーしか試合で発揮できていないが、将来は30本塁打をマークすることも不可能ではないだろう。 守備では好プレーを見せるほど上手くはないが、肩が強く、堅実な守備を見せているため3Bには残れるとの見方が強い。

4. ボビー・ダルベック:3B
16年ドラフト4巡目指名。今年のドラフトクラスの大学生の中では1、2を争うほどのパワーツールに持ち主。大学最終シーズンで不調に陥り評価を落としたが、カレッジワールドシリーズの予選から復調傾向にあり、プロ入り後もA-で34試合に出場し7HRをマークした。変化球に対して脆さを見せており、空振りも多い。大学時代クローザーを務めていたため肩は強いが守備/走塁は平均以下。

5. ジョシュ・オッキミー:1B
流し打ちでスタンドを越す打球が打てるスラッガー。下半身を上手く使い強くボールを弾き返すことができている。昨シーズンまで30%を超えていたK%を低くし、四球を増やすことには成功したが、打率が急激に落ちてしまったため自分に合ったアプローチを見つける必要があるだろう。守備では打球反応が悪いがルーティンプレーならそつなくこなせる。鈍足。

6. ロニエル・ロウズ:RHP
18歳ながらも卓越したピッチングを見せる。速球の最速は90マイル前半だが、今後より速くなっていくだろう。縦に割れるカーブとチェンジアップの評価も高く、空振りを奪えるためアウトピッチとして使える。コントロールがよくマイナー通算のK/BB=5.7。投球前に体をかがめグローブを頭の上に掲げるルーティンがある。 

7. サム・トラビス:1B
ラインドライブの打球を量産するアベレージヒッター。フィールド全体に打ち分ける技術を持っており、アプローチも悪くなく常に平均以上の打率を残せる。内角の速球に弱さを見せている。パワーツールは平均かそれ以下。ポジションが1Bに限られているため、打率が少しでも低くなるとバリューが大幅に落ちる。 

8. マイケル・チャビス:3B
今シーズンは親指の故障で限られた出場試合数となったが、課題だった三振の多さを減らすことに成功。打率も若干上がったが、それでもまだ.237と低水準。パワーポテンシャルは高いと言われているが、まだ試合では満足に発揮できていない。守備では肩の強さが光るが、2B/OFへの転向も考えれている。

9. マイク・シャワリン:RHP
16年ドラフト5巡目指名。メリーランド大学の通算勝利数と通算奪三振数の記録を持っており、アップサイドには欠けるが、現時点での実力は非常に高い。サイド気味のアングルから90マイル前半の沈む速球と、変化量の大きいスライダー、チェンジアップを投じる。コントロールがよく、スタミナもあるため長いイニングを投げることが可能。

10. ジェイク・コザート:RHP
今シーズンからブルペンに専念し、速球の最速が99マイルに跳ね上がった。アームスピードの速さに頼ったメカニクスは余計な力が入っており、コントロールを乱す原因となっている。カーブでタイミングを外し三振を奪うピッチングスタイル。コントロールの悪さをどれだけ抑えることができるかが今後のカギ。兄はジャレッド・コザート(SD)。

11. ブライアン・ジョンソン:LHP
落差の大きいカーブと90マイル前半の速球で緩急をつけて空振りを奪うピッチングスタイル。スリークォーター気味のデリバリーは非常にスムーズで、コマンドのよさにつながっている。今シーズンは不安障害を患い6週間戦列を離れ、成績も落としてしまった。現在は完治しているとのことだが、遅れをとってしまった感は否めない。

12. C.J.チャッサム:SS
どこをとっても可もなく不可もなくといったタイプの選手。スイングは若干遠回りしがちだが、その分パワーを上手く伝えられるようになっており、シーズン2桁本塁打も不可能ではない。コンタクトスキルも悪くなく、極端に低い打率を残すことはないだろう。守備ではスピードが平凡ということもあってレンジが限られているが、反応の速さや肩の強さでカバーしている。 

13. トラビス・レーキンズ:RHP
90マイル中盤の速球と2つのブレーキングボールのコンビネーション。デリバリーは安定しているが、肩に負担がかかるような投げ方なのでリリーフ転向を勧める声もある。速球のムーブメントが少ない点も先発として不安視される一因になっている。

14. カイル・マーティン:RHP
速球の最速は95マイルと平凡だが、マウンドの傾斜を上手く使い6-7たる体格を生かして角度をうけて打ちづらくしている。この速球とサークルチェンジをで緩急をつけるピッチングスタイル。ストライクゾーンに投げこむコントロールを持ち合わせているが、コマンドに欠けるため打者からすると打ちやすくなってしまっている。リリーフだが回跨ぎもこなすタフネスさが魅力。

15. ニック・ロンギ:1B
コンパクトなスイングで広角に打ち分けるヒットメーカー。 アプローチも悪くないが、パワーは平均以下。肩は強いが動きが悪く、1Bしか守れないため現状はサム・トラビスの下位互換でしかない。また、トラビス同様速球に弱さを見せているため、今後クラスが上がるにつれ成績が悪くなる可能性が高い。

16. タイラー・ヒル:OF
小柄な体格だが、筋肉はしっかりとついておりボールを遠くへと飛ばすことができる。20歳と若いが、ただスイングするだけではなく しっかりとボールを見極められている点は評価に値する。スピードもあり2桁盗塁をマークすることも可能。肩が弱くLFしか守れないところがバリューを下げている。

17. キリ・ワシントン:OF
粗さが目立つが、平均以上のパワーポテンシャルが魅力。今シーズンは16HR、9三塁打をマーク。コンタクトスキルに難があり、ブレーキングボールに対応できず空振りを喫する場面が多い。アプローチもそれほどよくなく、パワーツールだけが目立っている。スピードと守備は平凡。

18. トレント・ケンプ:OF
身体能力の高さがウリ。現在は粗さが前に出ているが、それでも今シーズン13HRをマークするなど才能の片鱗は見せた。アプローチは悪くないが三振が非常に多い。スピードは平均以上だが盗塁を積極的に仕掛けるタイプではない。

19. マーク・ブレイクマン:RHP
低いアングルから投げる90マイル前半の速球とチェンジアップのコンビネーション。球速はないが、デセプションに優れたデリバリーでカバーしている。チェンジアップは速球と同じアームスピードで投げられるため打者のタイミングを外すことができる。スライダーも投げるがクオリティはイマイチ。コントロールがよく、先発としても問題なく投げられる。 

20. ショーン・アンダーソン:RHP
90マイル中盤の沈む速球とスライダー、カーブのブレーキングボールのコンビネーション。大学時代はクローザーだったが、大柄な体格とコントロールのよさは先発向き。しかし、昨夏のケープコードリーグでは先発としていい成績を残すことができなかった。リリーフとしてなら早期昇格が望めるが、先発としてなら長い時間が必要となるだろう。 

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/HFCLWw


コメントを残す