2017 Prospect Organizational Rankings 1-10

8669886537_836d1c65ae_z

 

 

 

 

 

 

 

 

1. ミルウォーキー・ブリュワーズ 前年比:7 総合評価:A

ドラフト、トレードで着実にプロスペクトを集め、それほど資金があるわけではないにも関わらず1位に躍り出ることができた。夏ではウィル・スミス(SF)、オフではタイラー・ソーンバーグ(BOS)のトレードでぼろ儲けすることができたのも大きい。野手投手ともにハイシーリング/ハイフロアーなタレントをまんべんなく有しており、ポジションもばらけているため文句のつけようがない。あえて苦言を呈するならジェイコブ・ノッティンガムが伸び悩んだことでCプロスペクトがいないところか。

2. アトランタ・ブレーブス 前年比:15 総合評価:A

卒業や放出が全くなく、プロスペクトをかき集められるだけかき集めればこれほどのランクアップも当然だろう。相変わらずハイシーリングでコントロールの悪いピッチングプロスペクトが多いがその中でもコルビー・アラードやマイク・ソローカなど洗練されたタレントが出始めているのは吉報。パワーに優れた野手プロスペクトの少なさが指摘されていたが、オースティン・ライリーの成長、トラビス・デメリ、アレックス・ジャクソンの獲得で徐々に解消されつつある。いざとなればジョーイ・ウエンツとカイル・マラーを野手に転向させるという荒業もあるのでこの点については必要以上に心配することはない。あとはどう考えても過剰気味なピッチングプロスペクトをそどう売りさばくか。これに失敗するとかき集めただけ無駄になってしまう。

3. ヒューストン・アストロズ 前年比:1 総合評価:A

アレックス・ブレグマンを始めとするタレントが卒業したが、以前として層の厚さはメジャーでも屈指。夏のトレード市場でプロスペクトを出し惜しみしたことも関係しているだろう。長身/球威/カーブの3つの要素を持つピッチングプロスペクトを好む傾向があり、昨年卒業したジョー・マスグローブ、現在1/2位を占めるフランシス・マーテス、デビッド・ポーリーノ、昨年のドラフト1巡目指名フォレスト・ウィットリーは正にそのタイプ。野手は15年ドラフト高卒組が若干伸び悩んでいるものの、代わりに低い指名順位だった大卒組が頭角を現してきた。インターナショナルFAでも積極的な姿勢を見せており、まだ安泰といってもいいだろう。

4. コロラド・ロッキーズ 前年比:→0 総合評価:A

ジョン・グレイ、デビッド・ダールの卒業、ライアン・マクマホンの伸び悩みとランクダウンの要素はあったが、ピッチングプロスペクトの充実、ブレンダン・ロジャースの存在があってランクを維持することができた。ロジャースの持っているポテンシャルは他の野手プロスペクトとは一線を画しており、大げさではなくトロイ・トゥロウィツキ(TOR)クラスの選手になれるだろう。ジェフ・ホフマンをはじめとする球威のあるボールが投げられるピッチングプロスペクトはクアーズを本拠地とするCOLにとってはなくてはならない。そういう意味では昨年のドラフトでコントロールに難を抱えるも100マイルの速球を投げることができるライリー・パイントを指名したのは正解だったと言える。

5. ロサンゼルス・ドジャース 前年比:4 総合評価:A-

コリー・シーガーを始めとするトッププロスペクトが大量に卒業/放出されたが、コディ・ベリンジャーの台頭やウォーカー・ビューラーの復帰などで最小限のランクダウンに留めている。ベリンジャー、アレックス・バードューゴの2人は既にAA以上をクリアしており、特にベリンジャーは昨シーズンのコリー・シーガーのような活躍を今シーズンするかもしれない。ウィリー・カルフーン以降のプロスペクトはインパクトに欠ける印象。16年ドラフトではジョーダン・シェフィールドを獲得するために他の指名順位でケチったが、シェフィールドがそこまでして獲得しなければならなかったタレントかというと疑問符がつく。それでもDJ ピーターズという掘り出し物をちゃっかり指名している点は流石の一言につきる。

6. フィラデルフィア・フィリーズ 前年比:→0 総合評価:A-

野手ではスラッガータイプの野手を数多く揃えている。特にリース・ホスキンズとディラン・カズンズは共に30HRをマークすることも可能な選手。下のクラスにもコーネリウス・ランドルフ、ホセ・プホルスらが控えている。打者有利なシティズンズ・パークを本拠地としているため打球を遠くに飛ばす能力がある野手を集めるのは間違った方針ではないだろう。投手陣ではシクスト・サンチェス、フランクリン・キロメを始めとするハイシーリングなタレントから、ニック・ピベッタ、ベン・ライブリーといったハイフロアーなタレントを有しており層は厚い。唯一残念なのは昨年のドラフトでジェイソン・グルームを指名できなかったこと。昨年のドラフト指名順ではBOS以前にグルームを指名して契約できたのはPHIだけだった。全体1位でミッキー・モニアックを指名したこと自体は大きなミスではないが、逃した魚はとてつもなく大きい。

7.  サンディエゴ・パドレス 前年比:↗↗16 総合評価:A-

トレードでのプロスペクト獲得に加え、ドラフトでは2巡目終了までに5個の指名権を使い優秀なタレントの確保に余念がなかった。さらにはインターナショナルFAではエイドリアン・モレホン、ホルヘ・オナと高評価の2人を獲得、その後も手を休めることなくインターナショナルFAで金を使い込み続けた。マイナー組織を充実させようとする心意気は本物で、もし全体24位までジェイソン・グルームが残っていれば$5Mという法外な価格で契約する密約が交わされていた。ただ、まだ下のクラスでプレーしている選手が多く、今後つまずいて一気に評価を下げてしまう可能性があるプロスペクトが多い。AA以上をクリアしているめぼしいタレントがハンター・レンフローとマニュエル・マーゴットの2人のみ。いかに高いポテンシャルを持つ選手達をメジャーまで昇格させるかが重要となってくる。

8. ニューヨーク・ヤンキース 前年比:1 総合評価:B+

昨年よりもマイナーのクオリティが上がったが、他チームはそれ以上であるためランクダウンとなってしまった。OFが上位3位を占めており、3人とも打力はクリーンアップを打てるほどのものがある。投手陣は優秀なハイフロアーのタレントが多いが、アルベルト・アブレイユ、ドミンゴ・アセベドなど速球派もしっかりとキープしている。AFLで大ブレークしたグレイバー・トーレスはレギュラーシーズンでも同じような打撃を続けられるかに注目したい。スピードがあっても盗塁成功率が低かったり、SSから3B/OF転向が囁かれていたりと打撃で結果を残す必要が出始めている。同地区のBOSよりも下地はしっかりとしており、BOSのような大放出がなければ後数年は安泰だろう。

9. ボストン・レッドソックス 前年比:6 総合評価:B+

ヨアン・モンカダを始めとして数多くのプロスペクトを放出したが、アンドリュー・ベニンテンディとジェイソン・グルームの存在はそれ以上に大きい。昨年のドラフトではグルーム以外にもボビー・ダルベックら実力のある選手を指名しており、簡単には潤沢なマイナー組織が弱体かすることはない。とはいえ、ブライアン・ジョンソンやマイケル・チャビスの伸び悩みやなどもあり万全というわけでもない。タイラー・ソーンバーグ1人を取るために必要以上にプロスペクトを放出しており、心配な点がところどころに見受けられる。豊富な資金の使い道を誤らないようにしなければならない。

10. タンパベイ・レイズ 前年比:1 総合評価:B

ドラフトで獲得したプロスペクト達の順調な成長に加え、トレードでホセ・デレオンを獲得しランクアップ。各クラスに注目すべきタレントがおりバランスもいい。これでジャスティン・オコナーやニック・シウフォ、クリス・ベッツなどのCプロスペクト達が好成績を残していたらさらに評価を上げることができただろう。Cプロスペクトの苦戦が続く中、ブレット・サリバンを3BからCに転向させたり、ヨナ・ハイムを獲得したりと策を講じている。ハイシーリング、ハイフロアー共にバランスよく取る傾向が見られ、どちらもまずまず成功している。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/ed8rdn


コメントを残す