MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2017 Team Preview:ミネソタ・ツインズ

20616807780_2921628ddc_z

 

 

 

 

 

 

 

予想先発ローテーション&リリーフ

SP アービン・サンタナ:RHP

本名はヨハン・ラモン・サンタナ。2003年まではこの名前を使ってたが、ミネソタ・ツインズやニューヨーク・メッツなどで活躍したヨハン・サンタナと名前がかぶってしまったため、改名。本人いわくアービンという名前は思いつきで浮かんできた名前らしい。2015年から4年55M$の契約を結んだが、ここ2年での成績は14勝16敗と契約に見合った活躍ができていない。今後の復活に期待がかかる。

SP ヘクター・サンティアゴ:LHP

シーズン途中にアレックス・メイヤーらとのトレードでロサンゼルス・エンゼルスから加入。180.2イニングを投げ自己初の2桁勝利を挙げた。さまざまな変化球をあやつる技巧派でスライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップなどさまざまな球種を持っている。ボールを動かすことで打者をうちとっていくのが投球スタイルだ、と自ら語っている。

SP カイル・ギブソン:RHP

09年ドラフト1巡目指名の期待の若手であったが、10月には29歳になる。2014年、2015年と2年連続で二けた勝利を挙げ、チームのエース格へと成長が期待されたが怪我の影響もあり147.1イニングを投げ6勝11敗という成績であった。ファストボールとスライダー、カーブ、チェンジアップを持ち球とし、3つの変化球の中ではスライダーを多投する。

SP フィル・ヒューズ:RHP

2012年に16勝13敗という成績を残したと思えば、翌年は4勝14敗と大スランプ。翌年は16勝10敗の数字を残すなど、年によって成績が乱高下する。去年は怪我の影響からか思うような成績が残せず、12試合の登板にとどまり1勝7敗であった。隔年でいい成績を残していたために、昨年の不振は若干予想外ではあったが、来年は復調が待たれる。

SP タイラー・ダフィー:RHP

チーム若手有望株のホゼ・バリオスと先発ローテーション入りをスプリングトレーニングで争い、ホゼ・バリオスがAAAに降格となった形で、先発ローテーション5番手の座をつかんだ。昨年は9勝を挙げるも、防御率は6.43とさんざんな数字。結果が出なければ若手有望株がローテーションの座をつかむ可能性もあり、うかうかしてられない。

RP テイラー・ロジャース:LHP

昨年メジャーデビュー。マイナー時代の登板は主に先発専門であったが、昨年は57試合の登板すべてがリリーフでの登板。カーブが武器なピッチャーで、カーブの割合は投球のおよそ43%を占める。左打者を得意にしており、昨年の対左打者のスタッツは被打率.202,OPS.547と立派なもの。右打者に対しても同じような成績を残せればリーグ有数のリリーバーになることは間違いない。

RP マット・ベライル:RHP

6月に37歳になるベテラン投手がワシントン・ナショナルズから1年2M$で加入。ツインズではセットアッパーを務めると思われる。昨年は登板数は40試合と少なかったものも、防御率1.76、FIP2.84、K/BB4.57とどれも自己ベストに近い数字であった。セットアッパーの役割の他にも、若い投手が多いツインズ投手陣の中で中心的な存在となることを期待される。

RP バディ・ボシャーズ:LHP

2015年シーズンには独立リーグも経験した28歳の苦労人。制球力には定評があり、昨年のBB/9は1.75、K/9も9.25もマークした。また、対左打者の成績も素晴らしく、OPSは.560。今年は登板機会も増えると考えられ、昨年のような制球力をまた今シーズン発揮できるか。

RP ライアン・プレスリー:RHP

2015年は広背筋の怪我により27試合の登板にとどまったが、昨年はチーム最多の72試合に登板しチームのブルペンを支えた。もちだまとしては、ファストボール、スライダー、カーブがあり、スライダーとカーブは空振り率が20%前後と優秀な数字。今年も縁の下の力持ちになれるか。

CL ブランドン・キンツラー:RHP

もともとはチーム生え抜きのグレン・パーキンスがクローザーの座に就く予定であったが、パーキンスが怪我で離脱したため、キンツラーが抑えを務めるものと思われる。昨年はマイナースタートだったものも、2013、2014年にはミルウォーキー・ブリュワーズで二年連続60試合登板をマークするなど力があることは確か。チャンスをものにできるか注目である。

 

Text by Mio Kimito
本拠地図面:Yakyujo.com
写真: https://flic.kr/p/wKpnoG

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2

コメントを残す