2017 Top 20 Prospects:フィラデルフィア・フィリーズ

27424073716_af97e12dcb_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ホルヘ・アルファロ:C
今シーズン守備面で成長を見せ、攻守バランスの取れたCになりつつあるタレント。キャッチングやブロッキングなどが改善され、メジャーでもレギュラーとして出場できるレベルになった。肩は非常に強く、今シーズンの盗塁阻止率は44%。 筋肉が詰まった体から生み出されるパワーは平均以上でメジャーでも15-20HRをマークできるだろう。何でも打ちに行くアプローチで四球は少ないが、悪球もヒットにすることができるので無理に変える必要はない。

2. シクスト・サンチェス:RHP
非常に大きなアップサイドと完成度の高さを兼ね備えている恐るべき18歳。力感がなく、お手本のようなデリバリーで90マイル中盤の威力のある動く速球をコントロールよく投げる。状況に応じて速球のスピードを変える器用さも見せている。スライダー、チェンジアップといったブレーキングボールも悪くなく、今後さらに精度を上げることができれば三振数も増えていくだろう。将来像はジョニー・クエト(SF)。

3. リース・ホスキンズ:1B
ハイアベレージを残しつつ、長打も量産できるスラッガー。今シーズンは打者有利な球場を本拠地とするAAでプレーしたためHR数が昨シーズンから倍増したが、持前のパワーも平均以上でメジャーでも25HRをマークすることが可能だろう。1Bしか守れない点がネック。

4. フランクリン・キロメ:RHP
90マイル中盤のよく沈む速球が最大の武器。最速は97マイルだが、体格を考えると今後さらに球速が上がる可能性は大いにある。昨シーズンからスライダーではなく、カーブを投げ始めたが速球と緩急をつけて空振りを奪うために有効な球種。チェンジアップも投げるが発展途上。デリバリーには余計な力感がなく、先発向き。コントロールは平均以下だが、先発として投げることができないというほどではない。

5. ディラン・カズンズ:OF
今シーズン、マイナーリーガー最多の40HRをマークしたスラッガー。その分アプローチが大味になりK%が跳ね上がった。ブレーキングボールに対応できないことが多く、三振が増えた理由となっている。毎年10~20盗塁をマークしているが、スピードは平均程度。守備もそれほど上手くなく現状はパワーの1ツールプレイヤー。ウィンターリーグでブーグ・パウエル(SEA)にブレーキングボールへの脆さを馬鹿にされたことに腹を立て、パウエルを殴って5針縫うけがを負わせた。

6. J.P.クロフォード:SS
従兄のカール・クロフォード(SF)と同じく守備の評価が非常に高い。スピードは平均程度だが、打球反応の速さや肩の強さで広いレンジをカバーできるためメジャーでも有数の守備の名手になれるだろう。打撃ではアプローチのよさとコンタクトスキルの高さが光るが、パワーは平均以下。

7. コーネリウス・ランドルフ:OF
今シーズンの打撃成績はイマイチだったが、圧倒的に打者不利の球場を本拠地とするAのチームで主にプレーしていたことが原因。ヒッティングスキル、パワー共に平均以上で、年齢の割にアプローチも成熟している。高校時代はSSだったため肩は強いが、スピードがないためプロ入り後はLFに専念。

8. ニック・ウィリアムズ:OF
細身な体格だが、パワーは平均以上。今シーズンは打率を落としたが、ヒッティングスキルも高い。問題なのはアプローチの悪さと未熟なメンタル。昨シーズン多少改善されたかのように思われたアプローチだったが、今シーズンはBB/K=19/136と低水準。ベンチでヘルメットを蹴ったり、サヨナラホームランのホームインの場面でスライディングをしたりと悪い意味で子供っぽい。メジャーで成功するにはこの2点の改善は必須だろう。

9. ミッキー・モニアック:OF
16年ドラフト全体1位指名。フォロースルー後もしっかりとバットを両手で持つスイングでラインドライブの打球を量産するヒットメーカー。アプローチも悪くないが、パワーは平均程度かそれ以下。平均以上のスピードを生かしたCFの守備は素晴らしく、将来GG賞を取ることもできるだろう。将来像はエンダー・インシアーテ(ATL)

10. ホセ・プホルス:OF
ランドルフと同じAのチームでプレーしながらも、今シーズン24HRを放って一気に評価を上げた。その分打撃は荒く、K%=32%をマーク。打率も低水準でいかにして、コンスタントにバットに当てることができるかが今後のカギになる。スピードは平均以下だが、肩が強いためRFを守っている。

11. ロマン・クイン:OF
20-80のスケールで80の評価を得るスピードが最大の武器。毎年100試合以下の出場にも関わらず30盗塁以上をマークしている。小柄だが、しっかりと振りぬくスイングのため見た目以上にパンチ力はある。自慢のスピードを生かしたCF守備も上手い。故障が多く 、過酷なスケジュールのメジャーで通用するかが懸念材料。

12. ニック・ピベッタ:RHP
90マイル中盤の威力抜群の沈む速球とカーブのコンビネーション。カーブは年々改善されてきており、そのおかげかK/9の数字はクラスが上がるごとによくなってきている。デリバリーが崩れて速球のコントロールが乱れる点は要改善。大きな故障なく投げ続けている耐久性は評価に値する。

13. アンドリュー・ナップ:C
打撃はアルファロに負けないほどの実力はあるが、守備ではアルファロの後塵を拝している。スイッチヒッターだが左右どちらの打席でも平均レベルのパワーを発揮することができている。ヒッティングもまずまずでCとしては十分だろう。守備では肩が強く、盗塁阻止の面では光るものを見せるが、フレーミングなどのスキルに欠ける。

14. ダリック・ホール:1B
16年ドラフト14巡目指名。強烈なアッパースイングで長打を量産するスラッガー。打撃はそれほど大ざっぱではなく、しっかりと四球を選ぶこともできる。大学時代は投手としても好成績を残していたが、プロ入り後は野手に専念。ホスキンズとよく比較される。

15. ベン・ライブリー:RHP
驚くようなボールは投げないが、デセプションに優れたデリバリーとコントロールのよさでカバーしている。速球の球速は90マイル前半程度だが、カーブとチェンジアップで緩急をつけ的を絞らせないようにしている。レッズのマイナーでプレーしていた頃と比べてK/9の数字が下がっているが、その他の成績は悪くないのでそれほど気にする必要もないだろう。

16. ケビン・ゴウディ:RHP
16年ドラフト2巡目指名。90マイル前半の速球、スライダー、チェンジアップの3球種は全て平均かそれ以上のクオリティでコントロールも悪くない。若干凄みに欠けるが、速球のスピードが上がる余地はまだまだあるので今後の成長次第ではローテーション2/3番手クラスの投手になれるだろう。倒れこむようなデリバリーだが、安定しており滅多に崩すことはない。

17. リカルド・ピント:RHP
90マイル中盤の速球とクオリティの高いチェンジアップをストライクゾーンに果敢に投げこむピッチングスタイル。コントロールがよく、キャリアを通して四球が少ない。チェンジアップに続く変化球がなく、メジャーでも先発として投げるにはスライダーの改善が必須。

18. エルニエリー・ガルシア:LHP
速球の球速は90マイル前半程度だが、よく動き、コマンドよく投げられるため威力には欠けるが打ちやすいボールではない。この速球に大きく曲がるカーブを混ぜタイミングを外し空振りを奪う。チェンジアップは発展途上。全ての球種をストライクゾーンに入れられるコントロールを有している。ローテーション4番手クラスのシーリング。

19. アンドリュー・プリン:OF
シーズン開幕前に引退を宣言したが撤回し、最終的に過去最高のシーズンを送った。小柄な体格だが、パンチ力はあり2年連続で14HRをマーク。ただ、昨年、今年と打者有利な球場を本拠地としているチームでプレーしていたため、実際は若干平均を下回るくらいだろう。早打ちのため四球も三振も少ない。打撃以外に目立ったツールはない。

20. トーマス・エシェルマン:RHP
コントロールのよさが生命線のジャンクボーラー。90マイル前半の速球、カーブ、スライダー、チェンジアップはいずれも平均かそれ以下のボールだが、コントロールよく投げ分け的を絞らせないようにして打者を惑わせる。上のクラスでも通用するかは微妙なところ。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/HMnxFb


コメントを残す