MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2017 Team Preview:クリーブランド・インディアンズ

18572877923_c1d216f571_z

 

 

 

 

 

 

・予想ローテーション&リリーフ 

 
SP. コリー・クルーバー :RHP
15 年には 9 勝 16 敗と大きく負け越したが、昨シーズンはサイヤング賞を獲得した 14 年に次ぐ FIP リーグベストを記録し勝ち星にも恵まれた。チームの 2 番手、3 番手であるカルロス・カラスコ、ダニー・サラザーが故障により離脱したポストシーズンではジョン・レスターに次ぐ 34.1 イニングを投げ、4 勝 1 敗、防御率 1.83 とエースとして大車輪の活躍を見せ
た。
 
SP. カルロス・カラスコ:RHP
故障さえなければサイヤング賞も夢ではないと見られている投手。昨シーズンも前半は防御率 2.47 と好調だったが、後半に入り 4.17 と成績を落とした。しかし K/9 は 8.88→9.57、BB/9 は 2.47→1.72 と内容は悪くなく今シーズンも活躍が期待できる。ただ、HR/9 が 15年の 0.88 から 1.29 と悪化しており不安が残る。
 
SP. ダニー・サラザー :RHP
90 マイル中盤の速球とチェンジアップが持ち味の右腕。しかしカラスコ同様故障が多く、昨シーズンも終盤に故障し、ポストシーズンではわずか 3 イニングの登板にとどまった。またメジャーデビューから 2 点台に収まっていた BB/9 の数字が 4.13 と大幅に悪化したところも気になるところだ。
 
SP.トレバー・バウアー :RHP
昨シーズンはポストシーズン中にも関わらず、趣味であるドローンの修理の際に利き手を10 針縫う怪我をし、血を流しながら投球しわずか 21 球でマウンドを降りるなど球界トップクラスのお騒がせもの。しかし本人は試合後すぐにツイッターでそのことについてつぶやくなど反省はないようだ。今シーズンは投球で注目を集めるよう期待したい。
 
SP. ジョシュ・トムリン:RHP
昨シーズン BB/9 でリーグベストの 1.03 を記録した制球力抜群の軟投派タイプ。被本塁打が多く、キャリアを通して四球より多い被弾を許している。昨シーズンはシーズン通して投げ抜き、11 年以来の二桁勝利を達成した。
 
SP. マイク・クレビンジャー :RHP
長髪がトレードマークの有望株。昨シーズンメジャーデビューを果たし、ポストシーズンでの登板も経験した。ファストボールが武器であるが制球に不安があり、メジャーで活躍するには改善が必要だろう。 
 

RP. ブーン・ローガン :LHP
ロッキーズから 1 年 550M で加入。ロッキーズ移籍後不本意な成績が続いていたが昨シーズンは防御率 3.69 と復調。特に左打者に対しては被打率.142 と無類の強さを誇った。左投手の少ないインディアンズ投手陣の中で貴重な左として活躍を期待したい。
 
RP. ダン・オテロ
15 年の防御率 6.75 から昨シーズンは 1.53 と見事に復活。K/BB ではキャリアベストとなる 5.70 を記録しチームのワールドシリーズ進出に貢献した。レギュラーシーズンでは 70.2イニングでわずか 2 本しか本塁打を打たれなかったが、ポストシーズンでは 6.2 イニングで同じ 2 本の被弾。
 
RP.ブライアン・ショウ :RHP
13 年から 4 年連続で 70 登板以上のタフネス右腕。14 年と昨シーズン登板数はリーグトップ。ポストシーズンでもチームトップの 11 試合に登板したが防御率 4.35 と打ち込まれ、ワールドシリーズ第 7 戦では 10 回に決勝打を許すなど不本意な結果に。
 
RP. アンドリュー・ミラー :LHP
昨シーズン途中にチームのトッププロスペクトとのトレードで加入したメジャーを代表するリリーフ左腕。昨シーズンは防御率で 1.45 とキャリアベスト、更に今まで苦しむことのあった制球でも BB/9 で 1.09 を記録するなどますます手が付けられなくなった。ポストシーズンでもフル回転、WBC にも出場と投げすぎの心配が残る。
 
CL. コディ・アレン :RHP
ファストボールとカーブのコンビネーションを武器に 2 年連続の 30 セーブをクリア。成功率も 91.4%と安定感も光った。ポストシーズンでは 10 試合に登板、13.2 イニングを投げて失点0、24 奪三振と素晴らしい内容。

 

Text by Miyazaki Akinari
本拠地図面:Yakyujo.com
写真: https://flic.kr/p/fBRM7a

 

 

1 2

コメントを残す