MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2017 Team Preview:ピッツバーグ・パイレーツ

7377229898_df336c8a8e_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

  • 本拠地:PNCパーク
他の野球場と比較する→http://yakyujo.com/ml24

 

広さ
レフト 99.1M
センター 121.6M
ライト 97.5M
フェンス高さ 1.8~6.4M
パークファクター平均*100
安打 101.3
ツーベース 103.4
スリーベース 176.9
HR 80.0
得点 100.7
  • 予想オーダー
 2013年まではユーティリティープレーヤーだったが、2014年にブレークし、昨年は131試合に出場した。積極的打法が特徴で、昨年は四球は18個であった。2011年には9回にジャスティン・バーランダーのノーヒットノーランを9回に崩した。野球家族で、叔父はアトランタ・ブレーブスのマイナーリーグコーチで、弟も元マイナーリーガー。
 
2015年シーズンにデビューした球団期待の若手有望株。飛躍の年として期待がかかったが、オフシーズンに膝の手術を行い、開幕に間に合うかは怪しいところだ。選球眼が素晴らしく、打率は.273ながら出塁率は.368をマーク。ファーストのほかにもライトも守れ、これからパイレーツの中心選手になっていくことは間違いないだろう。
 
2015年まではオールスター級の成績を残していたが、昨年は怪我もあり若干低迷、5年連続オールスター出場も去年で途絶えた。しかし、24本塁打を打つなど、スターとしての風格は保った。トレードの噂も絶えないが、一昨年までのような輝きを取り戻せるか注目である。ちなみに、今までのトレードマークだったドレッドヘアは2015年3月にオークションのためきりとった。
 
昨年までは主にLFを務めていたが、今年からはCFを守ると思われている。129試合出場にとどまったせいもあってか、2015年シーズンの19ホームランから昨年は9ホーマーとホームラン数自体は減ったが、打率・OPSともに成績は向上し、初めてオールスターにも選出された。二年連続ゴールデングラブ賞にも輝いており、守備位置が変わった今年も素晴らしい守備に注目していきたい。
 
13年までのマイナー時代は、パイレーツのマイナー組織随一のプロスペクトとされていた。14年からメジャーに昇格し、なかなか結果が出なかったが昨年は144試合に出場、22HR、打率.258、OPS.786と自己ベストの成績を残した。25歳とまだまだ成長の余地があり、これからの進歩に期待したい。
 
本来であればパイレーツの開幕三塁を守るのは韓国出身のカン・ジャンホであったが、12月に起こした飲酒運転の影響により、アメリカでのビザがおりず、フリーズが開幕サードを務める。フリーズといえば、カージナルス時代の2011年、プレーオフでの活躍が頭に残っている人も多いであろう。一塁も守れるということから、重宝されるかもしれない。
 
14年まではニューヨーク・ヤンキースの控えキャッチャーであったが、15年シーズンにパイレーツに移籍すると、正捕手の座をつかみ、昨年は101試合に出場、打率は.264ながら出塁率は.377と優れた選球眼を発揮した。左投手を非常に得意としており。昨年は打率.385、OPS.888をマーク。ちなみに控えキャッチャーであるクリス・スチュワートも元ヤンキース。
 
もともとは守備の人であったが、守備の指標となるDRSは毎年低下していっており、昨年は-9をマーク。オクラホマ大学では今の本職であるショートストップの他にもチームのクローザーを務めていた経験もある。打撃での貢献があまり期待できないために、守備力の復活が求められる。
 
 

1 2

コメントを残す