2017 Team Preview:フィラデルフィア・フィリーズ

29826809241_fd2c713837_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  •  本拠地:シチズンズ・バンク・パーク
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml29/

 

広さ
レフト 100.3m
センター 122.2m
ライト 100.6m
フェンス高さ

1.8~4.3m 

パークファクター *平均100
安打 92.4
ツーベース 82.1
スリーベース 66.7
HR 114.0
得点 103.8

 

  • 予想オーダー

1. セーザー・ヘルナンデス:2B
「パワーレスでレギュラー向きではない」という評価を覆す素晴らしい活躍。155試合に出場し、打率.294&6本塁打&17盗塁&出塁率.371をマーク。fWAR4.4はリーグの二塁手ではダニエル・マーフィー(WSH)、ジーン・セグラ(現SEA)に次ぐ3位だった。俊足を生かした攻守が武器で、リーグ最多の11三塁打を放っている。

2. フレディ・ギャルビス:SS
レギュラー起用2年目のシーズンは、打率こそ落としたものの20本塁打を放つなど長打力が開眼。アクロバティックな遊撃守備でもリーグ1位の守備率.987と安定感が増したことで、守備指標もDRS+5&UZR+15.1と劇的に向上した。一方で選球眼には課題を残しており、出塁率.274は規定打席到達者では両リーグワーストだった。

3. オドゥベル・ヘレーラ:CF
メキメキと力をつけ続けているチームの顔。俊足、巧打、堅守と3拍子揃っている外野手。メジャー2年目となった昨季は、本塁打(8→15)&盗塁(16→25)&四球率(5.2%→9.6%)を向上させスケールアップ。オフには5年3050万ドル+2年オプションの契約延長を行い、再建の柱として期待されている。

4. マイケル・ソーンダース:RF
昨季は前半81試合でOPS.923&16本塁打と最高のスタートを切ると、最終投票で滑り込み、自身初となるオールスター選出を果たした。ところが後半戦は打率.178&OPS.638と失速。オフにFAとなったがなかなか新天地が決まらず、結局1年900万ドルでフィリーズと契約した。15年に左膝を故障した影響か1盗塁&DRS-11と守備走塁の評価は下降気味。

5. マイケル・フランコ:3B
スプリングトレーニングでは本塁打&打点の二冠に輝いたが、シーズンではもう1つ輝けず。自慢のパワーを武器にチームトップとなる25本塁打&88打点をマークしたが、打率&出塁率&長打率は前年を下回ってしまった。一方、課題の三塁守備では依然として平均以下ながら守備率&DRS&UZRいずれもやや改善が見られた。

6. トミー・ジョセフ:1B
元々はハンター・ペンス(現SF)とのトレードでジャイアンツからやって来た選手。フリースインガーながらズバ抜けたパワーを備えており、昨季は新人ながら21本塁打&OPS.813をマーク。チームの看板選手であったライアン・ハワードに引導を渡した。 元々は捕手としてプレーしており、12年には2Aで盗塁阻止率40%を記録している。

7. ハウィ・ケンドリック:LF
トレードでドジャースから新加入。流し打ちの名手として知られる巧打者で、打率.290以上のシーズンは7度を数える。昨季はメジャー11年目にしてキャリアワーストとなる打率.255&OPS.691に落ち込み、バックアップに回る機会が増えた。今季は本職の二塁ではなくレフトでの起用が見込まれているが、若手のアーロン・アルテールやロマン・クインなどライバルは多い。 

8. キャメロン・ラップ:C
昨季は16本塁打&OPS.750をマークし正捕手に定着。チームの功労者であるカルロス・ルイーズ(現SEA)を追いやった。一方守備では強肩をウリにしているが、盗塁阻止率27.4%&DRS-5と奮わなかった。父はエクスポズ傘下でプレーした元マイナー投手。傘下にはWBCコロンビア代表の4番を務めたホルヘ・アルファロが今季中にも昇格すると見られており、競争が予想される。

 9. 投

 

1 2

コメントを残す