2017 Team Preview:ミルウォーキー・ブリュワーズ

6252161919_110e1ca8cb_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

  • 本拠地:ミラー・パーク
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml17/

 

広さ
レフト 104.9M
センター 121.9M
ライト 105.2M
フェンス高さ 2.4~3.7M
パークファクター平均*100
安打 96.1
ツーベース 100.0
スリーベース 103.7
HR 112.6
得点 97.2
 
 
 ・予想オーダー
昨年ブレークし、大リーグを驚かせた選手のうちの一人。もともと脚は速かったが、そもそも塁に出れないのが課題であった。しかし昨年はその打撃が開花、156試合に出場、打率.285、19本塁打を放ち、脚の速さを活かし、62盗塁をマークした。昨年の開幕時点ではトッププロスペクトであるオーランド・アーシアが昇格するまでのつなぎと考えられていたが、昨年のブレークで今年はセカンドで開幕を迎えることになる。
 
前半戦は打率.125とかなり苦しんだが、後半戦にブレークし、打率.294、16盗塁をマークした。盗塁能力に非常に優れており、27回の盗塁企画で失敗はわずか4回。上位打線にいる条件として挙げられる出塁率の高さも兼ね備えており、昨シーズンを通しての出塁率は.354であった。今年はフルシーズンでの出場が見込まれ、どこまで成績を残せるか注目である。
 
薬物問題や指の怪我などに悩まされるシーズンが続いたが、昨年は30本塁打、OPS.903の成績を残し、全盛期の活躍であった。ブリュワーズという再建中のチームのため、昨年からトレードの噂が絶えないが、高額の長期契約や過去の薬物問題がネックとなり、なかなかトレードが決まらないのが現状である。再建中のチームを引っ張る存在になれるか。
 
韓国リーグから3年16M$で、ノンテンダーFAとなったクリス・カーターに変わりファーストを守ることになる。韓国リーグではリーグ史上初となる40本塁打、40盗塁をマークした。打高投低のリーグとは言え、40-40の成績は立派である。4年ぶりのメジャー復帰となり、どこまで成績が伸ばせるか。
 
カルロス・ゴメスとのトレードでヒューストン・アストロズから加入した外野手。持ち味はそのパワーで昨年は77試合に出場し、11本塁打を放った。また、肩は強いは守備全体としてはあまりうまくはない。怪我が多いのが懸念ではあるが、フルシーズン出場すれば25~30本塁打を打つポテンシャルはあると評価されている。
 
オフシーズンにテイラー・ソーンバーグとのトレードでボストン・レッドソックスから加入。16本塁打、71打点をあげる活躍をした。しかし、左投手にはめっぽう弱く、昨年の対左投手の打率は.187。そのため、左投手が先発の時は外野も守れるスーパーユーティリティープレーヤーであるヘレナン・ペレスがスタメンででると考えられる。
 
捕手同士を交換するようなトレードでロサンゼルス・エンゼルスから加入。昨シーズンはエンゼルスで70試合に出場し、盗塁阻止率39.6%をマークした。しかし、今年のブリュワーズの捕手争いは非常に激しく、バンディの後ろには昨シーズンサンフランシスコ・ジャイアンツからトレードで加入したアンドリュー・スーザック、3Aでいい成績を残したマニー・ピーニャらが控える。3人が競いあってどのような結果が生まれるか楽しみである。
 
素晴らしい守備が売りの若手有望株。順調にマイナーを駆け上り、3Aで3割近い打率を残したが、シーズン途中にメジャーに昇格してからは不振が続き、55試合の出場にとどまり、打率.219と苦しんだ。しかし、彼が持っているポテンシャルを疑うものは誰もおらず、数年後にはメジャー屈指のショートとなっているだろう。
1 2

コメントを残す