2017 Top 20 Prospects:コロラド・ロッキーズ

28794385814_f880862149_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ブレンダン・ロジャース:SS
打撃では20歳とは思えないほどの完成度の高さを見せるハイシーリングなタレント。バットスピードの速さ、バットコントロール、リストの強さに加え、変化球への対応も上手くこなしている。ヒッティング、パワーともに平均以上。スピードは平凡だが、肩の強さやハンドリング、打球反応などはSSとして留まれるレベルにある。2B/3Bに移れば平均以上に守ることができるが、キャリアの前半はSSとしてプレーすることになるだろう。

2. ジェフ・ホフマン:RHP
90マイル中盤の速球とカーブ、チェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球はフォーシームでノビがあるため高めに投げて空振りを奪うことができる。この速球に70マイル中盤のカーブを組み合わて緩急をつける。スライダー、チェンジアップは平均程度のクオリティ。コントロールが平凡なためメジャーでは甘く入った変化球をよくHRにされていた。ドラフト前にトミー・ジョン手術を受けたが、以降は目立った故障はない。体格は非常に大柄なため先発向き。

3. ヘルマン・マーキス:RHP
90マイル中盤の沈む速球とスラーブ、チェンジアップのコンビネーション。速球は最速で98マイルをたたき出すこともあり球威は申し分ない。アウトピッチのスラーブはキレがよく、空振りを奪えるボール。チェンジアップは発展途上だが、いずれ平均レベルになるだろう。デリバリーはクリーンで力感がなく、コントロールも安定している。

4. ライリー・パイント:RHP
16 年ドラフト全体4位指名。最速102マイルの速球が最大の魅力。スライダーやカーブ、チェンジアップといった変化球の評価も非常に高い。身体能力も高く、 今後より安定して90マイル後半の速球をなげられるようになるだろう。最大にして唯一の欠点がコントロールの悪さ。ストライクが入らなくなるレベルでコン トロールが悪いのでこのままでは先発として投げることは厳しい。今後筋肉をつけることで自分の体をコントロールできるようにする必要があるだろう。

5. レイメル・タピア:OF
特徴的なスイングながらも抜群のバッティングセンスを持ち、速球、変化球関係なく打ちたい場所へと打球を飛ばすことができる。非常に細身で、打球がゴロになることが多いためパワーは平均以下。何でも打ちに行くアプローチのため四球も三振も少ない。スピードと肩の強さは平均以上だが、ルート取りでミスが多くCFを守れるかは微妙なライン。

6. イェンシー・アルモンテ:RHP
90マイル中盤の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。プロ入り後体重が増えたこともあって速球は最速で98マイルをマークすることもある。スライダーはアウトピッチとして有効でプレートの内外に投げ分けることができる。チェンジアップは改善が必要。デリバリーはデセプションに優れたスリークォーター。故障が少なく耐久性の高さも評価に値する。

7. カイル・フリーランド:RHP
90マイル前半の沈む速球とスライダー、チェンジアップ、カーブのコンビネーション。スライダーはカッターと形容されることもあり、コマンドよく投げられるためアウトピッチとして有効。チェンジアップは変化量が少ないが速球と同じアームスピードで投げられている。カーブは発展途上。優れたコマンドの持ち主だが、空振りを奪える球種が少ないため三振も少ない。デリバリーは若干力が入っている。

8. ライアン・カステラニ:RHP
サイドスローから90マイル前半の動く速球とスライダー、チェンジアップを投げる。速球はよく動き芯で捉えるのが困難なボール。スライダーとチェンジアップは平均かそれ以上との評価。コントロールも悪くなく、コンスタントにストライクが取れる。独特なデリバリーのため故障を心配されていたが、プロ入り後3年間で目立った故障はない。

9. トム・マーフィー:C
平均以上のパワーポテンシャルを有する攻撃型C。どの方向にでも長打をうつことができるパワーはCとしては十分。早打ちのため四球も三振も少ない。守備はキャッチング、ブロッキング共に平均以下で、肩の強さも平均程度。Cを長く務めることはできないだろう。 

10. ピーター・ランバート:RHP
90マイル前半の速球とチェンジアップ、カーブ、スライダーのコンビネーション。速球は動きが少なく、それほどノビもないためクラスが上がるにつれ長打が打たれやすくなるかもしれない。チェンジアップはコマンドよく投げられており、平均以上のクオリティ。カーブ、スライダーは改善の余地あり。デリバリーはスムーズでコマンドのよさに一役買っている。 

11. タイラー・ネビン:3B
昨シーズンは故障で1試合のみの出場に終わってしまった。大柄な体格の持ち主でバットスピードが非常に速く、パワーポテンシャルは平均以上。シーズン20HRも不可能ではないだろう。 スピードは全くなく、守備も平均以下のため将来は1Bに移る可能性が高い。

12. ライアン・マクマホン:3B
パワーポテンシャルは素晴らしいものがあるが、大きすぎるスイングのため空振りが多く昨シーズンは満足に発揮できなかった。どんなボールでも引っ張りにかかるため打率も低空飛行。四球を多く選べたことが唯一の救いだった。守備もフットワークが重く3Bに留まれると見る向きは少ない。

13. ジョーダン・パターソン:OF
豪快なスイングから生み出されるパワーが魅力。その分三振が多く、メジャーで高打率を残すことは難しいだろう。左打者で右投手に圧倒的な強さを見せるため将来はプラトーン専用になるかもしれない。守備では肩が強いが、スピードは平凡なためRFを守っている。 

14. コルトン・ウェルカー:3B
16年ドラフト4巡目指名。強烈なアッパースイングで長打を量産するスラッガー。高卒ながら体格はほぼできあがっており、パワーは申し分ない。早打ちのため四球も三振も少ない。スピードは皆無で、守備も上手いとは言えたものではないので将来は1Bに移ることになるだろう。 

15. サム・ハワード:LHP
90マイル前半の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。アウトピッチはスライダーで平均以上のクオリティ、チェンジアップもまずまず。スリークォーター気味のデリバリーはクリーンで力感がない。今後も先発として投げるのであれば球威不足である点と細身な点は不安材料。

16. アントニオ・センザテラ:RHP
90マイル中盤の沈む速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。カーブを投げる回数を減らしスライダーを集中して改善したことで、スライダーはアウトピッチとして使えるボールになった。チェンジアップもよく沈み、空振りを奪えるボール。マウンドの傾斜を上手く使ったデリバリーも申し分ない。昨シーズン痛めた肩が懸念材料。 

17. ブライアン・マンデル:1B
大柄な体格なためパワーポテンシャルは平均以上だが、コンタクトを重視したバッティングをするためHRはそれほど多くない。その分、打率を常に高く維持し二塁打を多く打つことができる。アプローチも優秀で四球を選びつつ三振を抑えることに成功している。守備は徐々に上達しつつある。

18. サム・ヒリアード:OF
スピードとパワーを兼ね備えたタレント。軽く振ったようなスイングでボールをスタンドまで飛ばすことができる。スピードも平均以上だが、盗塁成功率71%とイマイチ。コンタクトスキルに難があり、打率は低空飛行。守備では肩が強いためRFを守る。 

19. ペドロ・ゴンザレス:OF
とてつもなく大きなアップサイドを秘めたハイシーリングなタレント。現在は身長の割りに細身な体格であるが、将来筋肉をつければ平均以上のパワーを身に着けることが可能だろう。コンタクトスキルはまだ未熟だが、将来平均レベルになるのではないかと見る向きが多い。スピードは平凡だが、打球反応がいいためCFを守っている。

20. マイク・ニコラク:RHP
高いポテンシャルを活かしきれてないハイシーリングなタレント。ドラフト前の高校時代は最速で97マイルをマークしていた速球も、プロ入り後はストライクを取るために 90マイル前半程度で推移。それでもまともにストライクが取れないという悪循環に陥っている。何かきっかけを掴んでこの状況から抜け出せなければ近いうちにランキングから消えることになるだろう

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/KSsKHQ


コメントを残す