トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

2017 Top 20 Prospects:ミルウォーキー・ブリュワーズ

28246025514_127fb473c3_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ジョシュ・ヘイダー:LHP
90マイル中盤の速球とスライダーのコンビネーションで大量に三振を奪うピッチングスタイル。スライダーは大きく曲がり左右関係なく使える球種。チェンジアップも投げるが、こちらは改善の余地あり。サイドハンドのアングルで投げるため左打者には圧倒的な強さを見せるが、右打者に対しては打たれる場面が多い。コントロールが悪く、デリバリーが先発向きではないとの声もあるが、実力は先発2/3番手クラスだろう。

2. ルイス・ブリンソン:OF
スピード&パワーに高い評価を得るアスリート。豪快なスイングで低めのボールでもすくい上げてスタンドまで持っていくことができる。コンタクトスキルは低くないが、ボールの見極めはイマイチで三振の割りに四球は少ない。スピード、肩の強さ共にCFを守るには十分なレベルにある。

3. イーサン・ディアズ:SS
小柄な体格ながらも、しっかりと振りぬくスイングをすることで平均以上のパワーを発揮している。コンタクトスキルに難があるが、卓越したアプローチを見せており、出塁率は悪くない。現在は主にSSを守っているが、 レンジはSSとしては不十分なため将来は2Bを主に守ることになるだろう。

4. コリー・レイ:OF
16年ドラフト全体5位指名。大学では5ツールプレイヤーとして鳴らしていたスター候補。元々はコンタクト重視のバッティングで自慢のスピードを生かし塁に出るというスタイルだったが、大学2年時に長打を積極的に狙うスタイルに変更し、上手くハマった。 CF守備も悪くないが、肩の強さは平凡なためLF転向も有り得る。昨年10月に膝の手術を受けた。

5. ルイス・オルティズ:LHP
90マイル中盤の速球とスライダー、カーブ、チェンジアップのコンビネーション。全ての球種が平均かそれ以上の評価を受けており、コントロールもいい。ゆったりとした力感の少ないデリバリーは先発向きだが、 故障多くシーズン100イニング以上を投げたことがない耐久性の弱さが懸念材料。

6. ルーカス・アーシズ:3B
16年ドラフト2巡目指名。アベレージを残しつつ、長打も打てるヒッティングに高評価を得る。早打ちのため四球が少なく、上のレベルでも現在のアプローチが通用するかは微妙なところ。守備は上手くないものの、肩が非常に強いため今後も3Bを守り続けることができるだろう。大学での勉強を怠っていたり、パーティーに明け暮れたりとメークアップはイマイチ。 素手でバットを持つ。

7. フィル・ビックフォード:RHP
独特なアングルから90マイル前半のよく動く速球と80マイル中盤のスライダーのコンビネーションで三振を大量に奪うピッチングスタイル。チェンジアップも投げるが使う場面は少ない。速球のコマンドに優れており、全体的なコントロールも悪くない。ドラフト時と昨年の12月にマリファナを使用していたことが発覚している。今シーズンは開幕から50試合の出場停止処分が科されている。

8. マウリシオ・ドゥボン:SS
滑らかなスイングでヒットを量産するミドルヒッター。コンタクトスキルに優れており、今シーズンのK%=11.1%と高水準。ハイアベレージを残せる要因となっている。パワーは平均を大きく下回るとの評価だったが、徐々に長打を増やしておりレギュラーとしては最低限のパワーを有している。目立たないがソリッドな守備を見せる。スピードは平均以上で2年連続30SBをマーク。

9. トレント・クラーク:OF
まだ20歳と若いが卓越したアプローチを見せる。昨シーズンは故障の影響もあって満足のいく成績を残せなかったが素材は一級品。ブレーキングボールへの対応が上手く、平均以上のバットスピードを誇るスイングでしっかりと打ち返すことができる。スピードは平均レベルで肩もそれほど強くないため、現在主に守っているCFからLFへと転向することになるだろう。バットを素手で持つ。

10. コディ・ポンス:RHP
がっしりとした体格から投げられる最速98マイルの速球とカッター、カーブ、チェンジアップのコンビネーション。どの球種も平均かそれ以上のクオリティにあり、コントロールよく投げられるため完成度は非常に高い。昨シーズンはA+で17試合に先発して防御率5.25だったが、K/9=8.6、BB/9=2.1と内容は悪くなかった。力感の強いデリバリーのため故障が気になるところ。

11. ライアン・コーデル:OF
シンプルなスイングでHRを量産するスラッガー。スイングは無駄な動きが少なく、上手く力をボールに伝えることができている。コンタクトスキルに若干難があり、早打ちで四球が少ないため出塁率は期待できない。身体能力が高く、スピード、肩共に平均以上であるため主にCFを守っている。かつてはIFも務めていたが、あまりにもグラブさばきがお粗末なため現在は守るのはOFのみ。

12. ブレット・フィリップス:OF
昨シーズン三振の数が大幅に増え打率が急激に落ちてしまった。スイングの際に足を上げるが、その時に下半身が余計な動きをしてしまうことが空振りが増える原因となっている。持っているパワーポテンシャルはMILのマイナーの中でも有数のものだがなかなか発揮できていない。スピードは平均以上で、肩は非常に強いため主にRFを守っている。守備力については意見が分かれるところ。

13. ブランドン・ウッドラフ:RHP
昨シーズン、デリバリーを矯正し躍進を遂げた大型投手。90マイル中盤の速球とキレのいいスライダー、ストレートチェンジのコンビネーション。速球はよく伸びるフォーシームで、高めに投げこむことで空振りを奪うことができる。スライダーも左右関係なく使える有効なボール。細かいコマンドはないが、ストライクゾーンに集められるコントロールを有している。

14. マルコス・ディプラン:RHP
小柄な体格ながらもマウンドの傾斜を上手く使った真上から投げ下ろすデリバリーで90マイル中盤の速球を投げ込むことができる。速球はよく動くためゴロを打たせるには最適。この速球に80マイル前半のスライダーを投げ緩急をつけて空振りを奪う。サイズ不足のためリリーフ転向も考えられるが、チェンジアップが改善されれば今後も先発として投げ続けられるだろう。

15. ホルヘ・ロペス:RHP
最速96マイルの速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。いずれの球種も平均かそれ以上の評価を得ており、特にカーブはアウトピッチとして非常に優秀なボール。デリバリーはモーションが大きく、このことが原因となって昨シーズンは試合中デリバリーを維持できずにコントロールを乱す場面が目立った。いかにしてデリバリーを乱さずに投げ続けるかがメジャーで成功するカギ。

16. ジョーダン・ヤマモト:RHP
90マイル前半の速球とキレのいいカーブのコンビネーション。速球はノビのあるフォーシームで、コマンドに優れているため高めに投げこみ空振りを奪うことができる。チェンジアップも投げるが発展途上。昨シーズンは速球の最速が95マイルをマークしたが、サイズはそれほど大きくないためこれ以上速くなることはなさそう。体格面から先発として投げ続けられるかが懸念されている。

17. コービン・バーンズ:RHP
16年ドラフト4巡目指名。昨年の冬、ワークアウトを行い体の改造に成功し大学で好成績を残した。90マイル前半の速球とスライダー、カーブ、チェンジアップのコンビネーション。チェンジアップの評価は高く、速球と緩急をつけて空振りを奪うことができる。体格は先発として投げるには十分だが、デリバリーは力感が強く故障の心配がついて回る。

18. デビン・ウィリアムズ:RHP
昨シーズンは故障で思うように投げられなかったが持っているポテンシャルは非常に高い。沈む速球は常時90マイル前半だが、最速96マイルをマークすることもある。 スライダー、チェンジアップといったブレーキングボール、デリバリー、コントロールなど不安定な部分は多いが、上手くまとめられることができれば平均以上の投手になるだろう。

19. ロニー・ギデオン:1B
16年ドラフト23巡目指名。COLのマイナーで長く監督を務めたロン・ギデオンを父親に持つ。 大柄な体格の持ち主でパワーポテンシャルは非常に高い。昨シーズンは大学生が集まるRkで59試合に出場し17HRをマークした。早打ちで四球が少ない点が気になるところ。守備は1Bしか守れないが、ミスは少ない。

20. ジェイコブ・ノッティンガム:C
何でも打ちに行くアプローチが仇となって素晴らしいパワーツールを生かし切れていない。昨シーズンのBB/K=29/138とAAの投手のレベルに全く対応できていなかった。守備では肩の強さが光るがその他は平均以下。1Bに移ろうにも今の打撃のままではレギュラークラスになれるかは怪しいところ。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/K31giU


コメントを残す